マーキュリー2世 (@uranus_2)

投稿一覧(最新100件)

ミトコンドリア置換における「3人の遺伝的親」の 問題についての生命倫理学的考察 https://t.co/EzFoyJ0Zhd
Vision Toolbox: Psychtoolboxを利用した視覚実験パッケージ(日本語版) https://t.co/letcIvN2QT
ユーモア・センスの気質的基盤 「状態・特性快活さ尺度(特性版)」邦訳項目の信頼性・妥当性の検討 https://t.co/Ej4kjXUGHU
失敗を笑われることに伴う感情に関する基礎的検討 https://t.co/ZqBLlQxExN
真剣切り返し型とか芸人型とか⇒攻撃的な笑いへの反応尺度による反応タイプの分類 現代の若者のコミュニケーション支援を目指して https://t.co/7SebQY9fPB
子どもの「ユーモア能力」育成のための指導事項の検討 特に現状の問題や課題に焦点を当てて https://t.co/WpddgBbZjZ
乳児の自発的微笑と外発的・社会的微笑の質的な違い 生後1年間における1事例の縦断的観察を通して https://t.co/6sJhZvvV9d
心理的援助への笑いとユーモアの適用に関する研究の動向と課題 心理療法、精神疾患、ユーモアと笑いのセラピーに焦点をあてて https://t.co/mSN0NH4gFa
ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出 https://t.co/0qNBrqkaLa
佐分ジュディス(2019). 語学教室での場面緘黙症 桜花学園大学学芸学部研究紀要 10, 69-76. https://t.co/6qklx1fTcz
奥村真衣子『選択性緘黙の対人関係形成を支援する教材・玩具に関する調査研究』が交付済みの1,430千円(2018-08-24 – 2020-03-31)から採択済みの780千円(2019-04-01 – 2020-03-31)へ。配… https://t.co/SGkesOWMPU
奥村真衣子『選択性緘黙の対人関係形成を支援する教材・玩具に関する調査研究』が交付済みの1,430千円(2018-08-24 – 2020-03-31)から採択済みの780千円(2019-04-01 – 2020-03-31)へ。配… https://t.co/SGkesOWMPU
高木潤野(2019-2024) 縦断的調査による場面緘黙の実態解明と効果的な介入手法の確立 科研費 基盤研究(B) 補助金 15,730千円 https://t.co/q7dkueS70V
心理学におけるシチズン・サイエンスの可能性 https://t.co/4QnupRjWoj
日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/u2VMEhAwOU
ハゲタカOA論文の4割は一度は引用されている https://t.co/ecP4e2hqCq
中学生の夏休みの宿題遂行を支える教育介入方法の検討 : WOOP(WishOutcomeObstaclePlan)の有効性の検討 https://t.co/6nK7p5ugwJ

1 0 0 0 OA 小児

場面緘黙の併存あり⇒新規の過成長症候群である Tatton-Brown Rahman 症候群の一例 https://t.co/BpKE8c6Air
生徒の不安・抑うつ症状についての生徒本人と教員による報告の一致率を調べた研究の系統的レビュー。教員は抑うつ症状のある生徒の38~75%に気づいたのに対し,不安症状のある生徒への気づきは19%と41%⇒教員が生徒の不安・抑うつ症状に… https://t.co/yMrkpIorjr
井上猛(2018). 不安症治療におけるSSRIの作用機序の神経科学的理解 不安症研究 10, 20-28. https://t.co/mBf3DxwxWy
恐怖神経回路研究に関する最近の進歩および恐怖神経回路を修飾する栄養素脂肪酸についての総説論文⇒Fear circuitと不安症 https://t.co/qC9A2tHTXX
塩入俊樹(2018). DSM診断基準における不安症の変遷―半世紀の流れの中で― 不安症研究 10, 10-19. #DSM #分離不安症 #分離不安 #不安症 #不安障害 #緘黙 https://t.co/38wYSbxiSQ https://t.co/kwQblEieod
2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』(https://t.co/OQ2tyc4l2H)の研究成果に『障害者心理学: シリーズ心理学と仕事15』(… https://t.co/Hcbfvu0Z6k
2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』https://t.co/OQ2tyc4l2H
加藤哲文(司会者兼企画者)・高木潤野・岩本佳世・大森五月・加藤哲文(話題提供者)・園山 繁樹(指定討論者) (2018). 発達障害と場面緘黙-その理解と支援上の課題-日本LD学会 第27回大会(新潟)https://t.co/EgWnnCxI15
