マーキュリー2世 (@uranus_2)

投稿一覧(最新100件)

オセルタミビル、いわゆるタミフルはニコチン性アセチルコリン受容体を阻害し、ドーパミン系を活性化させるが、これは別の抗インフルエンザ薬であるアマンタジンと似た薬理作用である。実際、有害事象としての神経精神学的反応は両者で共通のものが… https://t.co/pnzytCvibb
ルーテル学院大学「図書館資料テキストデータ貸出」 利用学生の調査で振り返る https://t.co/EWLVil9KhJ
「図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン」の成立過程とその意味するもの https://t.co/EPzwg9Wlzq
オープンアクセスへの大規模な転換のための購読型ジャーナルのビジネスモデルの破壊 https://t.co/ywPPcK8PkW
Facebookページ「コクダイマルケン」の投稿に,いつ誰が「いいね」を付与したかを調査⇒Facebookページ「コクダイマルケン」の投稿に,いつ誰が「いいね」を付与したかを調査 https://t.co/peHBOCbWUi
トピックモデルによる関西私鉄沿線の特徴分析 https://t.co/yYGTzXtKP3
助成金プロジェクトから見る国内データ成果の現況 https://t.co/q3AvI9R8ki
新興境界領域研究の現況 -科学研究費助成事業の分類を用いた分析- https://t.co/mM72ZmvRdz
パソコン遠隔操作事件で著者識別による犯人性立証は可能だったか? https://t.co/K853PQK7og
人文研究に関する欧州のオープンアクセス事情 ~哲学研究の場合~ https://t.co/oqB3kLFI8p
日本の大学生は情報源がWikipedia日本語版である情報の信憑性を他のオンライン百科事典である情報よりも低く判断する https://t.co/UMF0WVw4n2
類語の文脈比較による英単語使い分け学習支援システムの開発 https://t.co/RsshkYrx8o
北海道における大学進学行動の地域格差に関する経済分析 https://t.co/ld3BIY34VO
幼児の音楽的表現における身体的な動きの要素の分析 https://t.co/PxnPP6BOj1
大規模公開オンライン講座(MOOC)におけるラーニング・アナリティクス研究の動向 https://t.co/bdQQAEbwvj
大学教育におけるラーニング・アナリティクスの導入と研究 https://t.co/OGpbWFPuEX
中国における大規模語学教育プラットフォーム 「沪江」の教授機能の分析 https://t.co/JkhRZJHFNV
学習教材の選択場面における動機づけ調整の検討 https://t.co/lTSfvXZNlL
英語自律学習者の学習リソース選択根拠の調査および支援の検討 https://t.co/jYuPLZ2Yco
ラーニング・アナリティクス研究の現状と今後の方向性 https://t.co/0AAUPHhc77
基本的生活習慣が獲得されている子どもはそうでない子どもより、社会性の発達が順調で、精神面も良好⇒子どもの成育と健康度に関する研究IV ―基本的生活習慣と社会性の関係― https://t.co/kvvS1cE9ic
腕立て伏せで発症したhereditary neuropathy with liability to pressure palsiesの1例 https://t.co/fMpn5sYy3i
自尊感情の複数回測定とその展望:測定方法と研究目的に注目して https://t.co/eabc0Wcntw
望ましくない笑いが持つ【対立】【破壊】【堕落】の属性に陥る危険性を冒してもなお、望ましい笑いが持つ【協調】【創造】【更生】の属性の教育的可能性は捨てきれない⇒学校教育における望ましい笑いとは何か : 笑いの両義性を中心に https://t.co/fq68jtN14L
能動的笑い発声による高齢者の嚥下機能への影響について https://t.co/8bVxRQt8Wy
落語没頭体験尺度の作成 https://t.co/qdJRotH0Fj
新生児・乳児の笑いの発達と進化 https://t.co/asW4ZPWWeB
エビデンスに基づく「いじめ対応」最前線 https://t.co/2CIM55S7WN
現状の日本の高校生物の教科書では科学リテラシーは育まれないとのこと。カナダの高校教科書との比較⇒教科書は科学リテラシーの向上に寄与するか―高校生物の教科書が求める認知的能力とは― https://t.co/QJdvpHTtdh
動物園におけるコミュニケーション型展示の開発と評価 https://t.co/5HeQ5bdie3
研究公正を目指す取り組み:現状と新しい動き https://t.co/jrSJhE9NV1
日本における研究不正の実例とメディアでの取り上げられ方 https://t.co/diycD9Zus6
