著者
熊田 一雄
出版者
愛知学院大学
雑誌
愛知学院大学文学部紀要 (ISSN:02858940)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.83-93, 2007

この論文の目的は,日本の初期新宗教である天理教の女性教祖である中山みき(1798-1887年)の男性信者に対する信仰指導を再検討することにある。老境に達した中山みきは,自分のもとを訪れる男性たちに対して,しばしば「力比べ」をもちかけて,簡単に負かしては「神の方には倍の力」と説いて聴かせていた。中山みきは,「世直し」という当時の時代風潮の中で,国家に対する対抗暴力(「謀反」)や妻に対するドメスティック・バイオレンスのような男性信者による暴力を制御する(「手綱をさばく」)可能性を,親神に対する信仰に基づいて高めようとした実践した無抵抗・不服従の宗教家であった。

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 天理教教祖と「暴力」の問題系(熊田 一雄),2007 https://t.co/EbwFr83JYN この論文の目的は,日本の初期新宗教である天理教の女性教祖である中山みき(1798-1…
こんな論文どうですか? 天理教教祖と「暴力」の問題系(熊田 一雄),2007 https://t.co/EbwFr83JYN この論文の目的は,日本の初期新宗教である天理教の女性教祖である中山みき(1798-1…

収集済み URL リスト