2017年度実施状況報告書『場面緘黙児・者のセルフ・エフィカシーが治療への参加意欲に及ぼす影響』  https://t.co/JmhRWePz8T
心理学における量的研究法・質的研究法の統合 ― Information and communication technology (ICT) の普及 ― https://t.co/rQECdnZYHH
日本(における本調査)では、インターネッを利用する人は幸福感が高い⇒インターネットの利用が幸福感に与える影響 ― インターネット・パラドックスの再検討 ― https://t.co/cGTcno75Z3
ベギラマとかベホマとかなつかしいなあ⇒ドラゴンクエストの呪文における音象徴―音声学の広がりを目指して― https://t.co/BCGBPR56z4
「もこー!」や「もこもん」などの〈もこもこ音〉を発するゴミ箱ロボット〈MoCoMoN〉。ロボットから「そのゴミを拾って!」と指示されてもうれしくないから、もこもこさせたとのこと⇒ もこもこ音を発するゴミ箱ロボット〈MoCoMoN〉… https://t.co/tm231e3lf7
Thanksシステムによる研究室活性の試み https://t.co/5eob79lFlj
テーブル上の物体の片付けを促すためのロボットの振る舞い https://t.co/lqxGVzvcs6
あえて速度計を見せないことによりドライバーの速度抑制を促すシステムの提案 https://t.co/VNtOzsTgv0
迷信行動は結果の正負極性よりも持続時間に影響される https://t.co/mDAFZFMcfV
9ヶ月乳児検診における母親の笑いの感情について https://t.co/m9Z8xGQ54y
なぜ、予備校の教室には「笑い」が必要か : 笑いが予備校での学習に効果をもたらすメカニズムを動機づけスタイル理論:反転理論から考える https://t.co/kWLdwsr93w
19歳〜25歳の大学生・大学院生で女性は男性よりも、人をバカにする笑いを好ましく思っていない。また、女性は、笑うことは健康につながると思っており、「笑い」を色に例えると暖色系だと感じる傾向。一方、男性は、異性を笑わせたいと思う欲求… https://t.co/ngqLszBobo
熟成する笑い : 昭和初期の笑い相 https://t.co/ycPRFtfSVB
動物は笑うか? : 動物に笑いを認める場合の基準 https://t.co/Mb5OVMgFfl
日本人向けユーモアスタイル質問紙の作成とユーモアの心理的効用の検討 https://t.co/ZmKqAsCLss
作り笑い(整膚と笑いヨガ)による健康効果 : 心理学的,免疫学的,内分泌学的指標から https://t.co/NePA6Yx5wS
「顔」、「喉」、「腹」の3つの身体部位の動きから、笑いを8タイプに分類⇒顔・喉・腹の「3点計測システム」による「笑い」の客観的分類法の検討 https://t.co/cC1oyEmyzZ
検者が被検者に微笑みかけるだけで被検者の前頭前野の脳血流量が上昇⇒微笑みと脳血流について https://t.co/gOBI37orUR
TOEIC L&Rテストに登場する動詞と名詞に関する考察 https://t.co/719Q939a2F
グローバル化と科学教育―現状・課題・展望― https://t.co/dZGKFUIYkN
オセルタミビル、いわゆるタミフルはニコチン性アセチルコリン受容体を阻害し、ドーパミン系を活性化させるが、これは別の抗インフルエンザ薬であるアマンタジンと似た薬理作用である。実際、有害事象としての神経精神学的反応は両者で共通のものが… https://t.co/pnzytCvibb
ルーテル学院大学「図書館資料テキストデータ貸出」 利用学生の調査で振り返る https://t.co/EWLVil9KhJ
「図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン」の成立過程とその意味するもの https://t.co/EPzwg9Wlzq
オープンアクセスへの大規模な転換のための購読型ジャーナルのビジネスモデルの破壊 https://t.co/ywPPcK8PkW
Facebookページ「コクダイマルケン」の投稿に,いつ誰が「いいね」を付与したかを調査⇒Facebookページ「コクダイマルケン」の投稿に,いつ誰が「いいね」を付与したかを調査 https://t.co/peHBOCbWUi
トピックモデルによる関西私鉄沿線の特徴分析 https://t.co/yYGTzXtKP3
助成金プロジェクトから見る国内データ成果の現況 https://t.co/q3AvI9R8ki
新興境界領域研究の現況 -科学研究費助成事業の分類を用いた分析- https://t.co/mM72ZmvRdz
パソコン遠隔操作事件で著者識別による犯人性立証は可能だったか? https://t.co/K853PQK7og
