著者
小泉 昂也 折原 良平 清 雄一 田原 康之 大須賀 昭彦 Takaya KOIZUMI Ryohei ORIHARA Yuichi SEI Yasuyuki TAHARA Akihiko OHSUGA
出版者
電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム (ISSN:18810225)
巻号頁・発行日
vol.101, no.9, pp.1363-1371, 2018-09-01

人や企業は様々な条件下で最適な行動を取るのだろうか.取らないのであればそれはなぜか.その原因を求めることは,実際の個人・企業等の理解を大きく助ける.また,ゲーム理論はスポーツや経済学そしてその他の社会科学の理解に大きく関わってきた.本研究は比較的データが集めやすく混合戦略を適用できるサッカーのPK戦に注目し,独自の確率を考慮した利得表を作成した.その利得表を用いてPK戦におけるキッカーの最適戦略を求め,最適戦略と実際の戦略とのズレを明らかにした.そのズレの原因を求める為にデータセット内の各データ項目についての確率分布を比較するというアプローチをした.データはインターネット動画サイトより収集した,プロ選手による2001年〜2017年の間の世界各国のPK戦150試合(計1539人分)を使用した.実験結果として,最適戦略と実際の戦略との間にズレが存在することが分かった.またそのズレには国籍・スコア差の関与が示唆された.その結果から,サッカーPK戦における最適戦略と実際の戦略との間におけるズレの原因を推定した.本手法はスポーツ分野以外への応用も期待できる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? サッカーPK戦におけるゲーム理論上の最適戦略とプロの戦略との差異に関する考察(小泉 昂也ほか),2018 https://t.co/LTUOEZ04Zj
こんな論文どうですか? サッカーPK戦におけるゲーム理論上の最適戦略とプロの戦略との差異に関する考察(小泉 昂也ほか),2018 https://t.co/LTUOEZ04Zj
こんな論文どうですか? サッカーPK戦におけるゲーム理論上の最適戦略とプロの戦略との差異に関する考察(小泉 昂也ほか),2018 https://t.co/LTUOEZ04Zj

収集済み URL リスト