『日本語の研究』論文紹介bot (@jpling_bot)

投稿一覧(最新100件)

節用集の辞書史的研究の現況と課題(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/nmV3kdOaNe
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
現代日本語における文法化--内容語と機能語の連続性をめぐって (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/dIPB1YRVTh
KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の開発 (特集 資料研究の現在) https://t.co/XTCAY6aPky
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmdapXK
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
条件表現史にみる文法化の過程 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/mPRKMWKXYG
四字漢語の語構成パターンの変遷(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/VnJDFxZUBO
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
指示的換喩と意味変化--名前転送における語彙化のパターン https://t.co/TKRRm1FD20
方言伝播における社会的背景--「シャテー(舎弟)」を例として https://t.co/v3izcxlElO
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
ロシア資料にみる18世紀前半鹿児島方言の「テアル」「テオル」 https://t.co/mJ7xw2zkRj
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
証拠表示化する「と」と談話構造--頻度から見た文法化の層状的拡大 https://t.co/vZmnWd8Dsn
古代日本語資料としての仮名散文作品研究の課題--語の認定をめぐる原典批判論的知見について (特集 資料研究の現在) https://t.co/nPojZgVmJ0
たましゐをいれべきてには : 副助詞論の系譜 https://t.co/91q5UCjR2W
中世末のテアル文にみられる完成の用法について(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/UPW53nvJUg
上代人名の様相--記・書紀における長幼の序列による対比的命名を中心に https://t.co/dJua0imerf
p音再考--琉球方言ハ行子音p音の素性 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/DcGorPqL63
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
主節主体の動きを表す動詞終止形に接続するトテについて──引用と異なる機能の分析── https://t.co/r3AHDSNdYe
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
能登島諸方言におけるアクセントの変化 : 「語頭隆起」とその後 https://t.co/tjgnmOQ7BL
音響的指標に基づく話者分類からみたあいまいアクセント——東京・千葉・埼玉の複数域を対象とした多人数調査結果から—— https://t.co/XhqLikBGeE
九州地方における「天国」の受容史 : 宗教差,地域差,場面差 https://t.co/tEAZtGosFo
現代日本語における実現可能文の意味機能--無標の動詞文との対比を通して https://t.co/ZfXRaGLA7w
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
狭母音の無声化の全国的地域差と世代差 https://t.co/pOy0Ufu1H7
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
ロシア資料にみる18世紀前半鹿児島方言の「テアル」「テオル」 https://t.co/mJ7xw2zkRj
三巻本『色葉字類抄』における「作」注記について https://t.co/iVwRD3Q0le
節用集の辞書史的研究の現況と課題(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/nmV3kdOaNe
雑誌『太陽』『明六雑誌』における程度副詞類の使用状況と文体的傾向(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/KBRCNQPiL4
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
明治・大正期における新聞の仮名遣い改革 https://t.co/BngqRKhUMr
『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcn7HU7
中古和文における体言下接の終助詞カナ・ヤ https://t.co/x9BihHhh7Z
商品名の命名メカニズム--家庭用電気製品「三種の神器」を例に https://t.co/zdbpIm3TIV
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
琉球語から見た日本語希求形式=イタ=の文法化経路(<特集>琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/Pc35nYwras
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
『今昔物語集』と『宇治拾遺物語』の同文説話における語の対応 : 語の文体的価値の記述 https://t.co/fFhvutl0Hy
副詞「どうぞ」の史的変遷 : 副詞からみた配慮表現の歴史,行為指示表現の歴史(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/F8ySDExVbP
