著者
曽我部 真裕
出版者
日本新聞協会
雑誌
新聞研究 (ISSN:02880652)
巻号頁・発行日
vol.804, pp.50-53, 2018-07

本稿では海賊版サイトブロッキングに関する憲法的・法的な問題点について整理し、今後の検討における課題を提示してみたい。なお、筆者はこの問題についてすでに複数のウェブメディア上で記事を執筆しているので(注1)、ご参照いただければ幸いである。また、一般財団法人情報法制研究所(JILIS)では、筆者を取りまとめ役として複数の提言を公表しているが(注2)、本稿はこれらの提言とは別に、個人としての考えを述べるものである。

言及状況

Twitter (3 users, 6 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? オープンな場で筋の通った検討を : ブロッキングの法的な問題点 (海賊版サイトへのブロッキングを巡って)(曽我部 真裕),2018 https://t.co/ib9IoKz3o1
こんな論文どうですか? オープンな場で筋の通った検討を : ブロッキングの法的な問題点 (海賊版サイトへのブロッキングを巡って)(曽我部 真裕),2018 https://t.co/ib9IoKz3o1
こんな論文どうですか? オープンな場で筋の通った検討を──ブロッキングの法的な問題点(曽我部 真裕),2018 https://t.co/ib9IoKz3o1

収集済み URL リスト