電子リソースの利用統計に関する調査報告 インタビュー調査にもとづく英国の大学図書館の活用事例および日本国内の動向について https://t.co/SqTuWdUBci
司書数における雇用形態別の大学階層間格差は拡大していることが明らかとなった。大規模な総合型大学では,小規模な単科型大学に比べて,正規採用で専門性の高い司書が,「教育」活動に従事する傾向が強まっている⇒「教育」する大学図書館の格差分析 https://t.co/wRQRMaPALu
若者のコメ離れの原因を明らかにするための調査分析 https://t.co/9MvUdi4t4W
DOIリンクがウェブ上の学術情報流通に果たす役割: Wikipediaを対象に https://t.co/Vgc0EChNjW
研究者の専門分野と取得学位名称の関係 https://t.co/2pXKvPQ8tZ
Twitterにおける学術関連情報発信者の特徴分析と分類https://t.co/UhuiFl9CVK
哲学分野では他分野と比較して他の研究者への批判や否定を行なう目的での引用が行われること,また自身の論旨の展開に関わる研究を説明する目的のために行われる引用行動が多いこと,儀礼的な引用が比較的少ないことなどが明らかとなった⇒哲学研究… https://t.co/dC3Gb2TUkt
「統計処理を用いたオープンデータの述語の推薦手法の提案」 https://t.co/oHZNCqy5mX
ここでの過熱報道とはSTAP細胞のことらしい⇒プレスリリースと原論文、オルトメトリックス指標との関連分析 —過熱報道の分析に与える影響— https://t.co/FZkpGsNlc1
OPAC利用ログに基づく文献検索システムの試作と評価 https://t.co/WcWH4yljuP
線形判別分析を用いたシューマンとドビュッシーの「子供らしさ」の比較 https://t.co/hMFwZRTCdK
治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響 https://t.co/Hm5LLlwy9T
法令文を論理式表現した問題解決過程モデルに基づく特許法自主学習支援システム https://t.co/nzKi1jC0jO
恐怖対象の内容に関して、年齢や男女問わず、お化け、動物・虫、幽霊、暗闇、1人でいることなどが多く挙げられ、加齢に伴い想像的なものに対する恐怖が増加することが示唆された⇒ 幼児期における恐怖対象の発達的変化 https://t.co/pZzit7zDdY
耳たぶに洗濯ばさみを挟んだ時の痛みに耐えられる時でも、近位胃拡張能と胃運動機能が低下している。耳たぶと洗濯ばさみの間にガーゼを挟んで痛みの強さを調整。Tolerable pain reduces gastric fundal ac… https://t.co/X8pLSXUAIu
職場のポジティブメンタルヘルスと行動医学 https://t.co/SL6wiQjdSp
わが国のスポーツ心理学の現状と課題 https://t.co/nInw7yhuhT
月経に関連する片頭痛の遺伝子多型解析 https://t.co/UKZMKV4t8Q
園芸用ホースを胃に自ら挿入し、胃内容物を排出する「チューブ吐き」を繰り返す拒食症患者の事例。指を使って嘔吐していれば、身体所見がでるが、ホースでは生じない。https://t.co/O2nPn70p7m) 日本語の紹介⇒ 「チュー… https://t.co/KLY3ACaPCI
聞き手の礼儀正しさの高低による話し手の話し方の違い。Effect of a Hearer's Politeness on Multimodal Behaviors in Speech https://t.co/cK2Psbmkeo
Effects of Empathy, Swarming, and the Dilemma between Reactiveness and Proactiveness Incorporated in Caribou Agents… https://t.co/njYMTp5zgb
座席の周りの生徒との関係や性格、席での感じ方を考慮してクラスでの席の配列を決めるアルゴリズム。A Method Based on a Genetic Algorithm for Classroom Seating Arrangem… https://t.co/AgYH36f3Vy
高齢ラットにおける表情を用いた痛み評価の有用性 https://t.co/yyTjqpKPhB
択一式筆記試験における正答の位置 https://t.co/8DNsyL4LxK
笑いに関する研究を、近接要因(笑いの発生要因・メカニズム)、究極要因(生存・繁殖上の機能)、発達過程、進化史の4つの観点から概観。それぞれの領域において、どのような問題が未解決かも考察⇒ヒトはなぜ笑うのか? : 行動学の視点から https://t.co/lW3ILAhd6S