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
「ちょっと」類連体表現の歴史──二つの型による機能分担の形成過程── https://t.co/xBnMUKhLXh
『古今和歌集』詞書の「ハベリ」の解釈--被支配待遇と丁寧語の境界をめぐって https://t.co/NkXVcWrEMk
係り結びと不定構文──宮古語を中心に── https://t.co/ALWwyxGunB
中古和文における体言下接の終助詞カナ・ヤ https://t.co/x9BihHhh7Z
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh
近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について https://t.co/invGqy20YP
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
体言承接のタリの位置づけ https://t.co/RSYkxNHVe7
文法化と借用--日本語における動詞の中止形を含んだ後置詞を例に (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/FKh3xVf4A4
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
中世前期の日本語史料における暦日語彙--「ひついで」と「ひなみ」と「ひがら」についての基礎的検証 https://t.co/3fnatekuFx
行為指示表現の歴史的変遷--尊敬語と受益表現の相互関係の観点から https://t.co/bOO9x1str9
琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式 https://t.co/c2c61ciT9J
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
明治検定期読本における平仮名字体 https://t.co/t8LY5boh6f
危機言語ドキュメンテーションの方法としての電子博物館作成の試み--宮古島西原地区を中心として (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/iWV8TIlD1m
『桑名日記』にみる近世末期下級武士の待遇表現 https://t.co/xBPqlY967T
名詞句位置のカの歴史--選言・不定用法を中心に https://t.co/sOCdbyWVRp
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
函館市中央図書館蔵「蠣崎文書」に見る松前藩士の音韻状況 (特集 資料研究の現在) https://t.co/by9pmWfxUa
p音再考--琉球方言ハ行子音p音の素性 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/DcGorPqL63
近代以降の日本語における非情の受身の発達 https://t.co/tWscvnh82p
動詞重複構文の歴史 https://t.co/raFAjGervf
動詞のテ形を伴う節の統語構造について--付加構造と等位構造との対立を中心に https://t.co/VgY3CxMH0S
「ちょっと」類連体表現の歴史──二つの型による機能分担の形成過程── https://t.co/xBnMUKhLXh
日本語学史におけるシーボルトの位置付け--関係資料からの追求 (特集 資料研究の現在) https://t.co/6LraD770j1
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
富山県呉西地方における尊敬形「~テヤ」 : 意味・構造の地域差と成立・変化過程 https://t.co/VWc3PJpUek
高橋五郎『「和漢/雅俗」いろは辞典』の資料性 https://t.co/OYzsGSTTDU
『細雪』四姉妹の待遇表現--尊敬語に見られる特徴 https://t.co/0R29mPKlNM
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
『英和対訳袖珍辞書』初版草稿の諸相と蘭書の利用 https://t.co/joxpb1guTP
平安和文会話文における連体形終止文 https://t.co/1ab861sqnC
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllMKOA
『和蘭字彙』電子テキスト化による『英和対訳袖珍辞書』初版の訳語の研究 https://t.co/qnww3C7ClB
雑誌『太陽』『明六雑誌』における程度副詞類の使用状況と文体的傾向(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/KBRCNQPiL4
鹿児島県北薩方言の文末詞セン : 用法の変化に注目して https://t.co/YxQZCDYakS
『桑名日記』にみる近世末期下級武士の待遇表現 https://t.co/xBPqlY967T
琉球方言の焦点化助辞と文の通達的なタイプ (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/0ID7apwza1
中世呉音字音直読資料における境界の消滅について https://t.co/t9pXfF32o5
関西若年層にみられる標準語形ジャナイ(カ)の使用 https://t.co/imYPOTlpv3
日本語の文法化の形態論的側面 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wooxCHgLC2
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
『今昔物語集』のアスペクト形式Vテイル・テアルについて https://t.co/ZuoLDmVOYL
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
宇和島市九島方言アクセントについて--調査報告内容のズレの理由と,変遷についての再考 https://t.co/rPAQ52vnxz
主節主体の動きを表す動詞終止形に接続するトテについて──引用と異なる機能の分析── https://t.co/r3AHDSNdYe

