マーキュリー2世 (@uranus_2)

投稿一覧(最新100件)

甘い匂いは恋愛への関心、向社会的意図を減らす(https://t.co/Mb3FV12plb)。これは甘い食物を食べると、恋愛への関心、向社会的意図が増すという先行研究とは異なる。https://t.co/kEKiZxb8QE
中川裕子・富永悟・流王雄太・酒本真次・山田了士(2017). 拒食と緘黙を呈した16 歳女性の治療経過 第41回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録 https://t.co/2liy8DXizG
●場面緘黙症の研究に対する新たな科研費配分情報 奥村真衣子(2020-2023) 場面緘黙の専門資源へのアクセスが難しい地域における遠隔支援の検討 若手研究(研究種目 ) 基金(配分区分) 配分額4,160千円 https://t.co/itjLLeoEpO
忍者研究!忍者心理学する人でてきそう⇒「忍者研究」創刊に臨んで https://t.co/V5Hje8ma8B
日本語を母語とするSM児においても海外の先行研究と同様に、言語やコミュニケーションに関連する能力に問題がある者が半数程度存在する可能性⇒高木潤野 (2019) 日本語を母語とする場面緘黙児における言語・コミュニケーション能力の特徴 特殊教育学研究 56(4), 209-218. https://t.co/uZxhGul0g7
『心理学研究』掲載(現時点で早期公開状態)の「児童青年に対する診断横断的介入のフォローアップの有効性の予備的検討」にちょこっと選択性緘黙(場面緘黙症)が登場。緘黙だと診断横断的介入プログラムの治療効果が低減する可能性があると考察。https://t.co/hiTItLKeWs
公立の幼稚園~中学校までで1人でも場面緘黙症の疑いのある子がいるのは39.7%(幼稚園28.6%、小学校40.9%、中学校46.7%)。Enrollment Rate of Children with Selective Mutism in Kindergarten, Elementary School, and Lower Secondary School in Japan https://t.co/5W5DC17ojE
経営学のテキストで語られることと論文で語られること(の違いを中心に議論)⇒経営学のテキストで語られることと論文で語られること https://t.co/s03ICXtkqS
『カウンセリング研究』、「虫に対する恐怖経験評価尺度の開発」っていう論文(https://t.co/4o00AjS8hE)、面白そう。https://t.co/XxP81AZgBO
やっとJ-STAGEに出たかと思ったら、抄録だけフリーで、本文はオープンじゃない⇒水野雅之・関口 雄一・臼倉瞳(2018) 日本における場面緘黙児への支援に関する検討 ―2001~2015年の論文を対象として― カウンセリング研究 https://t.co/EHZmnRjgjr
論文構成の理解を基に行うscanning力、未指導の論文中に頻出する「論文に関する用語」や「統計に関する用語」の理解が高まるが、重要情報である研究の目的,方法,結果の精読では効果が限られる⇒ 大学生の英語論文読解指導法 https://t.co/vKLEH5nCDk
10代~30代の場面緘黙当事者でも緘黙症状が改善する可能性があることを示唆⇒「場面緘黙児・者のセルフ・エフィカシーが治療への参加意欲に及ぼす影響」2018年度実績報告書 https://t.co/es6BpWgEqu
「複合的場面緘黙児の実態解明と教育機関と第三者機関の連携した支援の実践と効果の検証」の2018年度実施状況報告書が公開された。https://t.co/A4HJH83o3a
「選択性緘黙の対人関係形成を支援する教材・玩具に関する調査研究」の2018年度実績報告書が公開された。https://t.co/UbZKpOpFgj
ScopusとWeb of Scienceでハゲタカジャーナルに関し,どのような文献が,いつ,どのような学術雑誌に発表されているか調査。文献検索の過程でpredatoryという比喩的な語が検索の精度を落とすことが確認され…⇒いわゆるハゲタカジャーナルに関する文献調査 https://t.co/O98O1sliMw
47歳の緘黙症の事例が紹介されている。ただ、「この 1 年間一言もしゃべらない」とあり、子供の頃から緘黙だったかどうかは不明⇒心身医療の伝承―若手治療者へのメッセージ https://t.co/69xEE95cS6
学生のレポートに見られる「引用」の問題点 : スキル教育を考える教育へ (特集 大正大学の基礎学力の向上) https://t.co/Q1oednMNxQ
アカデミック・ライティングにおける間接引用で求められる要約とは https://t.co/y3opfFsxwG
自然科学系分野における分野間引用関係経年変化の分析 https://t.co/LpmJ9e5kvS
雑談のポイントとしての「リアクション」 https://t.co/ohwI2nLL1u
