『日本語の研究』論文紹介bot (@jpling_bot)

投稿一覧(最新100件)

日本語の否定命令文をめぐって--「スルナ」を述語とする文の特性と機能 https://t.co/QgdYsV2xaq
方言伝播における社会的背景--「シャテー(舎弟)」を例として https://t.co/v3izcxlElO
竹富方言の敬語補助動詞と対者敬語的終助詞 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/r2sQF9qpIN
宮城県登米郡中田町方言の述語のパラダイム--方言のアスペクト・テンス・ムード体系記述の試み https://t.co/4aSmwSigtb
東北方言における基本的時間表現形式について--形式の変化と文法体系との相関 https://t.co/7L6xO58nC3
「ツベイ」と「ツベシイ」 : 助動詞「ベシ」のシク活用化について https://t.co/KMhkrYvYGS
上代人名の様相--記・書紀における長幼の序列による対比的命名を中心に https://t.co/dJua0imerf
近世上方における連用形命令の成立 : 敬語から第三の命令形へ https://t.co/Bts9NbnBO2
近世後期の活用研究とテニヲハ論における〈命令形〉 https://t.co/KcnfZXKow6
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
語彙史・語構成史上の「よるごはん」 https://t.co/Z4DOR4kJbp
危機言語ドキュメンテーションの方法としての電子博物館作成の試み--宮古島西原地区を中心として (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/iWV8TIlD1m
近世初期における指示詞「これ」の感動詞化 https://t.co/gkOuePZIGy
日本語可能形式にみる文法化の諸相 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/X227wYZmTH
中古仮名文学作品の形態素解析 https://t.co/qjQJf0fM8d
感動詞・曖昧指示表現・否定対極表現について--ソ系(ソ・サ系列)指示詞再考 https://t.co/A0AjhJzeDi
叙法副詞「なにも」の成立 https://t.co/bJdtJbdhXr
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
近世上方における尊敬語化形式「テ+指定辞」の変遷 https://t.co/JRBGfHq6LG
琉球語から見た日本語希求形式=イタ=の文法化経路(<特集>琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/Pc35nYwras
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
近代以降の日本語における非情の受身の発達 https://t.co/tWscvnh82p
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmdapXK
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
補助動詞テモラウの機能拡張 https://t.co/1noguN2CUi
感動詞・曖昧指示表現・否定対極表現について--ソ系(ソ・サ系列)指示詞再考 https://t.co/A0AjhJzeDi
『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcmQ72z
関西若年層にみられる標準語形ジャナイ(カ)の使用 https://t.co/imYPOTlpv3
八重山地方の授受動詞タボールンと中世語「給はる」--敬意優先の授受動詞体系 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/biz9UrErPE
現代語の感動文の構造--「なんと」型感動文の構造をめぐって https://t.co/GFClarptQO
地方語文献資料としての庶民記録--飢饉資料・農事日記・年代記について https://t.co/DDq9PzGuSW
中古語の名詞修飾節における主語の表示——無助詞と「の」と「が」の相互関係—— https://t.co/xa9oZQjBLV
琉球語*i-(自動詞する)の文法化--文字資料の無い言語の研究例 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/AaSsTudOwP
「むざん」の語義変化 : 形容詞の統語的機能との関わりから https://t.co/zQNy5KwWv6
中世前期の日本語史料における暦日語彙--「ひついで」と「ひなみ」と「ひがら」についての基礎的検証 https://t.co/3fnatekuFx
補助動詞テモラウの機能拡張 https://t.co/1noguN2CUi
「お」の使い分けにみる美化語の循環過程--「お使い分け」データの解釈 https://t.co/mWVNZcrjBV
空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式とテクスト : 「そびえる」の場合 https://t.co/6aYGpTaLbd
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
漢字「便」における字音と意味の関係の形成 https://t.co/d7S8i9BjXF
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
名詞句位置のカの歴史--選言・不定用法を中心に https://t.co/sOCdbyWVRp
鎌倉時代における仮名文書の「とん」 : 固定的連綿 https://t.co/9AzhgGb3SZ
「言便」名義考 https://t.co/tpPVjCThW4
狂言台本における助詞バシ https://t.co/VJgA5pXGL9
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
「ちょっと」類連体表現の歴史──二つの型による機能分担の形成過程── https://t.co/xBnMUKhLXh
地方語文献資料としての庶民記録--飢饉資料・農事日記・年代記について https://t.co/DDq9PzGuSW
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