お気に入り一覧(最新100件)

日本語東北方言と韓国語の〈過去〉の表現について https://t.co/94Eksjevr3

フォロー(878ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(716ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

13 9 9 9 OA 〔雑字類書〕

RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…

19 9 9 9 OA 節用集 : 易林本

RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…

14 9 9 9 OA 下学集 : 2巻

RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…
RT @JUMANJIKYO: ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』…

13 9 9 9 OA 〔雑字類書〕

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

19 9 9 9 OA 節用集 : 易林本

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

14 9 9 9 OA 下学集 : 2巻

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO
ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO
Meaning and Function of Non-Finite Forms of Verbs in Durative Aspect: Comparing Shiteite and Shiteori Forms https://t.co/kt55qRH5eD
Accent in the Kushima Dialect of Uwajima City : Reasons for Discrepancies in the Analyses of Earlier Surveys and a… https://t.co/X9OCGBKtU5
RT @mano_arinoske: @hctrhctr 出典入りませんでしたがここから引きました。 https://t.co/KNo9QtedRo 山橋(1997)は山橋(1999)の間違いだと思います。 https://t.co/Idpcki8RQw
The Influence of Religion, Region and Situation on the Acceptance of the Term Tengoku (Paradise or Heaven) in the K… https://t.co/t6TeEY1qu9
Tearu and Teoru as Seen in Russian Materials Reflecting the Early 18th Century Kagoshima Dialect https://t.co/1NSPUO2SpW
The development of inanimate-subject passive in Japanese in modern times https://t.co/pC50Bx11JX
Diachronical changes in offering expressions: usages of benefactive expressions https://t.co/gTJgoGDXoI
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
Regional and Generational Variations of VOT in Initial Voiced Plosives : An Analysis of the Tohoku-Kanto Area https://t.co/8TzxwNDGFK
Honorifics of the samurai class at the close of the feudal era, as seen in Kuwana Nikki https://t.co/2cgIuQgvTT
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
A Source of Headwords in the Manuscript of Waei-gorin-shusei : Relationship between the Manuscript and Gazoku-yogak… https://t.co/CGVA5EzRRw
Honorific auxiliary verbs and addressee-oriented honorific sentence-final particles in the Taketomi dialect https://t.co/GRRYO3oS5M
The change of -te + specifier construction of Kamigata dialects https://t.co/6Mjt1dVy9N
Annotations Employing the Character saku(作) in the Three-volume Edition of the Iroha Jiruisho https://t.co/9kDrNFGxqu
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
The Grammaticalization and Semantic Change of Honorifics in Japanese(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese) https://t.co/PqxFS3lm8M
A Study of the Japanese Adjectival Suffix "-kuroshii" https://t.co/AgqCDw30dw
RT @syashingo: @asahi_gdigimo 防衛白書上では「尖閣諸島、竹島、沖縄、宮古島、鹿児島、福岡、旭川、名寄の位置を間違えている」「先島諸島が台湾領と表記され、北方領土が日本領から除外されている」「香港が中国から独立していたり」している。 https://…
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
On the sound values of Ryukyuan language /ha/ and /ka/ in the Liuqiu ruxue jianwenlu https://t.co/VZdjoaU1W3
The Remnants of Japanese in Taiwan : Focusing on First Person Pronouns https://t.co/7ELnfrBj4N
The adjective class in Irabu Ryukyuan https://t.co/PcvX9l5YKf
On the basic forms of aspect-tense system in the Tohoku dialects: correlation between changes in form and grammatic… https://t.co/2tTpvqPwXS
The Colloquial Material of Kitanoin Omuro Shukaku "守覚" Priest Imperial Prince : with Special Reference to the Langu… https://t.co/40UwnX01dg
An age analysis of devoicing rates in five Japanese dialects https://t.co/4OpR1CXv8Z
The |ga|-type kakari musubi hypotheses and their verification based on descriptive studies of Ryukyu-archipelago di… https://t.co/wgGP8Hqga2
Yoru-gohan: from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure https://t.co/ysmO5qdeO3
The structure of the relation-complement types of noun modification https://t.co/xZNfrI8diZ
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
The History of the Past-Negative Form in the Kagoshima Dialect https://t.co/nUqMO0hGij
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
The history of Ka in NP-positions: focusing on disjunctive and indeterminate use https://t.co/oQZvFxsAp3
Morphological Analysis of Kana Literature in Early Middle Japanese https://t.co/KRhEnp93ph
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
Origin of the Potential Verb in Japanese https://t.co/ABeDDBnMK8
Perspectives on Grammaticalization in Japanese : Survey and Theoretical Issues(<Special Issue>Grammaticalization in… https://t.co/qxSSciVozs
