『日本語の研究』論文紹介bot (@jpling_bot)

投稿一覧(最新100件)

節用集の辞書史的研究の現況と課題(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/nmV3kdOaNe
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
現代日本語における文法化--内容語と機能語の連続性をめぐって (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/dIPB1YRVTh
KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の開発 (特集 資料研究の現在) https://t.co/XTCAY6aPky
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmdapXK
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
条件表現史にみる文法化の過程 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/mPRKMWKXYG
四字漢語の語構成パターンの変遷(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/VnJDFxZUBO
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
指示的換喩と意味変化--名前転送における語彙化のパターン https://t.co/TKRRm1FD20
方言伝播における社会的背景--「シャテー(舎弟)」を例として https://t.co/v3izcxlElO
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
ロシア資料にみる18世紀前半鹿児島方言の「テアル」「テオル」 https://t.co/mJ7xw2zkRj
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
証拠表示化する「と」と談話構造--頻度から見た文法化の層状的拡大 https://t.co/vZmnWd8Dsn
古代日本語資料としての仮名散文作品研究の課題--語の認定をめぐる原典批判論的知見について (特集 資料研究の現在) https://t.co/nPojZgVmJ0
たましゐをいれべきてには : 副助詞論の系譜 https://t.co/91q5UCjR2W
中世末のテアル文にみられる完成の用法について(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/UPW53nvJUg
上代人名の様相--記・書紀における長幼の序列による対比的命名を中心に https://t.co/dJua0imerf
p音再考--琉球方言ハ行子音p音の素性 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/DcGorPqL63
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh
日本語の文法化研究にあたって--概観と理論的課題 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wzbeYxc8HK
主節主体の動きを表す動詞終止形に接続するトテについて──引用と異なる機能の分析── https://t.co/r3AHDSNdYe
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
能登島諸方言におけるアクセントの変化 : 「語頭隆起」とその後 https://t.co/tjgnmOQ7BL
音響的指標に基づく話者分類からみたあいまいアクセント——東京・千葉・埼玉の複数域を対象とした多人数調査結果から—— https://t.co/XhqLikBGeE
九州地方における「天国」の受容史 : 宗教差,地域差,場面差 https://t.co/tEAZtGosFo
現代日本語における実現可能文の意味機能--無標の動詞文との対比を通して https://t.co/ZfXRaGLA7w
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
狭母音の無声化の全国的地域差と世代差 https://t.co/pOy0Ufu1H7
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
ロシア資料にみる18世紀前半鹿児島方言の「テアル」「テオル」 https://t.co/mJ7xw2zkRj
三巻本『色葉字類抄』における「作」注記について https://t.co/iVwRD3Q0le
節用集の辞書史的研究の現況と課題(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/nmV3kdOaNe
雑誌『太陽』『明六雑誌』における程度副詞類の使用状況と文体的傾向(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/KBRCNQPiL4
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
明治・大正期における新聞の仮名遣い改革 https://t.co/BngqRKhUMr
『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか--上代特殊仮名遣の研究史を再検討する https://t.co/AwNNcn7HU7
中古和文における体言下接の終助詞カナ・ヤ https://t.co/x9BihHhh7Z
商品名の命名メカニズム--家庭用電気製品「三種の神器」を例に https://t.co/zdbpIm3TIV
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
琉球語から見た日本語希求形式=イタ=の文法化経路(<特集>琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/Pc35nYwras
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
「吉日」の語形、「最吉日」「最上吉日」の古例 : 『今昔物語集』および『大鏡』本文のよみなしにかかわる恣意の批正 https://t.co/n2J5vrrqcE
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllv9q0
『今昔物語集』と『宇治拾遺物語』の同文説話における語の対応 : 語の文体的価値の記述 https://t.co/fFhvutl0Hy