LINEと口頭会話における終助詞「ね」の使用の特徴 ―台湾人中級日本語学習者を対象に― https://t.co/GUESmnBeRL
専門分野に即した引用方法の理解を促す活動の試み https://t.co/lYXdAIeAqD
学習者はどのように引用のしかたを判断しているか https://t.co/lFM43XzQTd
場面緘黙の症状がある自閉症スペクトラムの成人男性(25)において、SSRIのフルボキサミンを服用しても症状に改善は認められなかったが、抗精神病薬のアリピプラゾールに切り替えてから徐々に他者に対して話し始めた事例。Mutism in an adult case with autism spectrum …https://t.co/NJHhfFzpJP
オープンアクセスの暗黒面~Dark Side of OA~https://t.co/FTcX55ABfk
藤原あや・園山繁樹(2019). わが国における保育場面で場面緘黙を示す幼児の支援に関する文献的検討 障害科学研究 43, 125-136. doi: 10.20847/adsj.43.1_125. https://t.co/8qCTfGIk6u
趙成河・河内山冴・園山繁樹(2019). 場面緘黙を示す幼児に対するクリニック型行動的介入の初期段階における刺激フェイディング法及び随伴性マネジメントの適用 障害科学研究 43, 183-192. doi: 10.20847/adsj.43.1_183. https://t.co/3apjXzgt9N
楽観主義者は無自覚的にひねくれている : 随伴性意識のない条件下での評価的条件づけにおける特性的楽観性および悲観性の効果 https://t.co/fK3UXuWSu6
日本における電子書籍化の現状 ─国立国会図書館所蔵資料の電子化率調査─ https://t.co/pz7HCfTKuz
結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応した…⇒学歴・収入・容姿が成婚と配偶者選択行動に与える影響 https://t.co/WS7CbQMVtv
統計的ネットワーク分析の視座:社会ネットワーク分析における意義の検討 https://t.co/J5thtuCLcw
大企業では新たな課題や価値を創り出し解決していく自律的な能力が、中小企業ではチャレンジ精神やアピアランスといった、真面目さや規律の遵守と結びつく能力が新卒者に求められる⇒大企業と中小企業が新卒者に求める能力は異なるか:求人情報サイトへのトピックモデルの適用 https://t.co/xpKpGSojAJ
公的統計データの二次的利用の動向:オンサイト利用を中心に https://t.co/lycxgmuGGe
選好の進化による性別役割分業の変動分析 https://t.co/49pDmfXnQs
竹田健太郎・西川純(2019) 緘黙傾向児のいるクラスでの人間関係 : 授業と休み時間の比較を通して 上越教育大学研究紀要 39, 37-44. https://t.co/vc4PdArMTh
藤間友里亜・外山美樹(2019) 場面緘黙経験者の適応・不適応過程についての研究 日本教育心理学会第61回総会 https://t.co/ezLh1wIXsE https://t.co/C4IUXW9LY9
藤間友里亜・外山美樹(2019) 場面緘黙経験者の適応・不適応過程についての研究 日本教育心理学会第61回総会 https://t.co/ezLh1wIXsE https://t.co/C4IUXW9LY9
・2つの市の幼稚園等に在籍する幼児全員について、小学校入学後まで4年間の縦断研究 ・前向き研究により場面緘黙症状または高リスクが確認された幼児には、来談支援や遠隔支援等を行い、早期支援の効果を検証 https://t.co/UswdjtmOwb https://t.co/Wpa0VNspWD
科研費の「場面緘黙児の早期発見・早期支援・経過把握の方法開発」に関する具体的な説明が掲載された。 https://t.co/UswdjtmOwb
「選択性緘黙の対人関係形成を支援する教材・玩具に関する調査研究」の研究概要が掲載された。 選択性緘黙(場面緘黙)児は孤立、いじめ、不登校等の集団不適応のリスクが高い→不適応の予防に対人関係の支援が必要→教材や玩具で交流支援という考えの下での研究のようだ。https://t.co/L18YIwbqZC
RT @Fumiaki_Taka: 論文が掲載されました。過去の論文で提案したモデルを検証すると同時に、他の研究者による一見矛盾して見える結果も統合的に説明しました。/雨宮有里・高史明・杉山崇 自伝的記憶の意図的および無意図的想起の検索過程:手がかり語法を用いて https:…
それまで共通語を話していた自閉症スペクトラムの人が方言を話すようになる場合、方言使用開始時の前後において,対人的スキル・対人的認知スキルの獲得が顕著に見られる、共同注意が方言使用の必要条件である可能性。https://t.co/HaOwqpTgUk https://t.co/iOjsFP8Mjr
