著者
間宮 厚司
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.7, no.4, pp.149-135, 2011-10-01

筆者は、これまでに『おもろさうし』の言語を大和古語と比較することで、沖縄固有の語(オモロ・グスク・テダ等)の語源や特有の文法体系(係り結び・形容詞等)について考察してきた。本稿では、ヂャウ(門)の原義、ウリズン(陰暦三月頃の季節)の語源、人称名詞(我)アとワについて、助詞ハの表記と発音について考察した。その結果、ヂャウ(門)の原義を門に施されたヂャウ(錠)と推定し、ウリズンの語源は、「(大地が雨で)潤って(空気が)澄むこと」と、『おもろさうし』の実例から推定した。そして、『おもろさうし』の人称名詞(我)ア系とワ系を調査した結果、アガとワガの下に来る語には、明確な違いが認められた。また、助詞ハの中で、「…を」に当たる「は」表記の発音はワでなく、バであったと考えるのが穏当であるという結論に達した。

言及状況

Twitter (3 users, 20 posts, 7 favorites)

言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
Omorosausi as a linguistic data source https://t.co/R0mlZ4hn9N
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
Omorosausi as a linguistic data source https://t.co/R0mlZ4hn9N
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
Omorosausi as a linguistic data source https://t.co/R0mlZ4hn9N
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
Omorosausi as a linguistic data source https://t.co/R0mlZ4hn9N
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
Omorosausi as a linguistic data source https://t.co/R0mlZ4hn9N
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
言語資料としての『おもろさうし』 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/l7wFKG4oKZ
CiNii 論文 -  言語資料としての『おもろさうし』(<特集>琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/4328H32KPZ #CiNii

収集済み URL リスト