著者
岡村 季光 多根井 重晴
出版者
奈良学園大学
雑誌
奈良学園大学紀要 = Bulletin of Naragakuen University
巻号頁・発行日
no.12, pp.23-28, 2020-03-10

本研究は、各SNSにおけるアカウント保有数に着目し、自己隠蔽傾向との関連を検討することを目的とした。SNSにおけるアカウント保有数について、Twitterは約40%の者が複数アカウントを保有していることが明らかとなった。各SNSアカウント保有数と自己隠蔽傾向の関連を検討した結果、Twitterと自己隠蔽は有意傾向の正の相関、Facebookとは有意の正の相関が認められた。青年期のSNSの利用において、アカウントを複数所持する者ほど、アカウントを使い分けながら、本当の自分は見せないようにふるまっている可能性が示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

CiNii Articles -  Relationship between Amount of SNS Accounts and Self-Concealment in Late Adolescents https://t.co/OJDhK8hZAy #CiNii
また面白いのみっけた CiNii 論文 -  青年期後期のSNSアカウント保有数と自己隠蔽傾向の関連 https://t.co/yTfxtdmpi5 #CiNii

収集済み URL リスト