著者
堀 芳樹
出版者
公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会
雑誌
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集
巻号頁・発行日
vol.2015, pp.278-279, 2015-03-26

鬼道の事例研究として、最近では、植村による比叡山浄化の事例と堀(旧姓植村)による生駒山と大和盆地の浄化の事例がある。人間の暴挙(織田信長の比叡山焼き討ち、平氏の平城京焼き討ちと曽我氏による聖徳太子一族の撲殺等)によって、荒血で汚されてしまった神聖な領域は多々ある。これらの荒血で汚された領域について、次元を天界に上げてこれらの暴挙が起こらなかったように神々の世界上で、神聖な領域が再び復活するような鬼道の取り組みがなされている。これらは、数理的にはファジィ事象におけるモンテカルロシミュレーションに帰着される。所謂、ノーデータ問題では、自然の状態上の主観可能性分布とファジィ事象のメンバシップ関数を与えるだけで、消滅・反転・復活のシミュレーションを繰り返すことができる。ここで、ノーデータ問題は、神々の世界を表し、主観可能性分布は神々が生起する可能性、及び、ファジィ事象のメンバシップ関数は、ファジィ事象(人間界)が神から存在を許される度合いを表す。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 3 posts)

「鬼道」と「モンテカルロシミュレーション」とが、さっぱりむすびつかなかったので、改めてアブスト読んでみたけど、やっぱり結びつかなかったでござる。

Twitter (55 users, 55 posts, 55 favorites)

「鬼道」と「モンテカルロシミュレーション」とが、さっぱりむすびつかなかったので、改めてアブスト読んでみたけど、やっぱり結びつかなかったでござる。 / “CiNii Articles -  2-F-1 鬼道におけるファジィモンテカ…” https://t.co/4dMFVPD28T
鬼道におけるファジィモンテカルロシミュレーションの位置づけ(マルコフ過程) https://t.co/sp6jOCG9qy
"人間の暴挙(織田信長の比叡山焼き討ち、平氏の平城京焼き討ちと曽我氏による聖徳太子一族の撲殺等)によって、荒血で汚されてしまった神聖な領域は多々ある。" https://t.co/dyizNofvfV フーム
@tmattmat 信長の比叡山焼き討ちが無かったという説や聖徳太子が存在しなかったという説があるんだけど、そこら辺に解がないとそもそも前提が崩れるなぁ。。。  https://t.co/iIuMOm4OZ6

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009981481 (55)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009981481/en (2)