人文研究に関する欧州のオープンアクセス事情 ~哲学研究の場合~ https://t.co/oqB3kLFI8p
日本の大学生は情報源がWikipedia日本語版である情報の信憑性を他のオンライン百科事典である情報よりも低く判断する https://t.co/UMF0WVw4n2
類語の文脈比較による英単語使い分け学習支援システムの開発 https://t.co/RsshkYrx8o
北海道における大学進学行動の地域格差に関する経済分析 https://t.co/ld3BIY34VO
幼児の音楽的表現における身体的な動きの要素の分析 https://t.co/PxnPP6BOj1
大規模公開オンライン講座(MOOC)におけるラーニング・アナリティクス研究の動向 https://t.co/bdQQAEbwvj
大学教育におけるラーニング・アナリティクスの導入と研究 https://t.co/OGpbWFPuEX
中国における大規模語学教育プラットフォーム 「沪江」の教授機能の分析 https://t.co/JkhRZJHFNV
学習教材の選択場面における動機づけ調整の検討 https://t.co/lTSfvXZNlL
英語自律学習者の学習リソース選択根拠の調査および支援の検討 https://t.co/jYuPLZ2Yco
ラーニング・アナリティクス研究の現状と今後の方向性 https://t.co/0AAUPHhc77
基本的生活習慣が獲得されている子どもはそうでない子どもより、社会性の発達が順調で、精神面も良好⇒子どもの成育と健康度に関する研究IV ―基本的生活習慣と社会性の関係― https://t.co/kvvS1cE9ic
腕立て伏せで発症したhereditary neuropathy with liability to pressure palsiesの1例 https://t.co/fMpn5sYy3i
自尊感情の複数回測定とその展望:測定方法と研究目的に注目して https://t.co/eabc0Wcntw
望ましくない笑いが持つ【対立】【破壊】【堕落】の属性に陥る危険性を冒してもなお、望ましい笑いが持つ【協調】【創造】【更生】の属性の教育的可能性は捨てきれない⇒学校教育における望ましい笑いとは何か : 笑いの両義性を中心に https://t.co/fq68jtN14L
能動的笑い発声による高齢者の嚥下機能への影響について https://t.co/8bVxRQt8Wy
落語没頭体験尺度の作成 https://t.co/qdJRotH0Fj
新生児・乳児の笑いの発達と進化 https://t.co/asW4ZPWWeB
エビデンスに基づく「いじめ対応」最前線 https://t.co/2CIM55S7WN
現状の日本の高校生物の教科書では科学リテラシーは育まれないとのこと。カナダの高校教科書との比較⇒教科書は科学リテラシーの向上に寄与するか―高校生物の教科書が求める認知的能力とは― https://t.co/QJdvpHTtdh
動物園におけるコミュニケーション型展示の開発と評価 https://t.co/5HeQ5bdie3
研究公正を目指す取り組み:現状と新しい動き https://t.co/jrSJhE9NV1
日本における研究不正の実例とメディアでの取り上げられ方 https://t.co/diycD9Zus6
電子リソースの利用統計に関する調査報告 インタビュー調査にもとづく英国の大学図書館の活用事例および日本国内の動向について https://t.co/SqTuWdUBci
司書数における雇用形態別の大学階層間格差は拡大していることが明らかとなった。大規模な総合型大学では,小規模な単科型大学に比べて,正規採用で専門性の高い司書が,「教育」活動に従事する傾向が強まっている⇒「教育」する大学図書館の格差分析 https://t.co/wRQRMaPALu
若者のコメ離れの原因を明らかにするための調査分析 https://t.co/9MvUdi4t4W
DOIリンクがウェブ上の学術情報流通に果たす役割: Wikipediaを対象に https://t.co/Vgc0EChNjW
研究者の専門分野と取得学位名称の関係 https://t.co/2pXKvPQ8tZ
Twitterにおける学術関連情報発信者の特徴分析と分類https://t.co/UhuiFl9CVK
哲学分野では他分野と比較して他の研究者への批判や否定を行なう目的での引用が行われること,また自身の論旨の展開に関わる研究を説明する目的のために行われる引用行動が多いこと,儀礼的な引用が比較的少ないことなどが明らかとなった⇒哲学研究… https://t.co/dC3Gb2TUkt
「統計処理を用いたオープンデータの述語の推薦手法の提案」 https://t.co/oHZNCqy5mX
ここでの過熱報道とはSTAP細胞のことらしい⇒プレスリリースと原論文、オルトメトリックス指標との関連分析 —過熱報道の分析に与える影響— https://t.co/FZkpGsNlc1
OPAC利用ログに基づく文献検索システムの試作と評価 https://t.co/WcWH4yljuP
