著者
渡辺 敞 徳山 久仁夫 中山 政一 二宮 寿男 大八 木俊治
出版者
社団法人 砂防学会
雑誌
砂防学会誌 (ISSN:02868385)
巻号頁・発行日
vol.31, no.3, pp.22-30, 1979
被引用文献数
2 or 0

土石流災害から人命を守るための防災体制づくりの一環として,昭和50年台風5号時の仁淀川流域を調査し,警戒・避難基準雨量を設定する手法を検討した。<br>土石流発生時刻を現地で聞き取り調査し,降雨データと併せて発生時の目安雨量を定めた。豪雨時のモデル降雨をハイエトグラフを用いて設定し,土石流発生目安雨量に達する2時間前と1時間前の累加雨量をそれぞれ警戒と避難の警報を発する基準雨量とした。<br>その値を既往の豪雨に適用した場合の適合度を検討した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 土石流警戒避難基準雨量設定の一手法:高知県仁淀川流域を対象として(渡辺 敞ほか),1979 https://t.co/F0DDDAaJON
こんな論文どうですか? 土石流警戒避難基準雨量設定の一手法:高知県仁淀川流域を対象として(渡辺 敞ほか),1979 https://t.co/F0DDDAaJON
1 1 https://t.co/MonrpwBHYo
こんな論文どうですか? 土石流警戒避難基準雨量設定の一手法:高知県仁淀川流域を対象として(渡辺 敞ほか),1979 https://t.co/F0DDDAaJON

収集済み URL リスト