副詞「どうぞ」の史的変遷 : 副詞からみた配慮表現の歴史,行為指示表現の歴史(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/F8ySDExVbP
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
「ちょっと」類連体表現の歴史──二つの型による機能分担の形成過程── https://t.co/xBnMUKhLXh
『古今和歌集』詞書の「ハベリ」の解釈--被支配待遇と丁寧語の境界をめぐって https://t.co/NkXVcWrEMk
係り結びと不定構文──宮古語を中心に── https://t.co/ALWwyxGunB
中古和文における体言下接の終助詞カナ・ヤ https://t.co/x9BihHhh7Z
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh
近世前期上方における尊敬語表現「テ+指定辞」の成立について https://t.co/invGqy20YP
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
体言承接のタリの位置づけ https://t.co/RSYkxNHVe7
文法化と借用--日本語における動詞の中止形を含んだ後置詞を例に (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/FKh3xVf4A4
言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 https://t.co/ApgwmSAsbx
中世前期の日本語史料における暦日語彙--「ひついで」と「ひなみ」と「ひがら」についての基礎的検証 https://t.co/3fnatekuFx
行為指示表現の歴史的変遷--尊敬語と受益表現の相互関係の観点から https://t.co/bOO9x1str9
琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式 https://t.co/c2c61ciT9J
若年層の日常会話における「トイウカ」の使用 : 縮約形「てか・つか」に注目して https://t.co/RVc188akrc
明治検定期読本における平仮名字体 https://t.co/t8LY5boh6f
危機言語ドキュメンテーションの方法としての電子博物館作成の試み--宮古島西原地区を中心として (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/iWV8TIlD1m
『桑名日記』にみる近世末期下級武士の待遇表現 https://t.co/xBPqlY967T
名詞句位置のカの歴史--選言・不定用法を中心に https://t.co/sOCdbyWVRp
万葉仮名の字義を意識させない字母選択 : 『万葉集』における訓仮名を中心に https://t.co/VU8JCwSDhw
函館市中央図書館蔵「蠣崎文書」に見る松前藩士の音韻状況 (特集 資料研究の現在) https://t.co/by9pmWfxUa
p音再考--琉球方言ハ行子音p音の素性 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/DcGorPqL63
近代以降の日本語における非情の受身の発達 https://t.co/tWscvnh82p
動詞重複構文の歴史 https://t.co/raFAjGervf
動詞のテ形を伴う節の統語構造について--付加構造と等位構造との対立を中心に https://t.co/VgY3CxMH0S
「ちょっと」類連体表現の歴史──二つの型による機能分担の形成過程── https://t.co/xBnMUKhLXh
日本語学史におけるシーボルトの位置付け--関係資料からの追求 (特集 資料研究の現在) https://t.co/6LraD770j1
「寒いけれども〜」(『方言文法全国地図』)の解釈--逆接確定表現の言語地理学的考察 https://t.co/yEW4C9t0Wq
富山県呉西地方における尊敬形「~テヤ」 : 意味・構造の地域差と成立・変化過程 https://t.co/VWc3PJpUek
高橋五郎『「和漢/雅俗」いろは辞典』の資料性 https://t.co/OYzsGSTTDU
『細雪』四姉妹の待遇表現--尊敬語に見られる特徴 https://t.co/0R29mPKlNM
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
副詞「ほんに」をめぐって : 「ほん」とその周辺 https://t.co/owCvOXkniA
『英和対訳袖珍辞書』初版草稿の諸相と蘭書の利用 https://t.co/joxpb1guTP
平安和文会話文における連体形終止文 https://t.co/1ab861sqnC
日本語語頭有声閉鎖音のVOTに関する全国的分布パタン https://t.co/SnVvllMKOA
『和蘭字彙』電子テキスト化による『英和対訳袖珍辞書』初版の訳語の研究 https://t.co/qnww3C7ClB
雑誌『太陽』『明六雑誌』における程度副詞類の使用状況と文体的傾向(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/KBRCNQPiL4
鹿児島県北薩方言の文末詞セン : 用法の変化に注目して https://t.co/YxQZCDYakS
『桑名日記』にみる近世末期下級武士の待遇表現 https://t.co/xBPqlY967T
琉球方言の焦点化助辞と文の通達的なタイプ (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/0ID7apwza1
中世呉音字音直読資料における境界の消滅について https://t.co/t9pXfF32o5
関西若年層にみられる標準語形ジャナイ(カ)の使用 https://t.co/imYPOTlpv3
日本語の文法化の形態論的側面 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/wooxCHgLC2
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
『今昔物語集』のアスペクト形式Vテイル・テアルについて https://t.co/ZuoLDmVOYL
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
宇和島市九島方言アクセントについて--調査報告内容のズレの理由と,変遷についての再考 https://t.co/rPAQ52vnxz
主節主体の動きを表す動詞終止形に接続するトテについて──引用と異なる機能の分析── https://t.co/r3AHDSNdYe