線形判別分析を用いたシューマンとドビュッシーの「子供らしさ」の比較 https://t.co/hMFwZRTCdK
治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響 https://t.co/Hm5LLlwy9T
法令文を論理式表現した問題解決過程モデルに基づく特許法自主学習支援システム https://t.co/nzKi1jC0jO
恐怖対象の内容に関して、年齢や男女問わず、お化け、動物・虫、幽霊、暗闇、1人でいることなどが多く挙げられ、加齢に伴い想像的なものに対する恐怖が増加することが示唆された⇒ 幼児期における恐怖対象の発達的変化 https://t.co/pZzit7zDdY
耳たぶに洗濯ばさみを挟んだ時の痛みに耐えられる時でも、近位胃拡張能と胃運動機能が低下している。耳たぶと洗濯ばさみの間にガーゼを挟んで痛みの強さを調整。Tolerable pain reduces gastric fundal ac… https://t.co/X8pLSXUAIu
職場のポジティブメンタルヘルスと行動医学 https://t.co/SL6wiQjdSp
わが国のスポーツ心理学の現状と課題 https://t.co/nInw7yhuhT
月経に関連する片頭痛の遺伝子多型解析 https://t.co/UKZMKV4t8Q
園芸用ホースを胃に自ら挿入し、胃内容物を排出する「チューブ吐き」を繰り返す拒食症患者の事例。指を使って嘔吐していれば、身体所見がでるが、ホースでは生じない。https://t.co/O2nPn70p7m) 日本語の紹介⇒ 「チュー… https://t.co/KLY3ACaPCI
聞き手の礼儀正しさの高低による話し手の話し方の違い。Effect of a Hearer's Politeness on Multimodal Behaviors in Speech https://t.co/cK2Psbmkeo
Effects of Empathy, Swarming, and the Dilemma between Reactiveness and Proactiveness Incorporated in Caribou Agents… https://t.co/njYMTp5zgb
座席の周りの生徒との関係や性格、席での感じ方を考慮してクラスでの席の配列を決めるアルゴリズム。A Method Based on a Genetic Algorithm for Classroom Seating Arrangem… https://t.co/AgYH36f3Vy
高齢ラットにおける表情を用いた痛み評価の有用性 https://t.co/yyTjqpKPhB

お気に入り一覧(最新100件)

スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪… https://t.co/teCP94Zw7d
与党支持者は幸せ。Why Are Cabinet Supporters Happy? https://t.co/zeVzWhe8Fl
藤岡久美子 (2013). 友達と遊ばない子どもの発達 : 幼児期児童期の引っ込み思案・非社会性研究の動向 山形大学紀要, 15(4), 9 -23. http://t.co/AKbsBydeBO

フォロー(45ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(4013ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【備忘録】苧坂 直行 (2019). 社会脳に表現された自己と他者 日本學士院紀要, 73, 57–81. https://t.co/EwGMVEQuXl
RT @psycle44: 共著が出版されました。福島原発事故後の避難区域の住民で一人当たりの医療・介護費用が増加。J-STAGE Articles - Worsening Health Status among Evacuees: Analysis of Medical Ex…
RT @snow1025: https://t.co/zur8gIQfx0 増田好平オーラルを読んだのですが、内閣官房との関係がなかなか印象的でした。07大綱までは防衛庁で書いたが16大綱からは(出向した防衛官僚もいるにせよ)内閣官房が書いたとの由。この時期を研究するときには頭…
RT @f3e2u: カンナビノイド系を標的とした医薬品開発状況 2016年 〜 その受容体拮抗薬であるリモナバンは,第III相臨床試験で優れた抗肥満作用を示し,2006年に欧州各国で承認された.しかし,その後の市販後調査では,自殺企図等の情動面の中枢性副作用が問題視され,〜…
RT @psycle44: 共著が出版されました。福島原発事故後の避難区域の住民で一人当たりの医療・介護費用が増加。J-STAGE Articles - Worsening Health Status among Evacuees: Analysis of Medical Ex…
