著者
原田 眞澄 西尾 敏子
出版者
中国学園大学
雑誌
中国学園紀要 (ISSN:13479350)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.119-124, 2005-06-16

保育学生2年次生155名を対象に,アンケート調査を行った。約半数の学生は,ボランティアや実習で園児のプライベートゾーンに関する言動や行動を体験していた。これは,幼児に性の健康教育をする絶好のチャンスであるが,保育学生にはそういう意識が乏しく適切な対応ができにくいことがわかった。近年,幼児期から性の健康教育を始める必要性が認識されている。保育士は幼児期の子どもと密接な関わりをもつことから,その養成課程で今日的な性の健康教育のあり方について教育を行う必要性を感じた。

言及状況

Twitter (30 users, 36 posts, 30 favorites)

保育学生は園児からおっぱいを触られることを覚悟しておいた方が良い⇒原田真澄・西尾敏子(2005). 保育学生が園児から受けたプライベー トゾーンに関する言動 ・行動と対応の実態 第 1報 ~ 特別講義を受講するまでについて ~ http://t.co/RJnX9Pkmsj
ほんとに、園でこういう絵本使って取り組んでほしいけど、保育士さん自身教育的かかわりが出来てない実態がありそうだ 保育学生が園児から受けたプライベートゾーンに関する言動・行動と対応の実態 第1報 ~ 特別講義を受講するまでについて~ http://t.co/mr6kjkclBm

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006184135 (26)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006184135/ (4)