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(867ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@FujinkoAyumi 用例はありました https://t.co/hkhxGjTIfB https://t.co/HqCrez37YI
RT @asarin: 多元的無知に関する社会心理学研究 岩谷・村本 多元的無知の先行因とその帰結 https://t.co/jXrJUVKdNO 岩谷・村本 多元的無知の先行因についての検討 https://t.co/ui5F82FLQY 宮島・山口 忖度と選択 – 他者信念…
RT @asarin: 多元的無知に関する社会心理学研究 岩谷・村本 多元的無知の先行因とその帰結 https://t.co/jXrJUVKdNO 岩谷・村本 多元的無知の先行因についての検討 https://t.co/ui5F82FLQY 宮島・山口 忖度と選択 – 他者信念…
お、タイムリーな研究だ。 パンデミック時におけるテレワークの研究 : 2003年SARS発生時のテレワーク事例の検討 https://t.co/UG8mPNnR9y

2 1 1 1 OA 本草和名 2巻

『本草和名』だと「梠茎菜一名蕗伏又有金實草」「和名布々岐」か https://t.co/2pQsgeqVa2
RT @tanakashinn: 『映像学』103号(日本映像学会)に掲載された書評がオープンアクセスになってます。下記ご覧ください。【レビュー】光岡寿郎・大久保遼編『スクリーン・スタディーズ デジタル時代の映像/メディア経験』東京大学出版会 https://t.co/Mam4…
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4

78 1 1 1 OA 延喜式 : 校訂

RT @shiki_okasaka: メモ: 悠紀國獻當時鮮味。次國司引歌人入奏國風。 悠紀ノ国当時ノ鮮味献。次ニ国司歌人ヲ引入テ国風ヲ奏ス。 『延喜式 : 校訂. 上巻』巻7 142コマ https://t.co/1wKSsAPnjr
RT @okjma: デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。
【《南部方言集:教育適用》】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9

560 17 16 6 OA アリス物語

国立国会図書館デジタルコレクションでも見ることができます☆ https://t.co/9V1uFNrwEN →芥川龍之介の書いた「不思議の国のアリス」が読みたい。タイトルはこのままではないと思う。(京都府立高等学校図書館協議会司書… https://t.co/nfrBNaCA6i
【《大日本方言地図》】 東條操著。https://t.co/1ULZ4vO3Hl
【《仙台方言音韻考》】 小倉進平著。 https://t.co/VwVGsQhLcq

3 1 1 0 OA 富山県方言

【《富山県方言》】 富山県教育会編。https://t.co/t25V6cR4oE
【《津軽方言集 : 語根解釈正語対照》】 斎藤大衛, 神正民編[他] https://t.co/sTeWZnMOwR

2 1 1 0 OA 鹿児島方言集

【《鹿児島方言集》】 鹿児島県教育会編。 https://t.co/o2Q9tNZnqG
【《伊豆大島方言集》】 柳田国男編。 https://t.co/2E9GCAwk3U

1 1 1 0 OA 越佐方言集

【《越佐方言集》】 田中勇吉編。 https://t.co/0PblNG2x7t
RT @Shinjuku0001: @kanjinagayama それはたぶん 「奉 鎮祭入衛(姫彦?)大神守幸給」 と書いてあって、似たようなものがこの論文にありました。長崎県に多いらしいですね。 場所を区切る祭文の書かれた木の免札だそうです。 https://t.co/WG…