自閉症の人は方言を話さないといわれる(https://t.co/mP0asqqFtf)が、共通語を使用してきたASDが学齢期や青年期で方言を使用するようになる事例が存在するとの報告があった。そこで、彼らを対象に方言使用開始時期および対人的認知スキルに関する質問紙調査を実施。https://t.co/iOjsFP8Mjr
「暇」ツイートのテキストマイニングによる潜在的ニーズの発見法に関する一考察 https://t.co/OMxSYwo8Yd
場面緘黙の研究に新たな科研費。 園山繁樹(2019-2024) 場面緘黙児の早期発見・早期支援・経過把握の方法開発 https://t.co/UswdjtmOwb
ミトコンドリア置換における「3人の遺伝的親」の 問題についての生命倫理学的考察 https://t.co/EzFoyJ0Zhd
Vision Toolbox: Psychtoolboxを利用した視覚実験パッケージ(日本語版) https://t.co/letcIvN2QT
ユーモア・センスの気質的基盤 「状態・特性快活さ尺度(特性版)」邦訳項目の信頼性・妥当性の検討 https://t.co/Ej4kjXUGHU
失敗を笑われることに伴う感情に関する基礎的検討 https://t.co/ZqBLlQxExN
真剣切り返し型とか芸人型とか⇒攻撃的な笑いへの反応尺度による反応タイプの分類 現代の若者のコミュニケーション支援を目指して https://t.co/7SebQY9fPB
子どもの「ユーモア能力」育成のための指導事項の検討 特に現状の問題や課題に焦点を当てて https://t.co/WpddgBbZjZ
乳児の自発的微笑と外発的・社会的微笑の質的な違い 生後1年間における1事例の縦断的観察を通して https://t.co/6sJhZvvV9d
心理的援助への笑いとユーモアの適用に関する研究の動向と課題 心理療法、精神疾患、ユーモアと笑いのセラピーに焦点をあてて https://t.co/mSN0NH4gFa
ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出 https://t.co/0qNBrqkaLa
佐分ジュディス(2019). 語学教室での場面緘黙症 桜花学園大学学芸学部研究紀要 10, 69-76. https://t.co/6qklx1fTcz
奥村真衣子『選択性緘黙の対人関係形成を支援する教材・玩具に関する調査研究』が交付済みの1,430千円(2018-08-24 – 2020-03-31)から採択済みの780千円(2019-04-01 – 2020-03-31)へ。配分区分が補助金から基金に変更。https://t.co/2YeOp2Ig0a https://t.co/L18YIwbqZC
奥村真衣子『選択性緘黙の対人関係形成を支援する教材・玩具に関する調査研究』が交付済みの1,430千円(2018-08-24 – 2020-03-31)から採択済みの780千円(2019-04-01 – 2020-03-31)へ。配分区分が補助金から基金に変更。https://t.co/2YeOp2Ig0a https://t.co/L18YIwbqZC
高木潤野(2019-2024) 縦断的調査による場面緘黙の実態解明と効果的な介入手法の確立 科研費 基盤研究(B) 補助金 15,730千円 https://t.co/q7dkueS70V
心理学におけるシチズン・サイエンスの可能性 https://t.co/4QnupRjWoj
日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/u2VMEhAwOU
ハゲタカOA論文の4割は一度は引用されている https://t.co/ecP4e2hqCq
中学生の夏休みの宿題遂行を支える教育介入方法の検討 : WOOP(WishOutcomeObstaclePlan)の有効性の検討 https://t.co/6nK7p5ugwJ

1 0 0 0 OA 小児

場面緘黙の併存あり⇒新規の過成長症候群である Tatton-Brown Rahman 症候群の一例 https://t.co/BpKE8c6Air
生徒の不安・抑うつ症状についての生徒本人と教員による報告の一致率を調べた研究の系統的レビュー。教員は抑うつ症状のある生徒の38~75%に気づいたのに対し,不安症状のある生徒への気づきは19%と41%⇒教員が生徒の不安・抑うつ症状に気づく力を調査した研究の系統的… https://t.co/FrgNSkutTb
井上猛(2018). 不安症治療におけるSSRIの作用機序の神経科学的理解 不安症研究 10, 20-28. https://t.co/mBf3DxwxWy
恐怖神経回路研究に関する最近の進歩および恐怖神経回路を修飾する栄養素脂肪酸についての総説論文⇒Fear circuitと不安症 https://t.co/qC9A2tHTXX
塩入俊樹(2018). DSM診断基準における不安症の変遷―半世紀の流れの中で― 不安症研究 10, 10-19. #DSM #分離不安症 #分離不安 #不安症 #不安障害 #緘黙 https://t.co/38wYSbxiSQ https://t.co/kwQblEieod
