著者
麥 文彪
出版者
日本印度学仏教学会
雑誌
印度學佛教學研究 (ISSN:18840051)
巻号頁・発行日
vol.62, no.3, pp.1101-1105, 2014-03-25

『ヤヴァナジャータカ』(ギリシャ人の出生占星術)は紀元後のギリシャとインドの二つの文明の交流の証拠となる重要な文献である.このテキストは19世紀末から文献学者に知られていたが,校訂本は1978年にピングリーによってはじめて出版された.その後,シュクラ(1989)とファルク(2001)がピングリーの校訂及びその解釈の様々な誤りを指摘したが,全体的にテキストについての研究は進んでいなかった.2012年に新しいネパール写本が発見されたのをきっかけとして筆者は『ヤヴァナジャータカ』が紀元後149/150年にアレクサンドリアでヤヴァネーシュヴァラという人物がギリシャ語で創作した作品を,紀元後269/270年にギリシャ人のスプジドヴァジャが韻文化したという「ピングリー説」を批判した.本稿は今までの様々な発見をまとめ,ピングリー版の誤読を訂正し,脱文を埋め,『ヤヴァナジャータカ』の歴史的な位置を再考する試みである.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  最古のインド・ギリシャ系のサンスクリット文献の再考:――新発見の『ヤヴァナジャータカ』の写本に基づいて―― https://t.co/UnrQVgd02k #CiNii
@French_Masala @suhasm The "Oldest Indo-Greek Text in Sanskrit" could be Yavanajataka https://t.co/hvozXQRnAg

収集済み URL リスト