著者
永澤 済
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.3, no.4, pp.17-32, 2007-10

現代より自他両用動詞の多い近代漢語動詞の自他体系が,現代までにどう変化したかをコーパスを用いて分析し,その要因を考察した。近代漢語が自動詞として存立するための条件<通常,他から人為的なはたらきかけを受けずとも成立し得る変化を表す>は,現代に至っても変わらないが,他動詞として存立するための条件〈非情物または非情物と有情物の両方が変化主体となり得る変化を表す>は,現代に至ると厳しくなり,非情物が変化主体であっても自律性の高い事象は他動詞で表せなくなった。結果,多くの自他両用動詞が自動詞専用化した。このような変化が起きたのは,漢語動詞が日本語への定着度を増すなかで,和語に倣い自他を分化させる方向へ力が働いたためと考えられ,それを可能にしたのが,他動詞化接辞として機能する「-させる」の存在だとみられる。一方,自動詞化接辞が日本語になかったことが,他動詞専用化した動詞の少なさの背景にあるとみられる。

言及状況

Twitter (2 users, 17 posts, 2 favorites)

漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7CYLQR
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
Change in the intransitive-transitive system of Sino-Japanese verbs from the early modern period to the present https://t.co/VpqrwuIYR6
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp
漢語動詞の自他体系の近代から現代への変化 https://t.co/Px6z7DgmIp

収集済み URL リスト