著者
剣持秀紀
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
研究報告音楽情報科学(MUS)
巻号頁・発行日
vol.2013, no.26, pp.1-1, 2013-08-24

歌声合成技術は楽曲制作に幅広く用いられるようになってきている.また特に若い層を中心に,そのような楽曲 (いわゆる 「ボカロ曲」 ) を愛聴する人々も多い.なぜ人間の歌声でなく,合成された歌声が使われ,聴かれるのかについて考えてみたい.併せて歌声合成技術 VOCALOID の現在の仕組み (システム) について解説し,その将来の展開について述べる.

言及状況

Twitter (5 users, 7 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? 歌声合成技術とその未来(剣持秀紀),2013 https://t.co/mbxep5yAoh 歌声合成技術は楽曲制作に幅広く用いられるようになってきている.また特に若い層を中心に,そのような楽曲 (…
こんな論文どうですか? 歌声合成技術とその未来(剣持秀紀),2013 https://t.co/mbxep5yAoh 歌声合成技術は楽曲制作に幅広く用いられるようになってきている.また特に若い層を中心に,そのような楽曲 (…
こんな論文どうですか? 歌声合成技術とその未来(剣持秀紀 ),2013 http://t.co/ecfOmb1xZr 歌声合成技術は楽曲制作に幅広く用いられるようになってきている.また特に若い層を中心に,そのような楽曲 …

収集済み URL リスト