申し出表現の歴史的変遷--謙譲語と与益表現の相互関係の観点から https://t.co/JMWs1JQpE1
現代語の感動文の構造--「なんと」型感動文の構造をめぐって https://t.co/GFClarptQO
中世前期の日本語史料における暦日語彙--「ひついで」と「ひなみ」と「ひがら」についての基礎的検証 https://t.co/3fnatekuFx
壁塗り代換を起こす動詞と起こさない動詞--交替の可否を決定する意味階層の存在 https://t.co/xCbx8SBxR1
「変体漢文」の研究史と「倭(やまと)文体」 https://t.co/QJTeCEjMSM
琉球諸語に関する社会言語学研究 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/sAPvVvVCqX
上代「-ソ-連体形」文における話し手の認識と形容詞述語文 https://t.co/IbPyWOCFMQ
『英和対訳袖珍辞書』初版草稿の諸相と蘭書の利用 https://t.co/joxpb1guTP
日本語の否定命令文をめぐって--「スルナ」を述語とする文の特性と機能 https://t.co/QgdYsV2xaq
日本語の文法化の形態論的側面 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wooxCGZads
Exercises in the Yokohama Dialectと横浜ダイアレクト https://t.co/lfgku54IjL
函館市中央図書館蔵「蠣崎文書」に見る松前藩士の音韻状況 (特集 資料研究の現在) https://t.co/by9pmWfxUa
「食感」の語誌--新語の定着とその要因 https://t.co/y3ZeYFDfnA
KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の開発 (特集 資料研究の現在) https://t.co/XTCAY6aPky
『和英語林集成』「原稿」が依拠した一書--『雅俗幼学新書』との関わり https://t.co/Ry4bncZ6uy
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
危機言語ドキュメンテーションの方法としての電子博物館作成の試み--宮古島西原地区を中心として (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/iWV8TIlD1m
関西若年層の用いる同意要求の文末形式クナイについて https://t.co/8YRdnzSGC4
現代日本語における実現可能文の意味機能--無標の動詞文との対比を通して https://t.co/ZfXRaGLA7w
ことばの伝わる速さ--ガンポのグロットグラムと言語年齢学 https://t.co/3nLz9nKOSw
体言承接のタリの位置づけ https://t.co/RSYkxNHVe7
沖縄津堅島方言の手段を表示する格助詞の機能について https://t.co/s5uWChtL7l
しづ心なく花のちるらむ--ム系助動詞と「設想」 https://t.co/fxPohlxinI
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
上代「-ソ-連体形」文における話し手の認識と形容詞述語文 https://t.co/IbPyWOCFMQ
複合助詞「であれ」「にせよ」「にしろ」の変遷 https://t.co/MYLFbfzV05
動詞中止形の継続相の意味・機能──シテイテとシテオリとの比較による分析── https://t.co/DvWNjucFir
Exercises in the Yokohama Dialectと横浜ダイアレクト https://t.co/lfgku54IjL
中世呉音字音直読資料における境界の消滅について https://t.co/t9pXfF32o5
院政期訓点資料研究の一問題--真言宗における教学的交流を巡って (特集 資料研究の現在) https://t.co/ES20WZvRB5
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
係り結びと不定構文──宮古語を中心に── https://t.co/ALWwyxoSZ1
方言伝播における社会的背景--「シャテー(舎弟)」を例として https://t.co/v3izcxlElO
琉球方言の焦点化助辞と文の通達的なタイプ (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/0ID7apwza1
近世京都における複合名詞アクセントの史的変遷--和語から成る{2+3構造}の複合名詞について https://t.co/D4BF8cfQgN
江戸語・明治期東京語における接続助詞ケレド類の特徴と変化--ガと対比して https://t.co/tW7JlK75wu
条件表現史にみる文法化の過程 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/mPRKMWKXYG
語頭有声破裂音の半有声音化と語中有声化・鼻音化--鹿児島の分析を中心に https://t.co/ecaOrwulee
台湾高年層の日本語にみられる一人称代名詞 https://t.co/Dz2mV0qSTC
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
現代日本語における実現可能文の意味機能--無標の動詞文との対比を通して https://t.co/ZfXRaGLA7w
日本語敬語の文法化と意味変化 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/Cmt1bj1FC0
5地域に見る無声化生起率の年齢的変化 https://t.co/bfmo0cemvw
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmcSP6c
日本語学史におけるシーボルトの位置付け--関係資料からの追求 (特集 資料研究の現在) https://t.co/6LraD770j1
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
語彙史・語構成史上の「よるごはん」 https://t.co/Z4DOR4kJbp
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
日本語東北方言と韓国語の〈過去〉の表現について https://t.co/94Eksjevr3