2 1 1 0 OA 出雲方言

【《出雲方言》】 後藤蔵四郎著。https://t.co/FZIvHUZH23
【《静岡県方言辞典》】 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編https://t.co/YjpG7FEJwU

5 1 1 0 OA 東北の方言

【《東北の方言》】 小林好日著https://t.co/ICo5h1F4Xg

2 1 1 0 OA 那覇方言概説

【《那覇方言概説》】 金城朝永著。https://t.co/smwtIC4EcZ
RT @okjma: デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。
栁田直美(2010)「非母語話者との接触場面において母語話者の情報やり方略に接触経験が及ぼす影響-母語話者への日本語教育支援を目指して-」『日本語教育』145, pp.49-60, 日本語教育学会 https://t.co/ZiVPj9jMpp

1 1 1 0 OA 琉球文学研究

【《琉球文學硏究》】 田島利三郎 著[他]https://t.co/TQSrkZkjoj
【《琉球聖典おもろさうし選釈 : オモロに現はれたる古琉球の文化》】 伊波普猷著。https://t.co/8o8k4ZWD1h

3 1 1 0 OA 南島方言史攷

【《南東方言史攷》】 伊波普猷著。https://t.co/A18UFNWMBu

3 1 1 0 OA 古琉球

【《古琉球》】 伊波普猷著。https://t.co/1ScFNSBNgr
【《古代國語の音韻に就いて》】 橋本進吉著。https://t.co/1DDR56ylTR
デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。 https://t.co/3xY2Gpxhuv
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1089「個人情報保護法見直しの概要」(PDF:437KB)を掲載しました。 https://t.co/1g8Vnuo0so
RT @NIIIDR: 「楽天トラベルデータ」の今回の更新では,2004年9月から2019年12月までに登録された,施設データ(2.9万施設)とレビューデータ(約656万レビュー)を提供いただいています。 https://t.co/aWSaH5v3b5
RT @NIIIDR: 「楽天市場データ」の今回の更新では,2015年1月から2019年12月までに登録された,全商品データ (約2億8300万商品),商品レビューデータ (約7000万レビュー),ショップレビューデータ (約2250万レビュー) を提供いただいています。 ht…

9 3 3 0 OA 当世風俗通

RT @schrift_sprache: Thanks for share-ing, @NDLJP_en! For the sharebon 洒落本 in question see Tōsei fūzoku-tsū 当世風俗通 (1773) @ https://t.co/bO…
In addition to his familiar face, why don't you get in touch with what he wrote. #ndldigital… https://t.co/6osukPdLRa
Learn about the eight types of Honda-style hairdressing in "Tosei Fuzokutsu" (Current Styles of the Day), the share… https://t.co/t3HUziVPCE

635 635 633 19 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
●伊東俊太郎「「自然」概念の東西比較」『経済史研究』5(0)、2001年。https://t.co/0IEw1CZ4DD ●飯倉洋一「「自然」の意味--秋成の理想と現実 (今井源衛教授退官記念号)」『語文研究 』52・53、198… https://t.co/8IAkoW8y9N
●伊東俊太郎「「自然」概念の東西比較」『経済史研究』5(0)、2001年。https://t.co/0IEw1CZ4DD ●飯倉洋一「「自然」の意味--秋成の理想と現実 (今井源衛教授退官記念号)」『語文研究 』52・53、198… https://t.co/8IAkoW8y9N

635 635 633 19 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @matiasauquebaux: 広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。h…
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
The character Sukeroku was created by ICHIKAWA Danjuro II and can be considered a quintessential example of masculi… https://t.co/CNGQFvtEep
The new face for the new 10,000-yen banknote, Shibusawa Eiichi. #ndldigital https://t.co/ejZRAYNlyT https://t.co/HF3XLijQRz
Gotenyama was a popular place to view the cherry blossoms in spring, commanding a fine view of Tokyo Bay.… https://t.co/ZGnuFZ96Yb
●梅屋潔、「「化かされる」という経験(こと)──あるいは人類学的実践についての覚書き」、『慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要』、38、1993年。https://t.co/RPWIY0f5Da
●近藤祉秋、「「おっちゃん、それは化け猫に化かされとっだわ」 : 隠岐島の猫にまつわる語りから見る人間と動物の連続性」『文化人類学』、76(4)、2012年。https://t.co/5VDB4sBIdm
【《南部方言集:教育適用》】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9
出典:中島 綾子, 鹿野 晶子, 野井 真吾 (2011)「小学生における体温の実態と生活との関連」『発育発達研究』51, pp.81-91 https://t.co/skPpFTOHIO
【《大日本方言地図》】 東條操著。https://t.co/1ULZ4vO3Hl
【《仙台方言音韻考》】 小倉進平著。 https://t.co/VwVGsQhLcq

