著者
中田 隆将
出版者
広島国際大学心理臨床センター
雑誌
広島国際大学心理臨床センター紀要 (ISSN:13482092)
巻号頁・発行日
no.6, pp.31-47, 2008-03-20

本研究では,青年期の若者544名を対象に,失恋後の心理的変化と立ち直りに影響を及ぼす要因を検討した。その際,恋愛中の様相と失恋時の様相の影響を捉えるため,失恋のショックの大きさという変数を用いた。結果,失恋後の心理的変化のうち,肯定的心理変化に対し,失恋経験数,失恋形態,失恋のショックの大きさ,コーピング方略のうち未練,回避が,否定的心理変化に対し,失恋形態,失恋からの経過時間,失恋のショックの大きさ,コーピング方略のうち積極転換,未練,関係解消がそれぞれ影響を及ぼしていた。また,立ち直りに対しては,性別,失恋形態,失恋からの経過時間,失恋のショックの大きさ,コーピング方略のうち未練,否定的心理変化が影響を及ぼしていた。中でも,立ち直りに対し,失恋からの経過時間は最も強い影響を及ぼしていた。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 5 favorites)

こんな論文どうですか? 青年期における失恋からの立ち直りの研究(中田 隆将),2008 https://t.co/0Jehucu3pa 本研究では,青年期の若者544名を対象に,失恋後の心理…
@nut_knights 失恋後の心理的変化に影響を及ぼす要因の検討 http://t.co/CUpB6kQgv2 青年期における失恋からの立ち直りの研究 http://t.co/p6LvPecVfQ 人は失恋によって成長するのか http://t.co/3oidRIj6QP

収集済み URL リスト