言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

ジェンキンスの<差異>を重視するDV 加害者臨床の理論を「倫理的主体」の観点から説明している。ある意味「差異の後押し」戦略だけれど、全く別物。→小松原織香「DV加害者臨床における「倫理的主体」の検討」 https://t.co/zB67kmDgHj #CiNii
主体の再構成によって家族との分離でもなく単なる再結合でもなく、適切な関わりへの変容の実践。加害者の責任は倫理的になること。→CiNii 論文 -  DV加害者臨床における「倫理的主体」の検討 アラン・ジェンキンスの修復的アプローチ… https://t.co/oLhyvYfxJZ

収集済み URL リスト