著者
ゴラム サルワル A.K.M. 高橋 英樹
出版者
日本花粉学会
雑誌
日本花粉学会会誌 (ISSN:03871851)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.87-104, 2007-12-31
被引用文献数
1

スノキ属協Vacciniumの花粉形態研究に続き,本属が所属するスノキ連に含まれる他の22属59種の花粉形態を光学顕微鏡と走査型電子顕微鏡で観察し,スノキ連全体で見られる花粉四集粒の形態的多様性を要約した.スノキ属の花粉で見られた溝間極域の外壁模様の7型(1〜7型)・12亜型に加えて,新しい1つの型(8型:アガペテス・ブラクテアータ)と5型の中に2つの新亜型を認めた.ディモルファアンテラ属での結果は,スノキ連における属の単系統性同定のために外壁表面模様が最も有用な花粉形態形質であることを示した.アガペテス属の外壁模様はスノキ属に近縁であることを支持したが,アガペテス・ブラクテアータを除けば,アガペテス属がスノキ属に含まれるという可能性をも示すものだった.コステラ・エンデルティイの外壁模様(7型)はスノキ属のポリコディウム節に含まれる唯一の種ワッキニウム・スタミネウムに大変よく似ていた.遺伝子系統であるアンデアン・クレードの2つの主要なサブクレードへの分割は,花粉形態からは支持できなかった.しかしマクレアニア属の単系統性は支持できそうである.先行研究が示していたように,花粉形態形質はカウェンディシア属とサティリア属の姉妹系統関係を支持し,チバウディア属には少なくとも2つの明瞭な群があることも示した.ゲイルッサキア属とスノキ属との近縁性も花粉形態研究は支持した.

言及状況

Twitter (2 users, 14 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 https://t.co/g6JI7WjlSB スノキ属協Vacciniumの花粉形態研究に続き,本属が所属す…
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 https://t.co/g6JI7WjlSB スノキ属協Vacciniumの花粉形態研究に続き,本属が所属す…
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 https://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 https://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 https://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 https://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/24lnOhqIBi
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/0ntG3ZSNwo
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/C8Sci0Jc1P
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/C8Sci0Jc1P
こんな論文どうですか? スノキ連(ツツジ科スノキ亜科)の花粉形態の大要とその体系学的意義(ゴラム サルワル A.K.M.ほか),2007 http://t.co/7QBpJTOE

収集済み URL リスト