共著が出版されました。福島原発事故後の避難区域の住民で一人当たりの医療・介護費用が増加。J-STAGE Articles - Worsening Health Status among Evacuees: Analysis of… https://t.co/ZBvfT4NuJT
シナプス バラバシ 池谷裕二 脳機能 記憶 痕跡    複雑ネットワーク:導入およびシナプス可塑性との関係 - J-Stage https://t.co/F8a9IgU7h7 増田直紀 著 - 2007 - 被引用数:  ニューロ… https://t.co/Xwj4gfMgfY
RT @naoya_foodlab: スプーンが深いものを選ぶのがコツです。形状による測定誤差を調べた論文がこちら。https://t.co/kmWHnYrtW4
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @LeisurePrince: J-STAGE Articles - 英語教育実践支援研究に客観性と再現性を求めることについて https://t.co/wbf9ZK7i4v
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @kosukesa: @marxindo @daihiko 若気の至りでこういうものを書いたことがあります。今見ると荒っぽい話ですが https://t.co/JkK5R4v2X4
@marxindo @daihiko 若気の至りでこういうものを書いたことがあります。今見ると荒っぽい話ですが https://t.co/JkK5R4v2X4
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
垣内先生の主張には関係ないかもしれないんですが、世界は言語化されてなくて、言語によって再構成しようとすることの問題ってのは想起という文脈でvygotsky方面の心理学では論じられてきている。 https://t.co/21FrqmFTFY
@Ko41KNXU7c3Cl0e 山形大学の新宮学先生(中国近世社会史)も、中国を研究で訪れた際、おしんと山形県が中国で有名だったことに驚いた経験があるそうです(下記論文の注釈3)。 https://t.co/sWcsISLAux
RT @ursus21627082: 学生同士の恋愛関係については極力立ち入らない方針をとっている。理由は様々あるし人それぞれの倫理観があろうが、例えばこの論文の基礎データでは調査対象大学生の平均交際期間は15ヶ月。在学中に分かれるカップルが大半なのだ先生は何も知らん顔してない…
RT @dogcatplay: 神前他(2015).条件づけにおける時間 I ―古典的条件づけ―. 基礎心理学研究 第 34 巻 第 1 号 https://t.co/h2S1ee68at
神前他(2015).条件づけにおける時間 I ―古典的条件づけ―. 基礎心理学研究 第 34 巻 第 1 号 https://t.co/h2S1ee68at
RT @SciCom_hayashi: https://t.co/KEMHFTKXdA 7年くらい前に流行ったRNA大陸のなかに? @miakiza20100906 【理研】「ジャンクDNA」の意外な役割 http://t.co/RMvw9lJXje 「ジャンクDNA」に、幹…
まあとりあえず、やっすい菓子パン、小麦加工品は半分以上の確率でアルミ食ってる事になるみたいだから、少なくともアルツハイマー患者はやめといたほうがいいねーグルテンの問題も含めて。https://t.co/UWzc3IXeRs
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
RT @oikawamaru: エツの正常な卵発生には微妙な低塩分が必要であることが示されている→ https://t.co/J7nAC7UwcR。本来は遡上すれば必ずどこかに適した低塩分域があるけど、今は河口堰より上流へはのぼれない。つまり流量が減り河口堰直下が発生に不適切な…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ディジタルPWMの分解能改善方法(回路、制御技術関連、一般),2005 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004018362 近年, スイッチング電源の分野で制御部のインテリジェンス化・ハードウェア共…
@tea_odorata 初見もしくは未知の問題や新奇的な環境など自動化されない場面において、推理を働かせる際にワーキングメモリーを必要とする為、生き辛さを抱えている神経発達障害者においては、そうでない人と比べて処理に負荷がかかり… https://t.co/thwN2X4fwu