2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』(https://t.co/OQ2tyc4l2H)の研究成果に『障害者心理学: シリーズ心理学と仕事15』(https://t.co/shsUZQMybT) があげられている。9章「情緒障害の心理とその支援」に緘黙に関する話が掲載されている可能性。
2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』https://t.co/OQ2tyc4l2H
加藤哲文(司会者兼企画者)・高木潤野・岩本佳世・大森五月・加藤哲文(話題提供者)・園山 繁樹(指定討論者) (2018). 発達障害と場面緘黙-その理解と支援上の課題-日本LD学会 第27回大会(新潟)https://t.co/EgWnnCxI15
2017年度実施状況報告書『場面緘黙児・者のセルフ・エフィカシーが治療への参加意欲に及ぼす影響』  https://t.co/JmhRWePz8T
心理学における量的研究法・質的研究法の統合 ― Information and communication technology (ICT) の普及 ― https://t.co/rQECdnZYHH
日本(における本調査)では、インターネッを利用する人は幸福感が高い⇒インターネットの利用が幸福感に与える影響 ― インターネット・パラドックスの再検討 ― https://t.co/cGTcno75Z3
ベギラマとかベホマとかなつかしいなあ⇒ドラゴンクエストの呪文における音象徴―音声学の広がりを目指して― https://t.co/BCGBPR56z4
「もこー!」や「もこもん」などの〈もこもこ音〉を発するゴミ箱ロボット〈MoCoMoN〉。ロボットから「そのゴミを拾って!」と指示されてもうれしくないから、もこもこさせたとのこと⇒ もこもこ音を発するゴミ箱ロボット〈MoCoMoN〉とそのインタラクションデザイン https://t.co/iHJNVPk3kd
Thanksシステムによる研究室活性の試み https://t.co/5eob79lFlj
テーブル上の物体の片付けを促すためのロボットの振る舞い https://t.co/lqxGVzvcs6
あえて速度計を見せないことによりドライバーの速度抑制を促すシステムの提案 https://t.co/VNtOzsTgv0
迷信行動は結果の正負極性よりも持続時間に影響される https://t.co/mDAFZFMcfV
9ヶ月乳児検診における母親の笑いの感情について https://t.co/m9Z8xGQ54y
なぜ、予備校の教室には「笑い」が必要か : 笑いが予備校での学習に効果をもたらすメカニズムを動機づけスタイル理論:反転理論から考える https://t.co/kWLdwsr93w
19歳〜25歳の大学生・大学院生で女性は男性よりも、人をバカにする笑いを好ましく思っていない。また、女性は、笑うことは健康につながると思っており、「笑い」を色に例えると暖色系だと感じる傾向。一方、男性は、異性を笑わせたいと思う欲求が女性よりも強い。 https://t.co/IyMDpkOeoX
熟成する笑い : 昭和初期の笑い相 https://t.co/ycPRFtfSVB
動物は笑うか? : 動物に笑いを認める場合の基準 https://t.co/Mb5OVMgFfl
日本人向けユーモアスタイル質問紙の作成とユーモアの心理的効用の検討 https://t.co/ZmKqAsCLss
作り笑い(整膚と笑いヨガ)による健康効果 : 心理学的,免疫学的,内分泌学的指標から https://t.co/NePA6Yx5wS
「顔」、「喉」、「腹」の3つの身体部位の動きから、笑いを8タイプに分類⇒顔・喉・腹の「3点計測システム」による「笑い」の客観的分類法の検討 https://t.co/cC1oyEmyzZ
検者が被検者に微笑みかけるだけで被検者の前頭前野の脳血流量が上昇⇒微笑みと脳血流について https://t.co/gOBI37orUR
TOEIC L&Rテストに登場する動詞と名詞に関する考察 https://t.co/719Q939a2F
グローバル化と科学教育―現状・課題・展望― https://t.co/dZGKFUIYkN
オセルタミビル、いわゆるタミフルはニコチン性アセチルコリン受容体を阻害し、ドーパミン系を活性化させるが、これは別の抗インフルエンザ薬であるアマンタジンと似た薬理作用である。実際、有害事象としての神経精神学的反応は両者で共通のものがある⇒添付文書における…https://t.co/7XSIrC9gtR
ルーテル学院大学「図書館資料テキストデータ貸出」 利用学生の調査で振り返る https://t.co/EWLVil9KhJ
「図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン」の成立過程とその意味するもの https://t.co/EPzwg9Wlzq
