著者
梅島 彩奈 宮部 真衣 荒牧 英治 灘本 明代
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.111, no.361, pp.59-64, 2011-12-16

FacebookやTwitter等,マイクロブログの普及により,ユーザはインターネット上でリアルタイムなコミュニケーションを容易に行う事が可能になっている.特にTwitterは2008年に国内でのサービスを開始して以降,急速にユーザ数を伸ばしている.Twitterは多くの人々と様々な情報を共有できる半面,デマの拡散を助長することもある.実際に2011年3月11日に起こった東日本大震災において,Twitter上の様々なデマがユーザを混乱に陥れたのは記憶に新しいが,平常時においてもデマを確認することができる.そこで本論文では,災害時におけるツイートのデマとデマの訂正に注目し,デマとデマ訂正ツイートの傾向と,災害時と平常時のツイートの傾向を分析することで,デマの拡散を防止することを目指す.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  災害時と平常時Twitterにおけるデマとデマ訂正ツイートの特徴分析 (データ工学) https://t.co/JHoQKKsQBA #CiNii
@m1n1mum_d 災害時と平常時Twitterにおけるデマとデマ訂正ツイートの特徴分析 https://t.co/CfV6bD4kgl これ右上のログイン→学内認証→n**のIDとPASSでログインでみれる

収集済み URL リスト