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 日本の児童虐待問題に関する研究の10年:社会福祉学の研究者v.s.社会学の研究者? https://t.co/Lobt8jknKx
RT @tmaita77: https://t.co/3PbTXDlVn4 発想は,私の師匠,松本良夫先生(東京学芸大学名誉教授)によるものです。
庄野進 (1978). 音楽に於ける素材と形式-アドルノ音楽理論の再構成に向けて 美学, 17, 178-181. https://t.co/wbFeIVwhSv
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】中村・三浦(2019) 「2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討」 https://t.co/TYrkhW2sQX
このスレッドを書いた時にはアブストラクトしかネット公開が終わっていなかったが、今はリンクから本文までたどり着けるようになっている。私のいい加減な解釈は無視して、論文そのものを是認お読みください。 https://t.co/5okWzYs0Cm
@e_ari 内分泌専門ではないのですが、こちらは参考になるかと思いました! https://t.co/wjVX7eWpej https://t.co/IMVVBklIfH
RT @jaguring1: 知られざる東ロボくんの真実(その1) 「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの英語における意見要旨把握問題の解法 https://t.co/OK4WHKOTOc 正解率の推移 Word2vecに基づく手法 → 30% GAR/SARでRACEデ…
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW
仕事を7つの職域(物品製造,肉体労働,事務,販売,接客,世話,管理)に分けて,それぞれについて男性向き~女性向きでたずねる方法 田靡裕祐,2018,「職域に対する性タイピングの社会的な規定要因」 https://t.co/2oaCSJH7i2
『青年心理学研究』もJ-STAGEに載っているのを,昨日初めて知りました。 この論文が扱われたので。 https://t.co/FugCUT7EHX
(これはあとで調べたが)この論文...は中学生対象だが...のように,何(どこ)に対する過剰適応なのかは個人差もあるだろうし,類型化できるだろう。 https://t.co/PhBx0VKnlF
RT @NakanishiyaSh: CiNii Books - 社会問題の変容 : 賃金労働の年代記 https://t.co/OBG0kBW5wb #CiNii
RT @NakanishiyaSh: CiNii Books - 社会問題の変容 : 賃金労働の年代記 https://t.co/OBG0kBW5wb #CiNii
https://t.co/MdB4uMJqlo 「新皮質から,事象(item)に関わる情報は嗅周皮質を経て,状況(context)に関わる 情報は海馬傍皮質に入力され,嗅内皮質に収束して 海馬へ入力があり,海馬体で事象情報と状況情… https://t.co/Gi8hCLTQhU
RT @marxindo: @AkiyoshiKitaoka 人間科学はhuman science(s)だと思うのですが戸田先生のこんな論文を発見しました。 https://t.co/WnMdne91wB
@AkiyoshiKitaoka 人間科学はhuman science(s)だと思うのですが戸田先生のこんな論文を発見しました。 https://t.co/WnMdne91wB
RT @SciCom_hayashi: https://t.co/KEMHFTKXdA 7年くらい前に流行ったRNA大陸のなかに? @miakiza20100906 【理研】「ジャンクDNA」の意外な役割 http://t.co/RMvw9lJXje 「ジャンクDNA」に、幹…
RT @n291: アリエル・ドルフマン&アルマン・マトゥラール関連。/ 本多周爾「文化帝国主義という言説」https://t.co/rbkI52kVQ1 / 友岡邦之「地域戦略に動員される文化的資源」https://t.co/7eHwnvrqVj / 池田光穂「のらくろ帝国主…
RT @inotti_ele: @marxindo 点」に,その教育的価値を見出すことができ,そして,人文科学は文学,歴史,宗教,美術,哲学等の諸内容において人間的価値                            と学問・芸術とのかかわり方を知らせることができると述べ…
RT @inotti_ele: @marxindo https://t.co/X3Qgz3lR6P 人文・社会・自然科学の各分科委員会が設置された. https://t.co/JOZKZ2sPsG マッグレールは「一般教育科目の編成」の説明のなかで,アメリカの大学での一般教育科…
