出版者
学術研究センター運営委員会
雑誌
東京経済大学学術研究センター年報 = Annals of Tokyo Keizai University Academic Research Center (ISSN:13465724)
巻号頁・発行日
no.13, pp.185-238, 2013-09-17

開催プログラム開会の辞「フクシマ」の問いにどう応えるか 徐京植[ソ・キョンシク](東京経済大学), 第1部 犠牲の構造を組みかえるために ― フクシマ・東北からの問いを受けて, 報告 1.加害と被害の往還の中で―〈東北〉のなりたち 山内明美(宮城大学地域連携センター), 2.在日朝鮮人の「被災」経験と植民地主義について 李杏理[リ・ヘンリ](一橋大学大学院), 3.原爆2世「患友」問題とフクシマ 韓洪九[ハン・ホング](韓国聖公会大学), 4.原発事故をめぐるいくつかの論点について ―責任論を中心に 高橋哲哉(東京大学), 司会 早尾貴紀(東京経済大学), 第2部 試される核の記憶 ― 東アジアの問いを受けて 報告 1.沖縄―広島―フクシマ 矢ケ崎克馬(琉球大学名誉教授), 2.「被爆ナショナリズム」をどう考えるべきか 権赫泰[クォン・ヒョクテ](韓国・聖公会大学), 3.現代中国の「核」政策と冷戦 丸川哲史(明治大学), 司会 戸邉秀明(東京経済大学), 総合討論 司会・コメント:徐京植・早尾貴紀・戸邉秀明学術フォーラム, 開催日:2012年5月19日(土), 会場:東京経済大学国分寺キャンパス6号館7階大会議室, 主催:東京経済大学学術研究センター

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 「フクシマ」の問いにどう応えるか : 東アジア現代史のなかで,2013 https://t.co/6we3USMFHj
こんな論文どうですか? 「フクシマ」の問いにどう応えるか : 東アジア現代史のなかで,2013 https://t.co/6we3USMFHj
こんな論文どうですか? 「フクシマ」の問いにどう応えるか : 東アジア現代史のなかで,2013 http://t.co/6we3USMFHj
CiNii 論文 -  「フクシマ」の問いにどう応えるか : 東アジア現代史のなかで:「フクシマ」の問いにどう応えるか : 東アジア現代史のなかで Responding to the Question of Fukushima .. http://t.co/JTnvZRdwH6

収集済み URL リスト