お気に入り一覧(最新100件)

日本語東北方言と韓国語の〈過去〉の表現について https://t.co/94Eksjevr3

フォロー(586ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
The subject of ancient kana prose works research as Japanese ancient language materials: how research into textual… https://t.co/84xafrzkac
RT @NIJL_collectors: 『青森県師範学校一覧. 明治39年』掲載の平面図https://t.co/K85vY8AQ7U 意外と図書室が小さい https://t.co/5trO9QhBhD
On Shokkan (食感) : A Historical Study of a Neologism https://t.co/tuQvjSF8A4
The Hiragana Graphemes in Authorised Elementary School Reading Books of the Meiji Period https://t.co/NNAKPcxYN5
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAmUOUD
Various phases in the draft of Ei-wa Taiyaku Shuchin Jisho first edition with reference to some dictionaries publis… https://t.co/pK7buQ82wD
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
The word formation of provisional compound words as an alternative to word groups: focusing on "A-teki na B" and "A… https://t.co/7zmNDP2znw
Evolution of the Potential Expression in Affirmative Sentences Using ru/raru-form https://t.co/PVRuWehedV
A Study on the Social Background of Dialectal Propagation : Using Shatei as an Example https://t.co/2Ejfh0lHqL
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
栁田直美(2009)「接触場面における母語話者の情報やりとりの特徴の記述―情報やりとりの発話カテゴリーの設定に向けて―」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』24, pp.51-68, 筑波大学留学生センター https://t.co/TrC35nAIQL
The Establishment of -Te + Specifier Construction in Kamigata Dialects https://t.co/za1d2AfNoo
Referntial metonymy and meaning change: patterns of the lexicalization in name transfer https://t.co/eKojLyI2UG
The correlation between generality/distinctiveness and the transition in the history of Japanese writing systems https://t.co/0wGL9AweNE
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
The Study of the Gonbin https://t.co/hS4UPHJkAI
The Status of Borrowed Items in Japanese Terminologies https://t.co/llkoFxuvCk
A study on the disappearance of reading boundaries in medieval texts read according to go pronunciation https://t.co/SnG0QhbIcd
RT @kuma_kazu: CiNii 論文 -  小説『野ブタ。をプロデュース』に見る自己愛 : ペルソナと自己プロデュース https://t.co/X5UYnufHd5 #CiNii
The Diachronic Development of the Sani-construction and a Causal Particle sani https://t.co/iAdl57e3EM
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
The Emphatic Particle Bashi in Kyogen Daihon https://t.co/KoRMoJljDY
栁田直美(2008)「中上級レベルの「討論会」における準備活動の効果-アイスブレーキングとプレ討論会-」『日本語教育方法研究会誌』15-2, pp.34-35, 日本語教育方法研究会 https://t.co/EMvWrqmGyz
Tsubei and Tsubeshii : The Shiku Conjugation Change of the Auxiliary Verb Beshi https://t.co/ECBkeRmuRa
The Historical Change of the Meaning of Mizu-kusai : Focusing on the Coexistence with Mizu-ppoi https://t.co/SUolPfiiLY
Honorifics of the samurai class at the close of the feudal era, as seen in Kuwana Nikki https://t.co/2cgIuQgvTT