On the Adnominal Usage of Auxiliary mu https://t.co/WiRKd6gEZx
Current Value of the Survey of Grammar and Phonology by the National Language Research Committee : A Study on the M… https://t.co/cpq8J0VEIo
A study of the conjunctive particle keredomo during the Edo and Meiji period: a comparison with ga https://t.co/0ElUY4JpGT
The Historical Change of the Meaning of Mizu-kusai : Focusing on the Coexistence with Mizu-ppoi https://t.co/SUolPfiiLY
Speaker's Recognition in the so Adnominal Form Construction in Ancient Japanese: Relationship to Adjectival Sentenc… https://t.co/h3I8MFtCAl
A Study of the Translated Words in the Ei-wa Taiyaku Shuchin Jisho First Edition by Producing an Electronic Text of… https://t.co/uw0wIfjdo1
Accent in the Kushima Dialect of Uwajima City : Reasons for Discrepancies in the Analyses of Earlier Surveys and a… https://t.co/7lnko2Vqjs
A study of yari-morai constructions in the honorific-priority system, especially focusing on Taborun in the Yaeyama… https://t.co/Q9ebuKaSkP
@zeeksphere これでしょうか。 https://t.co/aj7cuG5wrn
「Gerhard式発音表記の再評価」(https://t.co/LtUm9SO9D9)という記事がある。Gerhard式の宣伝記事でもネットに書こうかと思ったが、こういう先行研究がある以上先行研究を読まずに適当に書き散らかすことは… https://t.co/C2MvgS0f1c
The Distribution of the Subject Markers no, ga and ϕ in Noun Clauses in Old Japanese https://t.co/kn1GQLDXfp
A Study of the Japanese Adjectival Suffix "-kuroshii" https://t.co/AgqCDw30dw
A History of the Study of the Japanese Imperative in the Edo Period https://t.co/BOE8u6r6hR
Perspectives on Grammaticalization in Japanese : Survey and Theoretical Issues(<Special Issue>Grammaticalization in… https://t.co/rpbkxMsZcj
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4RvlA8e
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7hfgNI
A History of the Study of the Japanese Imperative in the Edo Period https://t.co/BOE8u6IHGr
The history of verb reduplication constructions https://t.co/e5qWaP8aae
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS4396vt
The Romanized Orthography of Ishikawa Takuboku's Romaji Nikki https://t.co/8wR0Pv343v
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
Voiced Fricative Geminates in Kuroshima Ryukyuan https://t.co/HUuVOrsU9e
The history of verb reduplication constructions https://t.co/e5qWaOQyLE
The blossoms fall in a flurry: mu-type auxiliary verbs and "conceptualization" https://t.co/pcktWbipgK
Unearthed materials as sources of old Japanese language data https://t.co/Ji7DXq7y9t
The Anegakojishiki and the changing Yasumenorui https://t.co/8wEuiwcMhn
The structure of the relation-complement types of noun modification https://t.co/xZNfrI8diZ
The nature of information on "Wakan-gazoku iroha-jiten" by Takahashi Goro https://t.co/3YgNSeVI28
Variants of Kana Characters Chosen to Desensitize Readers to the Logogrammatic Meanings of Chinese Characters : Foc… https://t.co/7Q9rEThhcg
RT @madeinwariofan: @Takagi_ryuusa 「漢字に代はる新日本の文字」についての 詳しい 資料は,上巻が あります。 https://t.co/4HSnwrBi29
Tsubei and Tsubeshii : The Shiku Conjugation Change of the Auxiliary Verb Beshi https://t.co/ECBkeRmuRa
Speaker's Recognition in the so Adnominal Form Construction in Ancient Japanese: Relationship to Adjectival Sentenc… https://t.co/fovlwEbHO6
Annotations Employing the Character saku(作) in the Three-volume Edition of the Iroha Jiruisho https://t.co/9kDrNFGxqu
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
Referntial metonymy and meaning change: patterns of the lexicalization in name transfer https://t.co/eKojLyI2UG
Yoru-gohan: from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure https://t.co/ysmO5qdeO3
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
Focus marking particles and modality types in the Ryukyuan language https://t.co/8Ncrwmhn3G
Usage of the Standard Form -janai (ka) by Young Speakers of Kansai Dialect https://t.co/PWO9CLaNAA
The Significance of Jukan-bon Setsuyashu(寿閑本節用集) : A Description of Setsuyoshu(Japanese Lexicon), during the Mediev… https://t.co/H1alkSl6pU
A Study of the Japanese Adjectival Suffix "-kuroshii" https://t.co/AgqCDw30dw
A Study of the Function of the Case Particles Marking Instrument or Material in the Okinawa Dialect of Tsuken Islan… https://t.co/9g5Jvf9RH9
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
The Formation of the Concept of Japanese Parts of Speech Keiyoshi and Rentaishi in Modern Japanese Grammar https://t.co/6sd3DG1pjw
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
CiNii 論文 -  英語の語強勢について(英語における強勢の記述-1-) https://t.co/r26UNSiFTr #CiNii