2 2 0 0 IR 南朝関白考

著者
鈴木 満
出版者
秋田大学史学会
雑誌
秋大史学 (ISSN:0386894X)
巻号頁・発行日
no.60, pp.1-17, 2014-03

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

正平一統以降、南朝の自己意識が変化したという考察がなかなか気づけなかった観点だった。しかし、後醍醐天皇以降、南朝を支えたイデオロギーが京都からの亡命政権と遺命以外いまだによくわからない。 CiNii 論文 -  南朝関白考 https://t.co/Hy2wFpVcb2 #CiNii

収集済み URL リスト