著者
塚本 紀子 小嶋 秀幹
雑誌
福岡県立大学心理臨床研究 : 福岡県立大学大学院心理教育相談室紀要 (ISSN:18838375)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.85-91, 2014-03-31

福祉事務所で働く新人ケースワーカー(以下、CW)11名に対し、職務ストレスとその対処プロセスを半構造化面接法により調査した。結果は、質的に分析し、以下の仮説を生成した。CWは、配属直後から敬遠される職務であるという不安を抱く。実務により、訪問・対応の困難さや事務の煩雑さ、生活保護法や他法がわからないといったストレスを感じ、上司や家族の支援が十分でないと感じる。若い自分を意識し、自分だけではうまくいかないと感じ、仕事の悩みを一人で抱える。このような職務ストレスに対して、経験と共に対処スキルを向上させていくが、背景には、上司や同僚の支援、CW同士で辛さを共感できる職場環境がある。職務を継続するうち、徐々に自己内面が変化し、余裕ができ、価値観の違いを理解し受け止め、突き放した関心といった自己の変化も体験する。しかし、その過程で、プレ・バーンアウト状態に陥る者もいる。自己スタンスを確立できた者は、さらに自己バランスを構築しながら職務を継続する。

言及状況

Twitter (1 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 公的扶助ケースワーカーのストレスと職務適応プロセス(塚本 紀子ほか),2014 https://t.co/23XOixwCic
こんな論文どうですか? 公的扶助ケースワーカーのストレスと職務適応プロセス(塚本 紀子ほか),2014 https://t.co/23XOixwCic
こんな論文どうですか? 公的扶助ケースワーカーのストレスと職務適応プロセス(塚本 紀子ほか),2014 https://t.co/fSa5XirZUi
こんな論文どうですか? 公的扶助ケースワーカーのストレスと職務適応プロセス(塚本 紀子ほか),2014 https://t.co/fSa5XirZUi

収集済み URL リスト