オープンアクセスへの大規模な転換のための購読型ジャーナルのビジネスモデルの破壊 https://t.co/ywPPcK8PkW
Facebookページ「コクダイマルケン」の投稿に,いつ誰が「いいね」を付与したかを調査⇒Facebookページ「コクダイマルケン」の投稿に,いつ誰が「いいね」を付与したかを調査 https://t.co/peHBOCbWUi
トピックモデルによる関西私鉄沿線の特徴分析 https://t.co/yYGTzXtKP3
助成金プロジェクトから見る国内データ成果の現況 https://t.co/q3AvI9R8ki
新興境界領域研究の現況 -科学研究費助成事業の分類を用いた分析- https://t.co/mM72ZmvRdz
パソコン遠隔操作事件で著者識別による犯人性立証は可能だったか? https://t.co/K853PQK7og
人文研究に関する欧州のオープンアクセス事情 ~哲学研究の場合~ https://t.co/oqB3kLFI8p

お気に入り一覧(最新100件)

スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪性と異性への関心 https://t.co/lrYjXkWKOB
与党支持者は幸せ。Why Are Cabinet Supporters Happy? https://t.co/zeVzWhe8Fl

フォロー(45ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

一本道よりも山道の方が短く感じるのはなぜ?という質問を受け,まずそんな現象あるのかしらと調べていたら,緑の中を歩く(緑の中にいる)と時間が過ぎるのが早いように感じるという研究があって,へーってなった。建築系の日本語論文です。 https://t.co/MXuejzlbhe

フォロワー(4358ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
CiNii 論文 -  中国における,児童青年期の援助要請に関する研究動向 https://t.co/ZAyBpqeGOI #CiNii
RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
RT @BiotopeGarden: ムヨウラン Lecanorchis japonica @高尾山 名前の通り葉っぱがなく、葉緑素もないので光合成もしません。 菌従属栄養植物と呼ばれ、ベニタケ属やチチタケ属などの菌糸から栄養をとって暮らしています。 https://t.co…
RT @hideman2009: 行動生態学と擬人化 https://t.co/Y96ELLzEz3
ムヨウラン Lecanorchis japonica @高尾山 名前の通り葉っぱがなく、葉緑素もないので光合成もしません。 菌従属栄養植物と呼ばれ、ベニタケ属やチチタケ属などの菌糸から栄養をとって暮らしています。 https://t.co/VlvLdGGPcC https://t.co/l7GuGAfa6d
@purkinjebrain https://t.co/GbjUkNAdhv 日本人が書いた論文ですね
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @dancing_infobio: @tonets @sugargroove 下記論文によるとコミュニティによるみたいですね。I, Weの選択は、ニュアンスに基づく文化であってルールではないとすれば、強制はよくないと思いますが。「非母語話者の英語教育研究者の論文における第…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  動物の名付けをめぐる対立 : 赤坂アカ『かぐや様は告らせたい : 天才たちの恋愛頭脳戦』と動物倫理をめぐって (小特集 名前は誰のものか : 現代小説とマンガの検討から)" https://t.co/wMMopDeS12
JSAIのプログラム見てたら前職の人がいた。理化学研究所と共同研究してたのか。 https://t.co/GrhZwQ6U8M
行動生態学と擬人化 https://t.co/Y96ELLzEz3
日本でのこれら2亜種の記載元は三島(1955)のようだ。亜種シベリアシメの分布情報には目録と清棲図鑑で矛盾があるが、こちらにはチシマシメの島根の記録とカラフトシメの鳥取での記録について書いてあるので、どちらが間違っているのか不明。https://t.co/YtgJcZoWuc
RT @twremcat: 村上 あかね (2020) "国際比較研究における公的統計の活用について" _桃山学院大学総合研究所紀要_ 45(3):1-14 ISSN:1346048X NAID=120006821984 data=Eurostat / “桃山学院大学学術機関…
作業との関わり(結び付き)が論じられた論文です。自分の研究を根底から見直すために再確認しています https://t.co/yluBPMLmA6
