著者
定村 薫
出版者
尚美学園大学総合政策学部
雑誌
尚美学園大学総合政策研究紀要 = Bulletin of policy and management, Shobi-Gakuen University (ISSN:13463802)
巻号頁・発行日
no.34, pp.17-33, 2019-09

本研究は、日本を代表する作詞家のひとりである松本隆の作詞した楽曲の歌詞を分析する。松本隆はそれまでの歌謡曲の歌詞の概念を大きく変える斬新な歌詞を発表し、後進の作詞家やシンガーソングライターにも大きな影響を与えている。本研究では歌詞に使用される単語の頻度から、松本隆の歌詞の特徴を他の作詞家との比較によって数的に捉えることを目的とする。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

調べる過程で 「松本隆の歌詞の使用単語についての計量テキスト分析」 という論文を発見した。 面白い! https://t.co/pelUdle51M
松本隆について調べたら面白い論文が。 統計学を専攻されてる定村薫東京国際大学准教授による、松本隆の歌詞を使用単語の頻度から数的分析をすることで、松本隆の特徴・傾向を数字で明らかにしていくという論文。 興味深い。 https://t.co/2vrMHEcTxA

収集済み URL リスト