著者
髙良 沙哉 Takara Sachika 沖縄大学人文学部福祉文化学科
出版者
沖縄大学地域研究所
雑誌
地域研究 (ISSN:18812082)
巻号頁・発行日
no.13, pp.133-152, 2014-03

本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事実を明らかにして、「慰安婦」訴訟の意義を示し、国家や国民が理解すべき旧日本軍による加害責任を再確認する。そして元「慰安婦」に対する、日本政府の戦後補償責任を追及する際の課題を判決に基づいて明らかにする。「慰安婦」訴訟で裁判所は、いわゆる「河野談話」に基づいて、「慰安婦」の徴集、「慰安所」の設置・管理における日本軍の関与、責任を認めた。また、各訴訟で認定された被害事実を検討すると、公文書に基づく吉見義明分類における、「純粋の慰安所」にも、統制のある「慰安所」と統制の曖昧な「慰安所」があることがわかり、また「慰安所」外における性的虐待の実態も明らかになった。そして「慰安所」内における性暴力の許容と促進が、「慰安所」外での性的虐待を誘発した様子も明らかになった。判決では、除斥期間や国家無答責の法理等の障害に阻まれ、被害者たちに対する戦後補償責任は認められなかった。戦後補償を行うには、日本政府、日本国民が加害の歴史に向き合うことが不可欠である。また、戦後補償を行う現憲法上の根拠を明確にし、国家無答責の法理等の障害をどのように超えるかが課題である。There are two objectives to this paper.1. The first purpose is to show the fact that sexual violence of the inside and the outside of the"comfort clubs" system was caused by the Japanese army. This paper also makes clear the meaning which the "comfort women" trials give. The Japanese government and Japanese people have to understand the Japanese army's responsibility for the sexual violence in the times of world warⅡ.2. The second purpose is to clarify the unsolved problems concerning the responsibilities of the Japanese government for the Compensation to the acts of sexual violence in the time of the world warⅡ.In the "comfort women" trials, the Japanese courts ascertained the participation and the responsibility of the Japanese army for the levy of the"comfort women", the management of the"comfort clubs"system. And the courts showed the two types of the "comfort clubs" in the "Just comfort clubs". The courts showed the another type of the victims,"sexual abuse". The Judgments also clarified that the sexual violence inside the "comfort clubs" caused the sexual abuse outside the "comfort clubs".The judgments rejected the responsibilities of the Japanese government for the Compensation to the acts of sexual violence in the time of the world warⅡ on the grounds of the deadline for the statutory exclusion, and of the principle of the national excuse of the responsibility.For the responsibilities of the Japanese government for the Compensation to the acts of the sexual violence in the time of the world warⅡ, the Japanese government and Japanese people have to learn the history of the sexual violence by the Japanese army. It is unsolved problems to clarify the constitutional grounds for the responsibilities in the time of the world warⅡ, and to overcome the deadline for the statutory exclusion and the principle of the national excuse of the responsibility.

言及状況

Twitter (4 users, 9 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  「慰安婦」訴訟の意義と課題 https://t.co/SrFPWSEZio #CiNii
@tomotaros_f @czarny_kot019 例えば以下のような、よく分からん大学のよく分からん准教授が書いた論文でも、多少は論拠になりますよね。 信用出来ない、と言い始めたらキリがないし。 そもそも、バトルしたくないな… https://t.co/RIfURaverw
こんな論文どうですか? 「慰安婦」訴訟の意義と課題(髙良 沙哉ほか),2014 https://t.co/P2gqSmzEIY  本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事…
こんな論文どうですか? 「慰安婦」訴訟の意義と課題(髙良 沙哉ほか),2014 https://t.co/PumLhr0HXZ  本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事…
こんな論文どうですか? 「慰安婦」訴訟の意義と課題(髙良 沙哉ほか),2014 https://t.co/PumLhr0HXZ  本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事…
こんな論文どうですか? 「慰安婦」訴訟の意義と課題(髙良 沙哉ほか),2014 https://t.co/PumLhr0HXZ  本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事…
こんな論文どうですか? 「慰安婦」訴訟の意義と課題(髙良 沙哉ほか),2014 https://t.co/PumLhr0HXZ  本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事…
こんな論文どうですか? 「慰安婦」訴訟の意義と課題(髙良 沙哉ほか),2014 http://t.co/5JxjN7MdP5  本稿は、裁判所が認定した「慰安所」内外における旧日本軍人による性暴力の被害事…

収集済み URL リスト