笑いの3要素 ・受け身的笑い因子:人の笑い話によく反応するなど ・積極的笑わせ因子:他者を積極的に笑わせようとするなど ・愛想笑い因子:たいしておかしくもない冗談に笑顔で返すなど 出典:大学生版「笑いの態度尺度」作成の試み https://t.co/GKHixMv4TO
管理職になったことによって授業観察の視点に変化があったと答えた管理職は有意に多かった。校長と教頭は異なったカテゴリーの視点から授業を観察⇒小学校管理職の授業観察の視点と洞察に関する検討 https://t.co/YnL88pur6S
教えることについての態度尺度は「教えることへの自信」、「教えることの価値」、「教える相手次第」の3因子⇒教えることについての態度尺度作成とBig Five 性格特性との関連 https://t.co/lwX52JizzX
大学生:ビッグファイブの性格特性の中で開放性は、インターネット上で現実の自己に近い自己を表出。その他の4因子では現実の自己よりも理想に近い自己を表出⇒大学生におけるインターネット上の自己のパーソナリティ特性の認識 現実の自己および… https://t.co/8vOL4Lr2sZ
教育用SNSを活用した議論:グループの人数が増えるほど、生徒は根拠などの理由を伴い主張する論証のスキルが向上したと実感する傾向。情報の判断力や表現力などの議論に関連した意識や態度の変容と、論証の出来不出来に対する生徒の自己評価が関… https://t.co/WCXHpELeQU
英文読解方略の指導:中学校ではボトムアップ方略の指導が重視され、教職歴の長い教師ほどトップダウン方略の指導を行う傾向にある。方略の種類に関係なく、方略を指導された経験の多い生徒ほど読解意欲や効力感が高く、長文が好き⇒英文読解方略の… https://t.co/F15zHBqpZC
力覚及び擬似力覚提示機能を持つ漢字学習支援システムに関する研究 https://t.co/J6TeyQhtts
学生によるルーブリックの作成と自己評価が自律的動機づけに与える影響 https://t.co/JycUcW3l88
高校生のインターネット依存を改善することを目的とした単元開発 https://t.co/ejxnw4Ecxh
学習の見通しを持たせる「学習アイコン」の開発と評価 https://t.co/8aqMFeEsXP
小学校第5学年におけるグラフ解釈に関する短時間学習の効果 https://t.co/V23UBHCORm
LINE の使用量,LINE での自己演出が多いほどLINE 依存傾向が高まる一方,LINE での所属感が獲得されるほど依存傾向が低下すること,2)LINE 依存傾向が高いほど精神的健康が低下⇒LINE の使用がLINE 依存と精… https://t.co/HtDTwfg4FR
恐竜の卵は本物か? ― 幼児における想像と現実との揺らぎ ― https://t.co/sHrxYx7Z9f
児童期:「体力と認知機能をともに高めるSPARTS体操プログラム:学校体育支援」 https://t.co/E2czzstDHZ
「疫学研究」と「疫学っぽい研究」の違い https://t.co/6T6bq5gLwT
『笑い学研究』だからこんなアブストラクトも許されるのだろうな⇒若者には及び難しR-65のユーモア : シニアならではの笑いの探究 https://t.co/C6LELoPfea
今回調査した大学生は笑いに積極的な一方で、愛想笑いをする人が多く、仲間内で発生した笑いで傷ついたり、悲しい思いをしたりする人もいたし、怒りたくても怒れずに無理して笑う人もいた。それでも、彼/彼女たちは、笑いに疲れず、友だちには満足… https://t.co/pHIx4H6F7O
現代の若者の「笑い」に関する実態とその課題 : 大学生に対する調査を中心に https://t.co/dSmh4ecUvT
医薬品副作用データベースの要約と副作用報告数に影響する要因の検討 https://t.co/JKIZjbvUpf
MOOCにおいて、国民1人あたりGDPが低い国からの受講者は内発的動機づけが低く、外発的動機づけが高い傾向。また、ジニ係数が高く、経済格差の大きい国からの受講者は外発的動機づけが高い傾向⇒学習者の社会経済的背景による大規模公開オン… https://t.co/hDu0EjBM45
ここでの実行系機能は、感情の制御が主なもの。相手に自分の感情が分からないようにする等の社会的抑制と個人的抑制という、社会的要素が社会的抑制よりも低い感情の制御の2因子⇒実行系機能を質問紙で測定する Burden Expressio… https://t.co/BPB8wZddWy
日本と中国を同じ東アジアと一括りにしてしまう危険性⇒パズル課題に対する日中子どもの行動の違い https://t.co/cstTR3T2qu
幼い子供は顔の同定に不適切な外的要素の領域(髪の毛)まで処理してしまって、内的領域や顔の構成要素だけに処理を制限することが苦手。レビュー⇒幼児期における顔処理様式の発達に関する研究動向 https://t.co/NByibJwkN1
