著者
西野 友年 奥西 巧一 引原 俊哉
出版者
物性研究刊行会
雑誌
物性研究 (ISSN:05252997)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.133-155, 1997-05-20

密度行列繰り込み群(DMRG)の正体は、「密度行列より導かれる精密な数値変分法」です。変分法というと、「基底波動関数の形を物理的直感に基づいて独断と偏見で定める」ような職人芸的な方法…に聞こえますが、DMRGは「計算対象に最適な変分関数を自動生成する」という点で従来の数値変分法とは一線を画しています。この解説記事では、DMRGの細かな計算手続きよりも、その基本原理に目を向けることにします。「密度行列」繰り込み群という名前の由来や、DMRGの背後にある変分原理について、一緒に考えましょう。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

@DicedontplayGod ですよね。 ついでにチラチラ探しててこんなん見つけた。 https://t.co/nbpo4ox5mW 関係性が載ってる表が良かった
「密度行列繰り込み群」の変分原理/西野 友年ら http://t.co/Pij53VFmO9 #物性理論ミニマム

収集済み URL リスト