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
“1902 年日本に神経学を独立するための建議書が国会に出された.しかし,不幸にして,衆議院を通過しなかった.日本の神経学会は,日本精神神経学会となり,神経学は,大学では,精神科,内科の一部で講義されることとなり,神経学としては,苦難の時代の始まりとなった.” https://t.co/kFhWVgOO5u
これ初めて読んだけど良かった。行動分析学研究の佐藤方哉先生追悼集の中の1つ。文章上手いなあ。この追悼集は読み応えありますね。 →徹底的警句主義 : 開かれた随伴性の中で サトウ タツヤ, 渡邊 芳之 J-STAGE Articles https://t.co/F7JBBefaaB

1 1 1 0 OA 編集後記

まあ,理論の発展の順番は逆のこともあり,これで理解が進むということもある.昨年の編集後記にそんな事を書いた.チラシの裏.https://t.co/D0nwNWspst
RT @yokadzaki: Size Matters: Ultra-small and Filterable Microorganisms in the Environment https://t.co/64qGb0Yi0X
「保守の思想家で読んで意味のあるのは、カール・シュミットだけだ。ぼくはシュミットの著作は全部読んだ。」(藤田省三) なるほど。 CiNii 論文 -  藤田省三さんから聞いた文学世界 https://t.co/hsOHFiYaRI
これも大切な視点を提示してくれていますね。 就労支援サービスを利用する精神障害者10名を対象にインタビ ューを行い、M-GTAで分析した。その結果、職員からの【「頼られ」体験】と【「等身 大の自分」の確立】が精神障害者の主体性獲得に不可欠な要素であることがわかった。 https://t.co/7YhP2IsUA9
https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
魅力と返報性に及ぼす自己開示の効果 https://t.co/8nAd5Bq7mh 所属集団における女子青年の自己開示と対人関係 https://t.co/UQiNxTW3Sp
RT @ooousta: 日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。…
@usanezme https://t.co/qf2afRiNKR 読み返してみたら数字とか統制条件全然違いました。ごめんなさい。
他者を操作することの心理学的研究の動向と展望 これはおすすめ論文です。モラルハラッサーとか自分を卑下しながら相手をコントロールしようとする人とか、そういった他者操作に関してまとめられています。 https://t.co/vPQudFKYo9
川島 隆太教授の研究おもしろい https://t.co/eTc3ojXp2x
J-STAGE Articles - 神道系保育所・幼稚園等における保育・教育理念の特色 https://t.co/NWkfhubnFm
プラスチック短下肢装具の細かいノウハウが詰まって良い。https://t.co/VZWJIBVfBK 思いつきでPOさんに作っていただいた下腿高反発ウレタンパッドは遊脚には背屈してくれるのにもかかわらず、初期接地の過度な膝屈曲を防いでくれるので、ここに是非入れ込んでほしいオプション。
今日読んだ論文。こういうアプローチもあるのだなと勉強になりました。 石井要「教科書の中の丸山眞男 : 「「である」ことと「する」こと」の教材観史」(2017) https://t.co/RiqwZ1sO13 #CiNii
RT @hirokazu926: @Er2eiFs @bon7162 @rossiyaheidayo @personal_anal https://t.co/KnzwBtw7Bh の説明を見るとヘルツ破壊は、小さく硬いものが当たれば起こりえるようですので、球体に限らないと思いま…
RT @kopo_adhd: 日中眠くて眠くて仕方ないADHDさん、ADHD(とくに不注意型・混合型)と関連がある「Sluggish Cognitive Tempo」っていう症候群かも。「過度な白昼夢」って訳されてるよ。併発してるとよりハイスリスクな人たちでもあるから、授業中死…
時間割引選好(目先の利益を選ぶか遠い将来の利益を選ぶかの指標)は高校生の教育期待に対して有意に正の影響。 この影響は社会階層変数とは独立である。 これが底辺からでも這い上がれる人の仕組みな気がする 時間割引選好・リスク回避傾向と高校生の教育期待 https://t.co/DyZWxuCOoW
就労支援に関わる面白い知見ですね。 支援者と利用者の相互作用な過程が重要であることを再確認することができました https://t.co/JHRznsB6Ck