進取的行動:進歩を求める行動のこと⇒進取的行動の次元構造,尺度,および日中比較 ——項目反応理論と構造方程式モデリングによるアプローチ—— https://t.co/NcuyZZCxjp
党首討論会における政党党首の声が低いと、好感度や信頼性が高く感じられる。声が高いとネガティブな影響になり、特に信頼性に傷がつく⇒声の高低が政党党首の印象形成に与える影響 ―党首討論会の音声を用いた実験研究― https://t.co/vLgniV5d60
マインドセット操作によるマーケティングリサーチの精度向上は可能か? ―メンタルシミュレーションと解釈レベル理論に基づく操作の違いに着目して― https://t.co/EZ5iBisBlP
乖離を減らす方法も調査⇒メディア利用時間における自己申告型調査と行動ログの乖離に関する研究 ―個人のスマートフォン利用時間を対象とした実証分析― https://t.co/CJdPsq5D4C
ASA声明と疫学研究におけるP値 https://t.co/FSWSFqUbdj
再現可能性ははたして必要なのか:p値問題から垣間見る科学研究の多様性 https://t.co/soYvPON24F
p値は臨床研究データ解析結果報告に有用な優れたモノサシである https://t.co/AnnZSAz3U2
オミクス研究における検証的解析と探索的解析:多重検定とP値を中心に https://t.co/hqlF8DuQaO
大雑把w⇒ASA声明2016に対する大雑把なコメント https://t.co/lMse5EgpzF
保育園における乳幼児から保育者への行動 保育者は養育者かつライフパートナー https://t.co/i91n3ADuSv
商品を触るイメージと触覚の重要性が商品に対する所有感の生起に及ぼす影響 https://t.co/OaAm6pOWTv
ビッグファイブの性格質問紙などに対する回答は、質問項目の後半になるほど中間の選択が多くなる⇒多くの項目に回答することによる中間選択の増加 https://t.co/dw8z4Hu7Df
心理統計教育に関する教員・学生の意識調査 https://t.co/nJA9XB3Awj
統計学の問題データベース⇒心理統計テストデータベースの開発 https://t.co/akwmpCZWeE
e-Learning による統計教育の実践と統計教育の質保証 https://t.co/kRA9Yx9zfp
eラーニングによる統計学の継続的受講が社会人学生の認知と態度に与える影響 https://t.co/qxXl9cEoPb
eラーニングによる統計学の入門科目受講が社会人学生の認知と態度に与える影響 https://t.co/R2WckfiTry
女子短大生のボードゲーム学習における学習評価への感情の影響 https://t.co/5cMaIbmaCg
先延ばし傾向がeラーニングによる統計学科目の認知と態度に与える長期的な影響 https://t.co/1J9RQhPxog
統計相談窓口に寄せられた相談には、「量的変数として扱ってよい場合とそうでない場合、必要なサンプルサイズについて」のものが多かった⇒放送大学の保健・看護系の修士課程大学院生における統計解析の学習 : 院生のニーズ調査と学習プログラム… https://t.co/YgJlCJCZCh

お気に入り一覧(最新100件)

スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪… https://t.co/teCP94Zw7d
与党支持者は幸せ。Why Are Cabinet Supporters Happy? https://t.co/zeVzWhe8Fl
藤岡久美子 (2013). 友達と遊ばない子どもの発達 : 幼児期児童期の引っ込み思案・非社会性研究の動向 山形大学紀要, 15(4), 9 -23. http://t.co/AKbsBydeBO

フォロー(44ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

村澤和多里 (2018). 心理-社会的現象としての「ひきこもり」 : 1990年代後半の若者たちの生活体験をめぐって. 北海道大学大学院教育学研究院紀要, 132, 75-97. 全文が公開されています。https://t.co/0yfsdCM6Oe

フォロワー(3862ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @uranus_2: 日本の大学生は情報源がWikipedia日本語版である情報の信憑性を他のオンライン百科事典である情報よりも低く判断する https://t.co/UMF0WVw4n2
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  御伽草子『月林草』にみる室町期の食文化(上) : 擬人表現に嵌め込まれた食の実際 https://t.co/APtFz0a34K #CiNii