3 1 1 0 OA 富山県方言

【《富山県方言》】 富山県教育会編。https://t.co/t25V6cR4oE
【《津軽方言集 : 語根解釈正語対照》】 斎藤大衛, 神正民編[他] https://t.co/sTeWZnMOwR

2 1 1 0 OA 鹿児島方言集

【《鹿児島方言集》】 鹿児島県教育会編。 https://t.co/o2Q9tNZnqG
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1088「デジタル・プラットフォーマーと競争政策」(PDF:476KB)を掲載しました https://t.co/PC7gFQSHzq
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1087「OECD諸国の憲法―憲法典の比較による概観―」(PDF:777KB)を掲載しました https://t.co/rO8tEXJLSC
【《伊豆大島方言集》】 柳田国男編。 https://t.co/2E9GCAwk3U

1 1 1 0 OA 越佐方言集

【《越佐方言集》】 田中勇吉編。 https://t.co/0PblNG2x7t

2 1 1 0 OA 出雲方言

【《出雲方言》】 後藤蔵四郎著。https://t.co/FZIvHUZH23
【《静岡県方言辞典》】 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編https://t.co/YjpG7FEJwU
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW

5 1 1 0 OA 東北の方言

【《東北の方言》】 小林好日著https://t.co/ICo5h1F4Xg

2 1 1 0 OA 那覇方言概説

【《那覇方言概説》】 金城朝永著。https://t.co/smwtIC4EcZ

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

1 1 1 0 OA 琉球文学研究

【《琉球文學硏究》】 田島利三郎 著[他]https://t.co/TQSrkZkjoj
【《琉球聖典おもろさうし選釈 : オモロに現はれたる古琉球の文化》】 伊波普猷著。https://t.co/8o8k4ZWD1h

3 1 1 0 OA 南島方言史攷

【《南東方言史攷》】 伊波普猷著。https://t.co/A18UFNWMBu

3 1 1 0 OA 古琉球

【《古琉球》】 伊波普猷著。https://t.co/1ScFNSBNgr
【《古代國語の音韻に就いて》】 橋本進吉著。https://t.co/1DDR56ylTR
栁田直美(2009)「接触場面における母語話者の情報やりとりの特徴の記述―情報やりとりの発話カテゴリーの設定に向けて―」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』24, pp.51-68, 筑波大学留学生センター https://t.co/TrC35nAIQL
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
王貝『中国と日本の変身譚の歴史的変遷に関する考察:狐、蛇、虎、犬、亀を中心に』測詮論文、大阪大学)、2016年3月28日。https://t.co/HSRxnBJYZy

13 2 2 0 OA 業平

RT @kurosige_burari: 著作権切れした絶版小説「業平」山本勇夫 著 (昭文堂, 1926)が紙の本で読みたくて、国立国会図書館デジタルコレクションよりPDFを入手(https://t.co/AdMeMH2CTX )、プリンタ印刷、切断、製本(https://t…
https://t.co/bkFNa0uHV8 森西カンナ(2018)「和歌山県紀北地方にみられる伝統的な方言使用の減少について」。これも公開されてた。しかし、これの設問は「ん?」なところが少々ある。「青タン」はたしか北海道→東京… https://t.co/83EOeI8Eew