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
A Historical Study of Quasi-nominal particles in Japanese Dialects https://t.co/rvqoynlmcE
The |ga|-type kakari musubi hypotheses and their verification based on descriptive studies of Ryukyu-archipelago di… https://t.co/72hpxdSBJM
The History of Attributive Representation of Chotto Class Adverb https://t.co/ewksqFXMau
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
ラジ先生のはこれかな>CiNii 論文 -  納得の基準-心理学者がしていること- https://t.co/OgX8zSkK1q #CiNii
A Contrastive Study of Grammaticalization Processes in Japanese and Korean : A Typological Perspective(<Special Iss… https://t.co/YAHOQy1E2N
RT @jpling_bot: 『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcmQ72z
A Study of Interjectional, Vague and Negative Polarity Uses : A Re-examination of so-Demonstratives https://t.co/t3ntxPKjQG
Historical Development of the Nominalization Construction in the Kamigata Dialect of Japanese https://t.co/cqVSVHC1sZ
Predicting the Diffusion of Western Loanwords in Japanese Based on the Apparent-Time Hypothesis https://t.co/ZoQvu80rcG
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
Predictions of dialect standardization by the "life-long assimilation of language change" model https://t.co/nHaUpp5w2C
The History of the Study of "Anomalous Chinese Writing Style" and "Yamato Writing Style" https://t.co/usGxQtgf6L
On the borderline between referent honorifics and addressee honorifics: an interpretation of Haberi in the Kokinshu https://t.co/IGw4FX4W6D
The blossoms fall in a flurry: mu-type auxiliary verbs and "conceptualization" https://t.co/pcktWbipgK
On KUROKAWA Mayori's Gogaku-zatsuzu https://t.co/yPJdutIwST
Accent in the Kushima Dialect of Uwajima City : Reasons for Discrepancies in the Analyses of Earlier Surveys and a… https://t.co/zErE8cALyP
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
On the semantic function of actual potentials in modern Japanese: contrasted with unmarked verbs https://t.co/G8wakUXsnL
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
On chatta: An Honorific Form Appearing in a Kyoto-printed Sharebon Published in the Second Half of the Edo Era https://t.co/WjcYXIDS9K
On Negative Imperative Sentences in Japanese : The Properties and Functions of Sentences with the Predicate suruna https://t.co/RciNKhBEDB
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aBhs0w
The change of -te + specifier construction of Kamigata dialects https://t.co/6Mjt1dVy9N
Patterning of Discourse Markers in Japanese Dialects : Comparison of Tokyo, Osaka and Sendai Dialects https://t.co/W2FcoShUCH
The Significance of Jukan-bon Setsuyashu(寿閑本節用集) : A Description of Setsuyoshu(Japanese Lexicon), during the Mediev… https://t.co/et003IPFJW

