著者
江連 崇
出版者
名寄市立大学
雑誌
名寄市立大学社会福祉学科研究紀要 (ISSN:21869669)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.47-55, 2014-03-31

今日、日本における更生保護領域において刑務所と福祉施設の連携など、その枠組みの再検討が課題として挙げられている。その再検討の一環として本研究では『大日本監獄協会雑誌』を用いて、日本における更生保護の揺藍期でもある明治期に焦点をあて、関係者の出獄人保護についての思想を検討した。そこでは「犯罪予備軍」の減少を目的として就労支援を出獄人保護の目的とするものや、保護は国民の義務として、その必要性を説くものがあった。また各論者によって出獄人保護の役割と意義は異なっていたが、共通する点として、監獄事業の一環として出獄人保護を位置付けている点があげられる。これは今日の更生保護の課題でもある、刑務所と福祉施設の連携を考える上でも参考になる点が多いであろう。

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 明治期における更生保護思想 : 『大日本監獄協会雑誌』からみる更生保護の意義と役割(江連 崇),2014 https://t.co/JQK3mEtJJw 今日、日本における更生保護領域において刑務所と福祉施設の連携など、その…
1 1 https://t.co/oIO7Tij31K
こんな論文どうですか? 明治期における更生保護思想:『大日本監獄協会雑誌』からみる更生保護の意義と役割(江連 崇),2014 https://t.co/vV2gTB9mDJ

収集済み URL リスト