1 1 1 0 OA 経済風土記

https://t.co/sJYn2hGYgf 「島の人の言葉にどうかすると上方風の調子やアクセントを聞く「さうやなあー」とある村の村長がいつて驚いた。ところがまたある島の文人に会つて話をしているうちに「さうやさかいー」を耳に入れて、いよいよ京都風味に接したなと思つた」。
RT @mk_kushiro: 石塚修(2007)「これからの日本社会で古典教育がはたす役割はどうあるべきか--「文化資本」の概念を用いて」人文科教育研究(34) 古典を文化資本ととらえ、国家としての基本戦略としての資産と捉える。それをふまえた指導観を述べている。 https…

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
さりげなく、すごいことがかいてあった。 >『土佐日記』においては、「作者」以外の作中人物の発言に関しては全て、それが和歌、あるいは会話文であることが、「詠める」「いはく」「…といふ」「…とて」などの文言によって明示されている。 https://t.co/kO6OToeRbx
CiNii 論文 -  「涅槃」(ニルヴァーナ)は「不動心」(アパティア)か : 静寂主義として理解された仏教、およびその理解の文脈について https://t.co/1P6C5YBljN #CiNii
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
【《南部方言集:教育適用》】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9
【《大日本方言地図》】 東條操著。https://t.co/1ULZ4vO3Hl
【《仙台方言音韻考》】 小倉進平著。 https://t.co/VwVGsQhLcq
タイトルに「日本語」としか書いてないんだけどよく読むとデータは近畿方言話者が主で関東方言話者も含まれているって書いてある。それ混ぜちゃいけないのでは? https://t.co/zbMQ0M8Hb5
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…

3 1 1 0 OA 富山県方言

【《富山県方言》】 富山県教育会編。https://t.co/t25V6cR4oE
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
【《津軽方言集 : 語根解釈正語対照》】 斎藤大衛, 神正民編[他] https://t.co/sTeWZnMOwR

2 1 1 0 OA 鹿児島方言集

【《鹿児島方言集》】 鹿児島県教育会編。 https://t.co/o2Q9tNZnqG

フォロワー(702ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@FujinkoAyumi 用例はありました https://t.co/hkhxGjTIfB https://t.co/HqCrez37YI
お、タイムリーな研究だ。 パンデミック時におけるテレワークの研究 : 2003年SARS発生時のテレワーク事例の検討 https://t.co/UG8mPNnR9y

2 1 1 1 OA 本草和名 2巻

『本草和名』だと「梠茎菜一名蕗伏又有金實草」「和名布々岐」か https://t.co/2pQsgeqVa2
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4

78 1 1 1 OA 延喜式 : 校訂

RT @shiki_okasaka: メモ: 悠紀國獻當時鮮味。次國司引歌人入奏國風。 悠紀ノ国当時ノ鮮味献。次ニ国司歌人ヲ引入テ国風ヲ奏ス。 『延喜式 : 校訂. 上巻』巻7 142コマ https://t.co/1wKSsAPnjr
RT @okjma: デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。
【《南部方言集:教育適用》】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9

560 17 16 6 OA アリス物語

国立国会図書館デジタルコレクションでも見ることができます☆ https://t.co/9V1uFNrwEN →芥川龍之介の書いた「不思議の国のアリス」が読みたい。タイトルはこのままではないと思う。(京都府立高等学校図書館協議会司書… https://t.co/nfrBNaCA6i
【《大日本方言地図》】 東條操著。https://t.co/1ULZ4vO3Hl
【《仙台方言音韻考》】 小倉進平著。 https://t.co/VwVGsQhLcq

3 1 1 0 OA 富山県方言

【《富山県方言》】 富山県教育会編。https://t.co/t25V6cR4oE
【《津軽方言集 : 語根解釈正語対照》】 斎藤大衛, 神正民編[他] https://t.co/sTeWZnMOwR

2 1 1 0 OA 鹿児島方言集

【《鹿児島方言集》】 鹿児島県教育会編。 https://t.co/o2Q9tNZnqG
【《伊豆大島方言集》】 柳田国男編。 https://t.co/2E9GCAwk3U