33 11 11 0 OA 実用図按装飾文字

RT @TOYOLibrary_asa: 『まちの文字図鑑 よきかなひらがな』の「もじコラム1」で紹介されている日本最古の描き文字集『実用図按装飾文字』は「国会図書館デジタルコレクション」で全ページを見られますよ。 こちらからどうぞ→ https://t.co/NpdWXYoS…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
The Resultative of Change by V-teari: From the Viewpoint of the Relation with V-tari https://t.co/jDmcesYUrh
A Process of Grammaticalization Seen in the History of Japanese Conditional Expressions https://t.co/FH3MPMQcq7
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
Analysis of noun phrase coordination markers in Japanese: the case of To, Ya, and Mo https://t.co/9UkEOrVCPT
RT @SendaiHisCafe: 哲学者アリストテレスも美女の魅惑には勝てず、馬乗りになって鞭打たれることすら受け入れてしまった、という逸話は中世ヨーロッパに流布していましたが、その起源を探る論文がこちら。 https://t.co/0KVckR50kT
Annotations Employing the Character saku(作) in the Three-volume Edition of the Iroha Jiruisho https://t.co/9kDrNFGxqu
Yoru-gohan: from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure https://t.co/ysmO5qdeO3
On Shokkan (食感) : A Historical Study of a Neologism https://t.co/tuQvjSF8A4
【イギリス】英国における情報公開―2000年情報自由法の制定とその意義―『外国の立法』216号, 2003.05. https://t.co/DG5ujeZrUu #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
【フランス】[主要立法(翻訳・解説)]フランスの文書保存法制と地方図書館―文化遺産法典への編入とその経緯『外国の立法』232号, 2007.06. https://t.co/AjJHrD4c5k #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
【中国】[主要立法(翻訳・解説)]中国の政府情報公開条例『外国の立法』235号, 2008.03. https://t.co/QSymYv7r9X #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
【アメリカ】[主要立法(翻訳・解説)]アメリカ情報公開法の改正―2007年政府公開法『外国の立法』237号, 2008.09. https://t.co/XOKFTP8sj7 #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開

4 4 4 0 OA 短信

【フランス】[短信]公文書のアーカイブに関する法律の制定『外国の立法』237-1号, 2008.10. https://t.co/sd2UOTUAtQ #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
【アメリカ】[主要立法(翻訳・解説)]大統領記録の公開―大統領記録法とオバマ政権の大統領記録に関する大統領令―『外国の立法』240号, 2009.06. https://t.co/AK4NnUIcmG #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
行政機関における文書管理―国の説明責務に係る論点と改善方策―『ISSUE BRIEF』998号, 2018.02.27. https://t.co/h1SdJRZaQB #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAmUOUD
Reform of the usage of kana in newspapers during the Meiji and Taisho Periods https://t.co/axidwAe77M
RT @NIJL_collectors: [蔵書印・徒然]CiNiiたん(の書誌作成、中の人)に感謝! 印泥が薄くて読むのを諦めていたこの印https://t.co/HrH71vKGmJ (『神道喪祭家礼』国文研, ヤ5−157)が「越北中邨濱佐藤氏所藏圖書」と読めた! 「注…
On the new sentence-final particle-kunai used by young spcakers of KanSai dialect https://t.co/O1GYPHBQWt
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
A study of materials of Japanese ways of reading Chinese classics in the Insei Period: regarding the Shingon Sect's… https://t.co/qEX2NhgQxQ
The Emphatic Particle Bashi in Kyogen Daihon https://t.co/KoRMoJljDY
The Colloquial Material of Kitanoin Omuro Shukaku "守覚" Priest Imperial Prince : with Special Reference to the Langu… https://t.co/0NOesYVFhz
A Research on the Word Form of "吉日" (lucky day), the Oldest Example of "最吉日" (the luckiest day) and "最上吉日" (the ver… https://t.co/0QUndUXz3C
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
The development of "yari-morai" constructions in pre-modern Japanese https://t.co/7OgXGmncJB
Honorific auxiliary verbs and addressee-oriented honorific sentence-final particles in the Taketomi dialect https://t.co/GRRYO3oS5M
Voiced Fricative Geminates in Kuroshima Ryukyuan https://t.co/HUuVOrsU9e
RT @arishima_takeo: 高田敦史「ストーリーはどのような存在者か」、『科学基礎論研究』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mepQc6ptFV
The Influence of Religion, Region and Situation on the Acceptance of the Term Tengoku (Paradise or Heaven) in the K… https://t.co/vrNClSWjUZ
Grammaticalization and Borrowing : Postpositions in Japanese Composed from Verbs in ren'yo or -te forms(<Special Is… https://t.co/fn8vGoIO2r
Semantic Change of Muzan from the Perspective of Syntactic Function of Adjectives https://t.co/Z0kkQmILKH
RT @NKhihyo: 古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/…
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
Welcome to the Laboratory: the birth, present, and future of the NDL Lab: https://t.co/5NIlWtCeYR https://t.co/j8qyBHxzFy
A Study of Interjectional, Vague and Negative Polarity Uses : A Re-examination of so-Demonstratives https://t.co/t3ntxPKjQG
A historical model of Japanese vocabulary structure by statistical methods https://t.co/As2JOSlC0g

