著者
小出 良幸
出版者
札幌学院大学総合研究所
雑誌
札幌学院大学人文学会紀要 (ISSN:09163166)
巻号頁・発行日
no.96, pp.31-55, 2014-10

岩石の多様性を理解する上で、化学的多様性と形成年代、なかでも成因が重要である。岩石には、火成岩と変成岩、堆積岩の3つの成因がある。火成岩では固体が溶融し液体になり固化する、堆積岩では固体が離脱、移動し、再構成される、変成岩では固体が別の固体に再結晶する、というそれぞれの素過程がある。素過程ごとにいくつかの作用があり、作用ごとにいくつかの要因があり、それらにより多様性が形成されている。素過程における要因だけでなく、地球の冷却過程や表層環境の変遷など、長い時間スケールでの変化を反映した多様性もある。岩石の多様性の変化は、地球の不可逆な変化を記録している。地球初期にできた固体にはいくつかの由来の火成岩があり、もっとも根源的な成因の岩石となっている。火成岩は、岩石の多様性に大きな改変を起こす、弁証法的な発展過程をしている。The Factors of chemical variety, formation age, and the origin are important for making the rock diversity. There are the three origins of igneous, sedimentary, and metamorphic in rocks. In an elementary process of igneous rocks, solid (rock) turns into liquid (magma), and solidify (rock). In sedimentary rocks, solid (rock) breaks and moves as fragments, solute, reconstruct to rock. In metamorphic rocks, solid (rock) recrystallizes to rock. There are some functions for every elementary process, and some factors involving for every function. The functions and factors form the rock variety. The rock diversity reflected the change with long time scales, such as a cooling process of the Earth and modification of the surface environment of the Earth. Mode change of the rock diversity is recording an irreversible change of the Earth. The first solids in the early Earth were made from igneous rocks which formed by the different processes from magmatism. An igneous process is the principle of origin. The igneous process developing dialectical causes the large diversity of rock.論文Article

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

まだこんな感じのこと言ってる人いるんだな https://t.co/BHURrFaKKU
@tomoking1034 がんばれ❤︎がんばれ❤︎ https://t.co/tSf3dyO9TG

収集済み URL リスト