1 1 1 0 OA 越佐方言集

【《越佐方言集》】 田中勇吉編。 https://t.co/0PblNG2x7t

2 1 1 0 OA 出雲方言

【《出雲方言》】 後藤蔵四郎著。https://t.co/FZIvHUZH23
【《静岡県方言辞典》】 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編https://t.co/YjpG7FEJwU

5 1 1 0 OA 東北の方言

【《東北の方言》】 小林好日著https://t.co/ICo5h1F4Xg

2 1 1 0 OA 那覇方言概説

【《那覇方言概説》】 金城朝永著。https://t.co/smwtIC4EcZ
RT @okjma: デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。
栁田直美(2010)「非母語話者との接触場面において母語話者の情報やり方略に接触経験が及ぼす影響-母語話者への日本語教育支援を目指して-」『日本語教育』145, pp.49-60, 日本語教育学会 https://t.co/ZiVPj9jMpp

1 1 1 0 OA 琉球文学研究

【《琉球文學硏究》】 田島利三郎 著[他]https://t.co/TQSrkZkjoj
【《琉球聖典おもろさうし選釈 : オモロに現はれたる古琉球の文化》】 伊波普猷著。https://t.co/8o8k4ZWD1h

3 1 1 0 OA 南島方言史攷

【《南東方言史攷》】 伊波普猷著。https://t.co/A18UFNWMBu

3 1 1 0 OA 古琉球

【《古琉球》】 伊波普猷著。https://t.co/1ScFNSBNgr
【《古代國語の音韻に就いて》】 橋本進吉著。https://t.co/1DDR56ylTR
デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。 https://t.co/3xY2Gpxhuv
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW

9 3 3 0 OA 当世風俗通

RT @schrift_sprache: Thanks for share-ing, @NDLJP_en! For the sharebon 洒落本 in question see Tōsei fūzoku-tsū 当世風俗通 (1773) @ https://t.co/bO…

635 635 633 19 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

635 635 633 19 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @matiasauquebaux: 広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。h…
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
【《南部方言集:教育適用》】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9
出典:中島 綾子, 鹿野 晶子, 野井 真吾 (2011)「小学生における体温の実態と生活との関連」『発育発達研究』51, pp.81-91 https://t.co/skPpFTOHIO
【《大日本方言地図》】 東條操著。https://t.co/1ULZ4vO3Hl
【《仙台方言音韻考》】 小倉進平著。 https://t.co/VwVGsQhLcq

3 1 1 0 OA 富山県方言

【《富山県方言》】 富山県教育会編。https://t.co/t25V6cR4oE
【《津軽方言集 : 語根解釈正語対照》】 斎藤大衛, 神正民編[他] https://t.co/sTeWZnMOwR

2 1 1 0 OA 鹿児島方言集

【《鹿児島方言集》】 鹿児島県教育会編。 https://t.co/o2Q9tNZnqG
【《伊豆大島方言集》】 柳田国男編。 https://t.co/2E9GCAwk3U

1 1 1 0 OA 越佐方言集

【《越佐方言集》】 田中勇吉編。 https://t.co/0PblNG2x7t

2 1 1 0 OA 出雲方言

【《出雲方言》】 後藤蔵四郎著。https://t.co/FZIvHUZH23
【《静岡県方言辞典》】 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編https://t.co/YjpG7FEJwU
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW

5 1 1 0 OA 東北の方言

【《東北の方言》】 小林好日著https://t.co/ICo5h1F4Xg

2 1 1 0 OA 那覇方言概説

【《那覇方言概説》】 金城朝永著。https://t.co/smwtIC4EcZ

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

1 1 1 0 OA 琉球文学研究

【《琉球文學硏究》】 田島利三郎 著[他]https://t.co/TQSrkZkjoj
【《琉球聖典おもろさうし選釈 : オモロに現はれたる古琉球の文化》】 伊波普猷著。https://t.co/8o8k4ZWD1h

3 1 1 0 OA 南島方言史攷

【《南東方言史攷》】 伊波普猷著。https://t.co/A18UFNWMBu

3 1 1 0 OA 古琉球

【《古琉球》】 伊波普猷著。https://t.co/1ScFNSBNgr
【《古代國語の音韻に就いて》】 橋本進吉著。https://t.co/1DDR56ylTR
栁田直美(2009)「接触場面における母語話者の情報やりとりの特徴の記述―情報やりとりの発話カテゴリーの設定に向けて―」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』24, pp.51-68, 筑波大学留学生センター https://t.co/TrC35nAIQL
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE

13 2 2 0 OA 業平

RT @kurosige_burari: 著作権切れした絶版小説「業平」山本勇夫 著 (昭文堂, 1926)が紙の本で読みたくて、国立国会図書館デジタルコレクションよりPDFを入手(https://t.co/AdMeMH2CTX )、プリンタ印刷、切断、製本(https://t…
https://t.co/bkFNa0uHV8 森西カンナ(2018)「和歌山県紀北地方にみられる伝統的な方言使用の減少について」。これも公開されてた。しかし、これの設問は「ん?」なところが少々ある。「青タン」はたしか北海道→東京… https://t.co/83EOeI8Eew

1 1 1 0 OA 経済風土記

https://t.co/sJYn2hGYgf 「島の人の言葉にどうかすると上方風の調子やアクセントを聞く「さうやなあー」とある村の村長がいつて驚いた。ところがまたある島の文人に会つて話をしているうちに「さうやさかいー」を耳に入れて、いよいよ京都風味に接したなと思つた」。
RT @mk_kushiro: 石塚修(2007)「これからの日本社会で古典教育がはたす役割はどうあるべきか--「文化資本」の概念を用いて」人文科教育研究(34) 古典を文化資本ととらえ、国家としての基本戦略としての資産と捉える。それをふまえた指導観を述べている。 https…

5 4 4 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 4 4 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
さりげなく、すごいことがかいてあった。 >『土佐日記』においては、「作者」以外の作中人物の発言に関しては全て、それが和歌、あるいは会話文であることが、「詠める」「いはく」「…といふ」「…とて」などの文言によって明示されている。 https://t.co/kO6OToeRbx
CiNii 論文 -  「涅槃」(ニルヴァーナ)は「不動心」(アパティア)か : 静寂主義として理解された仏教、およびその理解の文脈について https://t.co/1P6C5YBljN #CiNii
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
【《南部方言集:教育適用》】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9
【《大日本方言地図》】 東條操著。https://t.co/1ULZ4vO3Hl
【《仙台方言音韻考》】 小倉進平著。 https://t.co/VwVGsQhLcq
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…

3 1 1 0 OA 富山県方言

【《富山県方言》】 富山県教育会編。https://t.co/t25V6cR4oE
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
【《津軽方言集 : 語根解釈正語対照》】 斎藤大衛, 神正民編[他] https://t.co/sTeWZnMOwR

2 1 1 0 OA 鹿児島方言集

【《鹿児島方言集》】 鹿児島県教育会編。 https://t.co/o2Q9tNZnqG
@JUMANJIKYO 『当て字当て読み/漢字表現辞典』は、古例を求めたものではありませんしね。 『遊字典』を見たら、島崎藤村「破戒」・石川淳「佳人」・三島由紀夫「仮面の告白」が挙がっていました。 https://t.co/0HjgfEsr1Y
【《伊豆大島方言集》】 柳田国男編。 https://t.co/2E9GCAwk3U

1 1 1 0 OA 越佐方言集

【《越佐方言集》】 田中勇吉編。 https://t.co/0PblNG2x7t

2 1 1 0 OA 出雲方言

【《出雲方言》】 後藤蔵四郎著。https://t.co/FZIvHUZH23
【《静岡県方言辞典》】 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編https://t.co/YjpG7FEJwU

5 1 1 0 OA 東北の方言

【《東北の方言》】 小林好日著https://t.co/ICo5h1F4Xg

2 1 1 0 OA 那覇方言概説

【《那覇方言概説》】 金城朝永著。https://t.co/smwtIC4EcZ

3 3 3 0 OA はやり唄

RT @okjma: @JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を「伝染〈うつ〉りそうな気が…

3 3 3 0 OA はやり唄

@JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を… https://t.co/Jm8sPuvlkg