RT @BiotopeGarden: ドクダミ Houttuynia cordata って駆除するのが大変だから、雑草防除のグリーン素材として考えてみるのも手かなって思ってたりする。 アレロパシーも期待出来るし。 https://t.co/1OBekNHg0F これはミヤマシ…
RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
RT @lwrdhtw: すごく勉強になりそう。 CiNii 論文 -  <創発> 概念の起源 (1) : <創発> をめぐる議論と科学論の生成 https://t.co/5LrEuDQMyD
ドクダミ Houttuynia cordata って駆除するのが大変だから、雑草防除のグリーン素材として考えてみるのも手かなって思ってたりする。 アレロパシーも期待出来るし。 https://t.co/1OBekNHg0F これはミヤマシラスゲ Carex olivacea var. angustior との取り合わせ。 https://t.co/O8tYWs2Enc
目標設定に関する研究です。日々の臨床に役立つ知見が得られると思います。僕はすごく納得できる内容でした https://t.co/4w00JQH9xd
RT @Shuntarooo3: DAGの発表までに目を通したい論文(2) Suzuki, E., Shinozaki, T. and Yamamoto, E. (2020) “Causal Diagrams: Pitfalls and Tips,” Journal of e…
RT @00chfil: ずっと気になってた論文を来週みんなで読めることになった。Lamarque, Vellemanとか、よく見かけるけど勉強したことは無かった。 高田敦史「ストーリーはどのような存在者か」https://t.co/6kWsjlwfkd
そんなことをこの論文をまとめているときに考えていたし,そういうことをちょっとだけ書いた。立ち止まる方略。そして新しい意味を生み出すこと。 https://t.co/fqEWO9GcBw
RT @WMNH: 今年の当館の特別展の主役ナマコに関連する論文が出版されました!奄美大島のナマコたちの水中写真や分布パターンのイラストが載っていて、ナマコファンにはたまらない(はず)一品です!フリーアクセスなのでぜひご覧ください! https://t.co/teNtoIlyB…
@momentumyy 具体的な内容は忘れましたが、これの初稿の総合考察に何かしらユーモア要素をぶち入れた気がしますが、査読で豪快に「不要」と言われて、泣く泣くカットした記憶があります https://t.co/R41gYs7SKi
intelligenceの定義はおいておいて,関連する性差研究はBaron=Cohenだろうか? 「高学歴の女性は共感能力が低い」という言明はどこまで妥当だろうか?心理クラスターの人は考えてみよう https://t.co/XMsPC9E59C
Early SNS-based monitoring system for the COVID-19 outbreak in Japan: a population-level observational study https://t.co/2tMGPFrDU8
RT @asarin: 社会の声を聴く,社会に声を届ける:心理学と社会のコミュニケーション https://t.co/Z2cKMYU09z 心理学研究「新型コロナウイルス感染症と心理学」公募開始.概要に「社会からは心理学に対して様々な形での接近を求める声が広がっています」とある…
RT @asarin: 社会の声を聴く,社会に声を届ける:心理学と社会のコミュニケーション https://t.co/Z2cKMYU09z 心理学研究「新型コロナウイルス感染症と心理学」公募開始.概要に「社会からは心理学に対して様々な形での接近を求める声が広がっています」とある…
RT @kenichi_ohkubo: 井上先生の2008年の論文。自閉症支援に関するエビデンスの「つくる」「つたえる」「つかう」。 J-STAGE Articles - 自閉症に対するエビデンスに基づく実践を我が国に定着させるための戦略(特集号 エビデンスに基づいた発達障害支…
RT @yachu93: もちろん,廣瀬先生たちの論文にも目を通されることを強くお勧めしております。 https://t.co/9t5Ug26nJv
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @katzkagaya: 生態学ではないけど、たとえばタッチパネルの機械的チャタリングを防ぐ回路、シュミットトリガー回路は、ヤリイカの巨大軸索での活動電位のメカニズムを研究していた生理学者オットー・シュミットがそのメカニズムに触発されて発明した。参考 https://t.…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 動画の変速は学習スタイルとも関係する。こちらの研究では,映像コンテンツの高速提示において,学習スタイル別の情報処理プロセスと学習効果の関連性を検討している。 映像コンテンツの高速提示が学習効果に与える影響 学習スタイルと二重チャンネルモデルに…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
