著者
阿部 宗明 鈴木 満平 アベ トキハル スズキ マンペイ Tokiharu ABE Mampei SUZUKI
雑誌
南極資料
巻号頁・発行日
vol.62, pp.23-28, 1978-09

南大洋特産のヘモグロビンを持っていないことで有名なコオリウオ科Chaenichthyidaeの魚の中,正確には2回(しかも合計2尾)報告されたに過ぎなかったNeopagetopsis ionah NYBELINが,1976年度および1977年度の南大洋オキアミ試験漁業で,少なからず混獲され,比較的良好な状態の標本が入手できたので,その形態や胃内容物観察とその肉の一般分析の結果を速報する.形態はANDRIASHEV (1960) (標本体長50 cm)の標本と大体一致する.ただし,鰓条骨に8~9個と変異のあることは注目に価する.この魚にカラスコオリウオの新称を与える.肉の一般分析は,冷凍保存されていた魚体を流水中で解凍し,魚肉を採取して乳ばちで均一化したものを分析試料として行った.水分,灰分は常法により,粗蛋白質はKjeldahl法により得られた総窒素量に6.25を乗じることにより,粗脂肪はSoxhlet抽出器を使用し,エチルエーテルで15時間抽出し,その抽出物重量で示した.結果は水分84.8%,粗蛋白質11.9%,粗脂肪2.0%,灰分1.3%であった.胃内容物中には南極オキアミが多数あり,これは大小2群に分けられる.大きい方は漁船の漁獲対象となったものと同じく体長約5cmであるが,小さい方は体長約2cmで,これは漁網の目を通り技けたものと思われる.ANDRIASHEV (1960)は280 mの深さから底曳網で1個体を得たが,今回は表層近くで南極オキアミ漁により少なからず混獲された.Not a few specimens of the chaenichthyid fish Neopagetopsis ionah NYBELIN were observed among the Antarctic krill caught by the fisheries research vessels in the Southern Ocean from November 1976 to March 1977, and from November 1977 to March 1978. Some of them have been collected for study. They measure ca. 150-200 mm in standard length and are all much smaller than the adult (measuring 500 mm in standard length) reported by ANDRIASHEV in I960, which was caught in a trawl at a depth of 280 m. Results of the morphological and biological observations of the fish and chemical analysis of its flesh are given.
著者
鈴木 満
出版者
秋田大学史学会
雑誌
秋大史学 (ISSN:0386894X)
巻号頁・発行日
no.61, pp.31-46, 2015-03

2 0 0 0 IR 南朝関白考

著者
鈴木 満
出版者
秋田大学史学会
雑誌
秋大史学 (ISSN:0386894X)
巻号頁・発行日
no.60, pp.1-17, 2014-03
著者
鈴木 満 大井 智子
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンストラクション (ISSN:09153470)
巻号頁・発行日
no.286, pp.80-83, 2001-08-24

発注者が自ら談合の「総元締め」となり,発注物件の受注調整に暗躍する「官製談合」。今回はこの官製談合を取り上げる。談合をなくすためには,この官製談合を防ぐことが重要だ。背景には「政・官・業」がゆ着した構造があり,これに発注者の能力不足や天下りの問題が複雑に絡む。
著者
鈴木 満
出版者
秋田大学史学会
雑誌
秋大史学 (ISSN:0386894X)
巻号頁・発行日
no.62, pp.1-16, 2016-03
著者
鈴木 満
出版者
秋田大学史学会
雑誌
秋大史学 (ISSN:0386894X)
巻号頁・発行日
no.64, pp.28-42, 2018-03
著者
鈴木 満由美
出版者
日本国際情報学会
雑誌
国際情報研究 (ISSN:18842178)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.29-38, 2009-12-20 (Released:2016-01-01)
参考文献数
5

In this paper the writer will demonstrate that video-recorded opera works are great use to develop an ability to understand other peoples, their countries and cultures.Here in Japan, few cities have an opera house; few people can enjoy operas as they are actually performed before their eyes just in the town they live in and exactly at the time they have an opportunity. Yet the development of IT as well as audio-visual technology has allowed opera to attract an increasing number of persons. With a lot of performances recorded on video/disk and DVDs, more and more works have reached to an ever wider audience. They can also gain access to the contents of the plays by means of subscriptions.What is more, video-recorded operas are a great help in teaching people Western history. In many operas, heroes and heroines of Greek mythology and statesmen and generals of Roman Empire appear on the stage. While enjoying operas people can learn a lot about the historical situations and cultures not only of the ancient world but of the modern European countries where the works were written.
著者
鈴木 満
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンストラクション (ISSN:09153470)
巻号頁・発行日
no.292, pp.88-91, 2001-11-23

前回の刑事告発の話に引き続いて,独占禁止法違反に問われた場合のペナルティーの話題を取り上げる。今回は「課徴金」について。課徴金制度は入札談合を防ぐ切り札として1977年に導入されたが,制度を導入した当時の思惑通りには,いまのところ機能していないのが現状だ。鈴木教授は,談合情報を提供した者に対して課徴金を免除する制度を作れば,摘発件数の増加につながると訴える。