フォロワー(517ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
The subject of ancient kana prose works research as Japanese ancient language materials: how research into textual… https://t.co/84xafrzkac
RT @NIJL_collectors: 『青森県師範学校一覧. 明治39年』掲載の平面図https://t.co/K85vY8AQ7U 意外と図書室が小さい https://t.co/5trO9QhBhD
On Shokkan (食感) : A Historical Study of a Neologism https://t.co/tuQvjSF8A4
The Hiragana Graphemes in Authorised Elementary School Reading Books of the Meiji Period https://t.co/NNAKPcxYN5
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAmUOUD
Various phases in the draft of Ei-wa Taiyaku Shuchin Jisho first edition with reference to some dictionaries publis… https://t.co/pK7buQ82wD
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
The word formation of provisional compound words as an alternative to word groups: focusing on "A-teki na B" and "A… https://t.co/7zmNDP2znw
Evolution of the Potential Expression in Affirmative Sentences Using ru/raru-form https://t.co/PVRuWehedV
A Study on the Social Background of Dialectal Propagation : Using Shatei as an Example https://t.co/2Ejfh0lHqL
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
栁田直美(2009)「接触場面における母語話者の情報やりとりの特徴の記述―情報やりとりの発話カテゴリーの設定に向けて―」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』24, pp.51-68, 筑波大学留学生センター https://t.co/TrC35nAIQL
The Establishment of -Te + Specifier Construction in Kamigata Dialects https://t.co/za1d2AfNoo
Referntial metonymy and meaning change: patterns of the lexicalization in name transfer https://t.co/eKojLyI2UG
The correlation between generality/distinctiveness and the transition in the history of Japanese writing systems https://t.co/0wGL9AweNE
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
The Study of the Gonbin https://t.co/hS4UPHJkAI
The Status of Borrowed Items in Japanese Terminologies https://t.co/llkoFxuvCk
A study on the disappearance of reading boundaries in medieval texts read according to go pronunciation https://t.co/SnG0QhbIcd
RT @kuma_kazu: CiNii 論文 -  小説『野ブタ。をプロデュース』に見る自己愛 : ペルソナと自己プロデュース https://t.co/X5UYnufHd5 #CiNii
The Diachronic Development of the Sani-construction and a Causal Particle sani https://t.co/iAdl57e3EM
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
The Emphatic Particle Bashi in Kyogen Daihon https://t.co/KoRMoJljDY
栁田直美(2008)「中上級レベルの「討論会」における準備活動の効果-アイスブレーキングとプレ討論会-」『日本語教育方法研究会誌』15-2, pp.34-35, 日本語教育方法研究会 https://t.co/EMvWrqmGyz
Tsubei and Tsubeshii : The Shiku Conjugation Change of the Auxiliary Verb Beshi https://t.co/ECBkeRmuRa
The Historical Change of the Meaning of Mizu-kusai : Focusing on the Coexistence with Mizu-ppoi https://t.co/SUolPfiiLY
Honorifics of the samurai class at the close of the feudal era, as seen in Kuwana Nikki https://t.co/2cgIuQgvTT
