著者
又吉 里美
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.3, no.1, pp.49-64, 2007-01-01

本稿は、沖縄津堅島方言の手段表示機能を有する格助詞を取り上げ、構文論的な分析を行い、助詞の意味機能を見出そうとするものである。本稿の結論は以下の三点である。1.津堅島方言の手段表示機能を有する助詞には〓i、〓ka、karaの三つの助詞があることを見出した。2.三つの助詞は承接する名詞、結合する動詞によって使い分けられる。動詞の性質との関わりに注目すると、特に「動作行為、変化、移動」の性質を持つ動詞と結合し、これらの動詞の性質によって取りうる助詞が異なる。その対応関係は次の通りである。〓iは動作行為/状態変化の動詞と対応する。〓kaは位置移動/形質(状態)変化/状態変化の動詞と対応する。karaは移動動作/情報発信/情報獲得/生成の動詞と対応する。3.〓ka、karaと結合する動詞は動作行為、状態変化の中でもより限定された性質を持つ。その結果、承接する名詞も自ずから限定される。しかし、〓iはこのような限定の制約がない。その結果、〓kaやkaraの意味機能を獲得しつつあり、使用範囲を拡張しつつある。

言及状況

Twitter (2 users, 15 posts, 0 favorites)

沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
こんな論文どうですか? 沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について(又吉 里美),2007 http://id.CiNii.jp/afmKL

収集済み URL リスト