著者
小鹿 勝利 上野 亮介
出版者
森林計画学会
雑誌
森林計画学会誌 (ISSN:09172017)
巻号頁・発行日
no.33, pp.11-18, 1999-09-30

分収育林事業開始後20年が経過し,国有林で24,642ha,民有林で9,916haが設定され,約12万人が約600億円の育林費用を出資した。しかし適地の減少や応募者の減少などから設定面積は漸減傾向にあり,民有林では費用負担者を募集しない相対契約の比重が高まり,国民参加を前提にした事業の性格も変化しつつある。契約満期を迎えた事例では分収金は出資額の半額で,林地所有者は持分を放棄して出資者に分配した。これは木材価格の大幅な低下や伐出経費の増大に加えて,契約時の立木評価や収穫予想の過大評価も原因している。分収育林面積は全人工林面積の0.3%であり,出資金の使途も限定されない。近年の林業生産活動の動向から見る限り,この制度が森林経営の安定化や森林整備の促進に果たした役割は必ずしも大きいとは言えない。今後契約満了を迎える事業が増加していくが,出資金の元本割れへ対応,大面積の契約地での伐採問題,国民参加の実質的な実現などの諸課題があり,分収育林は大きな転機を迎えつつある。

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 分収育林事業の動向と今後の課題(小鹿 勝利ほか),1999 https://t.co/MEqq89ZeFd 分収育林事業開始後20年が経過し,国有林で24,642ha,民有林…
こんな論文どうですか? 分収育林事業の動向と今後の課題(小鹿 勝利ほか),1999 https://t.co/MEqq89ZeFd 分収育林事業開始後20年が経過し,国有林で24,642ha,民有林…
こんな論文どうですか? 分収育林事業の動向と今後の課題(小鹿 勝利ほか),1999 https://t.co/MEqq89ZeFd 分収育林事業開始後20年が経過し,国有林で24,642ha,民有林…
1 1 https://t.co/38FDMYy2yw https://t.co/SajWhFwL98
こんな論文どうですか? 分収育林事業の動向と今後の課題(小鹿 勝利ほか),1999 https://t.co/MEqq89ZeFd 分収育林事業開始後20年が経過し,国有林で24,642ha,民有林…

収集済み URL リスト