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
A Historical Study of Quasi-nominal particles in Japanese Dialects https://t.co/rvqoynlmcE
The |ga|-type kakari musubi hypotheses and their verification based on descriptive studies of Ryukyu-archipelago di… https://t.co/72hpxdSBJM
The History of Attributive Representation of Chotto Class Adverb https://t.co/ewksqFXMau
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
ラジ先生のはこれかな>CiNii 論文 -  納得の基準-心理学者がしていること- https://t.co/OgX8zSkK1q #CiNii
A Contrastive Study of Grammaticalization Processes in Japanese and Korean : A Typological Perspective(<Special Iss… https://t.co/YAHOQy1E2N
RT @jpling_bot: 『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcmQ72z
A Study of Interjectional, Vague and Negative Polarity Uses : A Re-examination of so-Demonstratives https://t.co/t3ntxPKjQG
Historical Development of the Nominalization Construction in the Kamigata Dialect of Japanese https://t.co/cqVSVHC1sZ
Predicting the Diffusion of Western Loanwords in Japanese Based on the Apparent-Time Hypothesis https://t.co/ZoQvu80rcG
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
Predictions of dialect standardization by the "life-long assimilation of language change" model https://t.co/nHaUpp5w2C
The History of the Study of "Anomalous Chinese Writing Style" and "Yamato Writing Style" https://t.co/usGxQtgf6L
On the borderline between referent honorifics and addressee honorifics: an interpretation of Haberi in the Kokinshu https://t.co/IGw4FX4W6D
The blossoms fall in a flurry: mu-type auxiliary verbs and "conceptualization" https://t.co/pcktWbipgK
On KUROKAWA Mayori's Gogaku-zatsuzu https://t.co/yPJdutIwST
Accent in the Kushima Dialect of Uwajima City : Reasons for Discrepancies in the Analyses of Earlier Surveys and a… https://t.co/zErE8cALyP
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
On the semantic function of actual potentials in modern Japanese: contrasted with unmarked verbs https://t.co/G8wakUXsnL
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
On chatta: An Honorific Form Appearing in a Kyoto-printed Sharebon Published in the Second Half of the Edo Era https://t.co/WjcYXIDS9K
On Negative Imperative Sentences in Japanese : The Properties and Functions of Sentences with the Predicate suruna https://t.co/RciNKhBEDB
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aBhs0w
The change of -te + specifier construction of Kamigata dialects https://t.co/6Mjt1dVy9N
Patterning of Discourse Markers in Japanese Dialects : Comparison of Tokyo, Osaka and Sendai Dialects https://t.co/W2FcoShUCH
The Significance of Jukan-bon Setsuyashu(寿閑本節用集) : A Description of Setsuyoshu(Japanese Lexicon), during the Mediev… https://t.co/et003IPFJW