井上先生の2008年の論文。自閉症支援に関するエビデンスの「つくる」「つたえる」「つかう」。 J-STAGE Articles - 自閉症に対するエビデンスに基づく実践を我が国に定着させるための戦略(特集号 エビデンスに基づいた発達障害支援の最先端23巻1号追加論文) https://t.co/7UWxuJCzwq
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @4QuorumSensing: エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシンの病態生…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @yachu93: もちろん,廣瀬先生たちの論文にも目を通されることを強くお勧めしております。 https://t.co/9t5Ug26nJv
もちろん,廣瀬先生たちの論文にも目を通されることを強くお勧めしております。 https://t.co/9t5Ug26nJv
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
RT @coni_sumi: ・「人は往々にして、このような目立つ部分に目を奪われがちで、問題は往々にしてそこで形成されがちだ」 ・「人は社会を喪失するというプロセスを生きるのだ」 北垣徹 ロベール・カステル著 『社会喪失の時代―プレカリテの社会学―』 明石書店,2015…
坂上貴之 「行動分析学と経済学 : 進化的枠組みの中での共同作業をめざして」 https://t.co/sKYai15F7Z
面白そうな論文があった。まだ読んでないけど。1997年なんだなあ。 "行動経済学と選択理論(<特集>選択行動研究の現在)" https://t.co/ymzt9ofDq3
新人OT、学生さんは必見です。『傾聴』の大切さが改めて理解できる論文だと思いました。当事者の立場から見る『傾聴』の意義を再確認し、明日からの臨床に活かしていきたいところですね。 https://t.co/hhoO9T7xWw
RT @frantuyozehu: ブルクハルトの三十年戦争の翻訳をネットで読めるとか激エモすぎる。 https://t.co/3gTWLE7Xf6
RT @monogragh: 「~の可能性が強い」という表現に目にして、可能性とは強弱の尺度を持つのか?高い低いでは?とモヤモヤきていたところ、用例を調べた地道な研究があった。 「可能性が高い/大きい/強い」に使い分けはあるか https://t.co/wJfMPPZckp
「~の可能性が強い」という表現に目にして、可能性とは強弱の尺度を持つのか?高い低いでは?とモヤモヤきていたところ、用例を調べた地道な研究があった。 「可能性が高い/大きい/強い」に使い分けはあるか https://t.co/wJfMPPZckp
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
錯視 人工知能 立命館  予測符号化 受動意識仮説  予測的符号化・内受容感覚・感情 - J-Stage  https://t.co/FIec0AuN1R  大平英樹 著 - 2017 - 関連記事 された仮説を検証した実証的研究も現在のところほとんどない。 ... 予測的符号化. 脳は,感覚器官から入力される刺激に受動的に反応.
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
一本道よりも山道の方が短く感じるのはなぜ?という質問を受け,まずそんな現象あるのかしらと調べていたら,緑の中を歩く(緑の中にいる)と時間が過ぎるのが早いように感じるという研究があって,へーってなった。建築系の日本語論文です。 https://t.co/MXuejzlbhe
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
RT @no2_notes: 下記では、東日本大震災を契機に、民主党政権下で議事録作成検討が始まったあたりから、自公連立政権下の特定秘密保護法制定と公文書管理法改正までの確認、閣議議事録などの作成プロセスを確認している。 青山英幸「覚書 公文書管理法における『行政文書』につい…
RT @no2_notes: こちらでは、日本と諸外国(主にアジア諸国)とを比較しつつ、情報公開や公文書管理について大まかな事の経緯と論点を整理している。 浜田忠久・小川千代子・小野田美都江「社会的状況の国際比較による情報公開、公文書管理、秘密保護に関わる考察」2016年 h…
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO

1295 65 18 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO