著者
井上 満郎
出版者
奈良大学
雑誌
奈良大学紀要 (ISSN:03892204)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.187-201, 1976-12

御霊,即ち,何らかの記念的な行動の足跡を残して死去した人に対する信仰は,古代に発生してより以来,はるかのちの近代社会においても存在している.その事例は極めて多く,既往の研究においてもふれられているのでここでは取りあげない.本稿で扱かうのは,古代においてこの御霊に対する人々の崇敬がいつ発生し,どのように定着・展開していったかということである.

言及状況

Twitter (2 users, 8 posts, 1 favorites)

御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78AxogLk
御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78AxogLk
御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78AxogLk
御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78Ax6FTM
御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78AxogLk
御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78AxogLk
1 1 https://t.co/nIvZ8HRnkm
御霊信仰の成立と展開:平安京都市神への視角 https://t.co/IV78AxogLk

収集済み URL リスト