RT @zasetsushirazu: 安政6年9月24日(1859年10月19日)、儒者・佐藤一斎が死去。林述斎(岩瀬忠震の祖父)の門人で、昌平黌の教授を務めた。表向きは朱子学を講じたが、実際は陽明学を奉じていた。下記PDFは、中村安宏「林述斎と佐藤一斎の皇統意識について」(…
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.…
RT @oshio_at: 子供の読書に影響する要因については、随分前に安藤先生が、家の蔵書量が子供の読書に影響することを示してますよね。 子どもの読書行動に家庭環境が及ぼす影響に関する行動遺伝学的検討 https://t.co/DvOLdZ6C9N
RT @tyuusyo: @nmcmnc 昔は地下アイドルを操る悪い大人を「角兵衛獅子の親方」といったんですけど、構図があんまり変わらないですね。(https://t.co/92m0Ufi9pQ 『新聞集成明治編年史』巻8、「角兵衛獅子の巣窟」) https://t.co/UW…
記述統計・項目分析、相関、探索的因子分析、尺度得点、t検定、分散分析(1要因・2x2)、重回帰+αと、多くの卒論生がやりそうな分析はひととおりカバーされていて、論文での結果の記述例も丁寧。応用的な分析結果が論文になっているのもいい… https://t.co/2w1qZ8OKjD
RT @hessyu: 紀要論文がリポジトリで公開されました。 カープファンが対象ではないのですが,互恵性の期待による内集団協力が生じたという内容です。 好きな野球チームを集団カテゴリーに用いた内集団協力の検討──協力のコストがかからないシナリオによる場面想定法実験── htt…
これは読みたい...! | 日韓交流の民族考古学 | 第1章 日韓におけるドングリ食と縄文土器の起源 | 第1節 ドングリ食の研究史 とな...! https://t.co/7QTGH0U0AF

15 2 1 0 OA コエンザイムQ10

RT @mansaqu: 生体の物質が #酸化ストレス に曝されると #ビタミンE が活性酸素種を消去して #ビタミンEラジカル が生じる。これを #還元型CoQ10( #ユビキノール)が還元してビタミンEに再生し,自らは #酸化型CoQ10( #ユビキノン )となる 引用元…
RT @twremcat: #大沼保昭 は、学校の課題以外ではじめて真面目に読んだ論文の著者なんだよな。たぶんこれ: https://t.co/yVTgp0k6pi "在日朝鮮人の法的地位に関する一考察" _法学協会雑誌_ (1979-1980) 連載全6回 https://t…
『パーソナリティ研究』の新たな挑戦は、今年読んだ日本語論文でベスト! 出版バイアスだけでも、私たち心理学に携わる者が無知の知を結果的に否定してきたことを示している。 我々が拠り所にする心理学の「信頼の危機」の丁寧な説明と変化へ… https://t.co/EEmY8jNuM2
@pleist @kunukunu この辺りを読むと、真ん中あたりは対数だけれど両端に行くとそこからずれてきて、べき乗式はその両側の近似が良く出来て、さらに資料中S字関数とかシグマ式と呼ばれている式に対して明順応を考慮すると一番よ… https://t.co/JsT1px0p4j
@pleist @kunukunu この辺りを読むと、真ん中あたりは対数だけれど両端に行くとそこからずれてきて、べき乗式はその両側の近似が良く出来て、さらに資料中S字関数とかシグマ式と呼ばれている式に対して明順応を考慮すると一番よ… https://t.co/JsT1px0p4j
RT @oshio_at: 子供の読書に影響する要因については、随分前に安藤先生が、家の蔵書量が子供の読書に影響することを示してますよね。 子どもの読書行動に家庭環境が及ぼす影響に関する行動遺伝学的検討 https://t.co/DvOLdZ6C9N
RT @oshio_at: 子供の読書に影響する要因については、随分前に安藤先生が、家の蔵書量が子供の読書に影響することを示してますよね。 子どもの読書行動に家庭環境が及ぼす影響に関する行動遺伝学的検討 https://t.co/DvOLdZ6C9N
子供の読書に影響する要因については、随分前に安藤先生が、家の蔵書量が子供の読書に影響することを示してますよね。 子どもの読書行動に家庭環境が及ぼす影響に関する行動遺伝学的検討 https://t.co/DvOLdZ6C9N
RT @onthesurfacesa: 「アクションリサーチの認識論は実証主義とも構成主義とも批判理論とも異なるものであり,研究手法が類似するデザイン研究(Design-Based Research)と同じだと仮定すれば,デザイン科学(Design Science)ということに…
J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/3A20EOtChr