RT @inotti_ele: @marxindo https://t.co/X3Qgz3lR6P 人文・社会・自然科学の各分科委員会が設置された. https://t.co/JOZKZ2sPsG マッグレールは「一般教育科目の編成」の説明のなかで,アメリカの大学での一般教育科…
RT @inotti_ele: @marxindo 点」に,その教育的価値を見出すことができ,そして,人文科学は文学,歴史,宗教,美術,哲学等の諸内容において人間的価値                            と学問・芸術とのかかわり方を知らせることができると述べ…
RT @inotti_ele: @marxindo https://t.co/X3Qgz3lR6P 人文・社会・自然科学の各分科委員会が設置された. https://t.co/JOZKZ2sPsG マッグレールは「一般教育科目の編成」の説明のなかで,アメリカの大学での一般教育科…
RT @inotti_ele: @marxindo https://t.co/X3Qgz3lR6P 人文・社会・自然科学の各分科委員会が設置された. https://t.co/JOZKZ2sPsG マッグレールは「一般教育科目の編成」の説明のなかで,アメリカの大学での一般教育科…
RT @linglanglong: @pplepiebakauma 昔何かで読んだ記憶で書いてしまいましたが、ネット上ではそのものズバリの論文が見つけられませんでした…すみません。 若い世代ほど3拍の形を好む傾向があるということであれば、例えば以下がありました。 短縮語の形成方…
RT @kobakaz_jp: 和文の総説「ドジョウの倍数性とクローン,それらの特殊な生殖様式」 https://t.co/N4w5GhiK8f そもそも雑種由来(A系統とB系統とする)の3倍体で、ゲノム構成はAABとABBの2タイプ存在し、配偶子形成時にはAAB個体はAをも…
RT @konamih: 日本リスク研究学会誌28(2): 67–76 (2019)「福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか―」高野徹 科学に基づかない医療は誰も幸せにしない(結び) https://t.co/Tnvh2Wzx6Z
RT @sawagani550cc: 放棄湿田の保全上の重要性は、下田(1996)でしっかりと論じられている。 https://t.co/710BNIQcTe
RT @psy_collab: 永井先生の論文が心理学研究にて早期公開されました! https://t.co/ZHnKF9ATNR 気になる人はすぐにチェック! さらに詳しく知りたい人は永井先生に聞いてみよう! https://t.co/ReJgQiN6FL
RT @kyn02666: 明日ちょうどWMトレーニングにまつわる話題を話す予定だったので、この論文も紹介する。にしても著者すごい... ワーキングメモリトレーニングと流動性知能 https://t.co/UEqBCC0BKa
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】身体運動の大きさが拡散的アイデア産出に与える効果 本文:https://t.co/xpoof7zkDH 日本語アブストラクト:https://t.co/1H7iIs1lrY
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】発想に及ぼすあいづちの種類の効果 本文:https://t.co/UCYSrEw60f 日本語アブストラクト:https://t.co/qCvDqkrYIC
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】ワーキングメモリトレーニングと流動性知能――展開と制約―― 本文:https://t.co/23MjoLvgzA 日本語アブストラクト:https://t.co/zwFNTOLOlW
RT @kyn02666: 明日ちょうどWMトレーニングにまつわる話題を話す予定だったので、この論文も紹介する。にしても著者すごい... ワーキングメモリトレーニングと流動性知能 https://t.co/UEqBCC0BKa
明日ちょうどWMトレーニングにまつわる話題を話す予定だったので、この論文も紹介する。にしても著者すごい... ワーキングメモリトレーニングと流動性知能 https://t.co/UEqBCC0BKa
RT @f3e2u: 発達期小脳におけるミクログリア依存的シナプス刈り込み機構の解明 2015年度 次に、#ミクログリア の活性化を抑制する #ミノサイクリン を生後7-11日目に皮下注射する実験を行い、クロドロン酸投与実験同様に、#刈り込み が障害されるという結果を得た。 #…
RT @f3e2u: 日本皮膚科学会:尋常性痤瘡治療ガイドライン2017 ミノサイクリンは,39件のRCTをもとにしたシステマティックレビュー[https://t.co/z8Z6OtSXE8]において推奨されている. 2017年5月22日 #ニキビ #にきび治療 #ミノサイクリ…