著者
津島 昌寛
出版者
日本犯罪社会学会
雑誌
犯罪社会学研究 (ISSN:0386460X)
巻号頁・発行日
no.35, pp.8-20, 2010-10-01

一般の人々がイメージする貧困は終戦直後の日本に代表される貧困(絶対的貧困)であるという.しかし,今や日本の貧困は質量的に大きく変容した.犯罪との関連で考える場合,貧困を絶対的貧困としてとらえること(金に困って食べ物を盗む)は適切とはいえないだろう.貧困問題が叫ばれる時代,貧困と犯罪の複合的な関係をあらためて問い直すことが必要である.本稿の目的は,貧困と犯罪を主題とする欧米の既存研究を検討し,貧困と犯罪との関連性を探ることである.まず,貧困の概念を整理するとともに,不平等など類似の概念とのちがいをさぐる.そのうえで,貧困と犯罪の理論的関連性を多面的な角度から明らかにする.その結果,貧困と犯罪は関係があるが,直接的因果関係でないことがわかった.しかし他方で,貧困は分岐的に変化しており,他のさまざまな社会的・文化的要因を介して,もしくは相互に触発し合い,犯罪行動の発生に影響をあたえていることが確認された.したがって,さまざまな間接的影響をあわせた,貧困が犯罪にあたえる総合的影響は小さくないようにおもわれる.最後に,犯罪社会学として今後取り組むべき貧困と犯罪に関連した研究課題をいくつか提示する.

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (4 users, 7 posts, 0 favorites)

“CiNii 論文 -  貧困と犯罪に関する考察 : 両者の間に因果関係はあるのか?(貧困と犯罪・非行)” http://t.co/NeUZd86Qv4
「格差」は(2)。→「(1)貧困の定義:絶対的貧困と相対的貧困 (2)貧困と経済的不平等(相対的剥奪) との違い (3)貧困と社会的排除との違い」【CiNii 論文 - 貧困と犯罪に関する考察 : 両者の間に因果関係はあるのか?】 http://t.co/h1AaTWk9bS
「貧困と犯罪」に限らず、因果関係を考察する時に注意すべき分類。→【CiNii 論文 - 貧困と犯罪に関する考察 : 両者の間に因果関係はあるのか?(貧困と犯罪・非行)】 http://t.co/h1AaTWk9bS http://t.co/2Df4AtRnTb
「CiNii 論文PDF オープンアクセス」クリックで本文。→「犯罪社会学研究 (35), 8-20, 2010-10-01」【CiNii 論文 -  貧困と犯罪に関する考察 : 両者の間に因果関係はあるのか?(貧困と犯罪・非行)】 http://t.co/h1AaTWk9bS
http://t.co/i7G8mWMFQD

収集済み URL リスト