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @TJO_datasci: これは良い試み / "『パーソナリティ研究』は,以下に説明する「追試研究」,「事前登録研究」,「事前登録追試研究」の募集を開始し,これらに該当する論文の投稿を強く推奨し支援する。そして,これらの投稿論文の採否は研究結果によって決定しないものとす…
RT @kusudamiho: 「培養細胞の観察の基本原則」の提案です。https://t.co/DaSJvq8I7e 昨年の「細胞培養における基本原則」の提案に引き続き。皆様にシェアいただければと思います。
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 沖 嘉訓, 前川 眞一, 多次元項目反応モデルにおける共通項目と共通受検者の両方を同時に考慮した等化法の提案, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 57-72, 公開日 2017/12/01, Onli…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】野波寬・土屋博樹・桜井国俊(2014) NIMBYとしての在日米軍基地をめぐる多様なアクターの正当性:公共政策の決定権に対する当事者・非当事者による承認過程 https://t.co/9YiuU90vjb
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @onechope: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/5Hsf04PKVh すごいラジ!新しい試みラジ~(*´ω`*)
RT @TJO_datasci: これは良い試み / "『パーソナリティ研究』は,以下に説明する「追試研究」,「事前登録研究」,「事前登録追試研究」の募集を開始し,これらに該当する論文の投稿を強く推奨し支援する。そして,これらの投稿論文の採否は研究結果によって決定しないものとす…
RT @TJO_datasci: これは良い試み / "『パーソナリティ研究』は,以下に説明する「追試研究」,「事前登録研究」,「事前登録追試研究」の募集を開始し,これらに該当する論文の投稿を強く推奨し支援する。そして,これらの投稿論文の採否は研究結果によって決定しないものとす…
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @onechope: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/5Hsf04PKVh すごいラジ!新しい試みラジ~(*´ω`*)
RT @msk240: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/FBchjwVUtx >はじめの方しか読んでないけど、力強い声明。
RT @TJO_datasci: これは良い試み / "『パーソナリティ研究』は,以下に説明する「追試研究」,「事前登録研究」,「事前登録追試研究」の募集を開始し,これらに該当する論文の投稿を強く推奨し支援する。そして,これらの投稿論文の採否は研究結果によって決定しないものとす…
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
RT @Ryuichiro_Y: 「パーソナリティ研究」の新たな挑戦 なんと素敵な話でしょう。学部でも何らかのデータをとる授業以前にこういう話ってした方がいいと思うんですよね。 https://t.co/1xagtBh6Jb
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @prince_moyomoto: 残念ながら本書は在庫切れ状態が続いているが、大学での意思決定とケースに関心のある方はぜひ図書館で借りてみてもらえればと思う。 https://t.co/dwiz85H5K9
RT @omnivalence: https://t.co/eSFH0mapN3 シェリングとゲーテ。。
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @oshio_at: J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
J-STAGE Articles - 発光する玉子焼にぎり寿司から分離した発光細菌の検討 https://t.co/kaSXXP4knT 何だこの論文
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @Ryuichiro_Y: 「パーソナリティ研究」の新たな挑戦 なんと素敵な話でしょう。学部でも何らかのデータをとる授業以前にこういう話ってした方がいいと思うんですよね。 https://t.co/1xagtBh6Jb
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