33 11 11 0 OA 実用図按装飾文字

RT @TOYOLibrary_asa: 『まちの文字図鑑 よきかなひらがな』の「もじコラム1」で紹介されている日本最古の描き文字集『実用図按装飾文字』は「国会図書館デジタルコレクション」で全ページを見られますよ。 こちらからどうぞ→ https://t.co/NpdWXYoS…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
The Resultative of Change by V-teari: From the Viewpoint of the Relation with V-tari https://t.co/jDmcesYUrh
A Process of Grammaticalization Seen in the History of Japanese Conditional Expressions https://t.co/FH3MPMQcq7
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
Analysis of noun phrase coordination markers in Japanese: the case of To, Ya, and Mo https://t.co/9UkEOrVCPT
RT @SendaiHisCafe: 哲学者アリストテレスも美女の魅惑には勝てず、馬乗りになって鞭打たれることすら受け入れてしまった、という逸話は中世ヨーロッパに流布していましたが、その起源を探る論文がこちら。 https://t.co/0KVckR50kT
Annotations Employing the Character saku(作) in the Three-volume Edition of the Iroha Jiruisho https://t.co/9kDrNFGxqu
Yoru-gohan: from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure https://t.co/ysmO5qdeO3
On Shokkan (食感) : A Historical Study of a Neologism https://t.co/tuQvjSF8A4
栁田直美(2010)「キャリアデザインの視点を取り入れた授業活動-日本語演習Ⅱの実践報告-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』25, pp.155-166, 筑波大学留学生センター https://t.co/9jHRAmUOUD
Reform of the usage of kana in newspapers during the Meiji and Taisho Periods https://t.co/axidwAe77M
RT @NIJL_collectors: [蔵書印・徒然]CiNiiたん(の書誌作成、中の人)に感謝! 印泥が薄くて読むのを諦めていたこの印https://t.co/HrH71vKGmJ (『神道喪祭家礼』国文研, ヤ5−157)が「越北中邨濱佐藤氏所藏圖書」と読めた! 「注…
On the new sentence-final particle-kunai used by young spcakers of KanSai dialect https://t.co/O1GYPHBQWt
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
A study of materials of Japanese ways of reading Chinese classics in the Insei Period: regarding the Shingon Sect's… https://t.co/qEX2NhgQxQ
The Emphatic Particle Bashi in Kyogen Daihon https://t.co/KoRMoJljDY
The Colloquial Material of Kitanoin Omuro Shukaku "守覚" Priest Imperial Prince : with Special Reference to the Langu… https://t.co/0NOesYVFhz
A Research on the Word Form of "吉日" (lucky day), the Oldest Example of "最吉日" (the luckiest day) and "最上吉日" (the ver… https://t.co/0QUndUXz3C
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
The development of "yari-morai" constructions in pre-modern Japanese https://t.co/7OgXGmncJB
Honorific auxiliary verbs and addressee-oriented honorific sentence-final particles in the Taketomi dialect https://t.co/GRRYO3oS5M
Voiced Fricative Geminates in Kuroshima Ryukyuan https://t.co/HUuVOrsU9e
The Influence of Religion, Region and Situation on the Acceptance of the Term Tengoku (Paradise or Heaven) in the K… https://t.co/vrNClSWjUZ
Grammaticalization and Borrowing : Postpositions in Japanese Composed from Verbs in ren'yo or -te forms(<Special Is… https://t.co/fn8vGoIO2r
Semantic Change of Muzan from the Perspective of Syntactic Function of Adjectives https://t.co/Z0kkQmILKH
RT @NKhihyo: 古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/…
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
A Study of Interjectional, Vague and Negative Polarity Uses : A Re-examination of so-Demonstratives https://t.co/t3ntxPKjQG
A historical model of Japanese vocabulary structure by statistical methods https://t.co/As2JOSlC0g
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
The History of the Study of "Anomalous Chinese Writing Style" and "Yamato Writing Style" https://t.co/usGxQtgf6L
Transitions in the use of Sorenara-type conjunctions in the Kamigata/Osaka dialect https://t.co/e3S6raeNH5

6 6 6 0 OA 都々逸集

RT @NIJL_collectors: 国会デジコレにこんな資料が~ 「都々逸集」 https://t.co/59Om03EaKE 印記: 流行請賣所假名垣魯文記, 猫□ とあるけど、魯文だし「猫痴」でよいかと。 https://t.co/t0iGdRWf2N
A historical research on the terms used to designate lucky and unlucky days in calendars of the first half in the M… https://t.co/Zs2BT860BX
Geographical pattern of VOT in Japanese initial voiced stops https://t.co/Z60U9wLDkE
Siebold's place in the history of Japanese language research: an examination of relevant original materials https://t.co/DGRiNEfPbw

37 37 37 0 OA 宿所一覧

RT @NIJL_collectors: そういえば、正岡子規自筆の「宿所一覧」https://t.co/0S7znkOddD に漱石の名が出て来るのは、知られているのだろうか。 「夏目金之助 熊本市北千反畑町旧文学精舎跡」 最初は江戸の文人の宿所を集めようとして、途中から同…
Historical Development of the Nominalization Construction in the Kamigata Dialect of Japanese https://t.co/cqVSVHC1sZ