著者
谷口 康浩
出版者
名古屋大学
雑誌
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書
巻号頁・発行日
vol.16, pp.34-53, 2005-03

第17回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム平成16(2004)年度報告 Proceedings of the 17th symposiumon Researches Using the Tandetron AMS System at Nagoya University in 2004日時:平成17 (2005)年1月24日(月)、25日(火) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January 24th and 25th, 2005 Place:Nagoya University Symposion Hall

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 7 favorites)

@shinocchi888 放射線炭素年代測定が開始された当初は、!と騒がれたのですが、その後の研究で、極東地域では1万年以上前の年代の土器があちこちで確認されていますね。その地域を含めて日本でも土器が出現したと考えられているよう… https://t.co/woGzkOiXO7

収集済み URL リスト