「先天性全盲の人が生活の中で困っていることや『見たい』と思っている事象の中に,知覚心理学者が優先的に扱わなければならない『生体にとっての知覚の役割』の本質を解明するヒントが隠されているのかもしれない」(中野泰志 慶應義塾大学経済学… https://t.co/7fbPtq9f5C
【書評】発行日: 2018/03/31 公開日: 2018/06/16 2018年36巻2号「基礎心理学研究」におきまして,弊社発行の『視界良好2:視覚障害の状態を生きる』(河野泰弘 著)をご紹介いただきました。評者は,中野泰志… https://t.co/4Nd78bAmOk
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @TJO_datasci: これは良い試み / "『パーソナリティ研究』は,以下に説明する「追試研究」,「事前登録研究」,「事前登録追試研究」の募集を開始し,これらに該当する論文の投稿を強く推奨し支援する。そして,これらの投稿論文の採否は研究結果によって決定しないものとす…
RT @mansaqu: #慢性疲労症候群 1994年から大阪市大が着目 #カルニチン を測定 血中の遊離カルニチンは正常ながら、 #アシルカルニチン値 が大部分の症例で有意に低下 #ミトコンドリア の #脂肪酸酸化 を中心とした #代謝系の異常 が想定され疲労を中心とした…
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
クリプトムネシアについてのレビュー論文が出ている。 https://t.co/bWOB6Gz9Ag
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
RT @oshio_at: 『ハリーポッターと賢者の石』のイギリス版とアメリカ版を比較する論文を見つけました。 『ハリー・ポッターと賢者の石』におけるイギリス版とアメリカ版の比較研究 https://t.co/OBUCCi7cR9
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。… https://t.co/C5W7Grg6VJ
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @Ryuichiro_Y: 「パーソナリティ研究」の新たな挑戦 なんと素敵な話でしょう。学部でも何らかのデータをとる授業以前にこういう話ってした方がいいと思うんですよね。 https://t.co/1xagtBh6Jb
RT @rtkd16: 舞城王太郎の創作過程研究、すげえな J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/r2VJOwK0fT
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世伊予の山方領主と河野氏権力 https://t.co/EAKOzWbgSi #CiNii
『ハリーポッターと賢者の石』のイギリス版とアメリカ版を比較する論文を見つけました。 『ハリー・ポッターと賢者の石』におけるイギリス版とアメリカ版の比較研究 https://t.co/OBUCCi7cR9
RT @MizumotoAtsushi: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/7Yqb5I3YMv
RT @daihiko: 「研究の立案と具体的計画は加藤司とシャア・ア ズナブルが,実験の指導と運営は加藤司とアム ロ・レイが,データ分析は加藤司とセイラ・マス が,原稿の執筆及び査読者とのやり取りは加藤司が担当した」 https://t.co/yWC8BQ4sxp
「研究の立案と具体的計画は加藤司とシャア・ア ズナブルが,実験の指導と運営は加藤司とアム ロ・レイが,データ分析は加藤司とセイラ・マス が,原稿の執筆及び査読者とのやり取りは加藤司が担当した」 https://t.co/yWC8BQ4sxp
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @MizumotoAtsushi: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/7Yqb5I3YMv
パーキンソン病の論文で使用されていた方法を調べていたらこの総説がの説明がわかりやすかった。遺伝疫学という分野があるんですね。 J-STAGE Articles - V.ゲノムから展望する脂質管理のあり方 https://t.co/fWsaxX3s6c
RT @MizumotoAtsushi: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/7Yqb5I3YMv
kmsrさんが言ってた「ブルーナーリバイバル」発言はこれか。 https://t.co/AIrLUl2SqC