著者
向後 雄二
出版者
社団法人 農業農村工学会
雑誌
農業土木学会論文集 (ISSN:03872335)
巻号頁・発行日
vol.1985, no.115, pp.25-32,a1, 1985

本論文では, 材料非線形性を考慮したBiot圧密方程式を有限要素法を用いて解く場合の解法手順として, Newton-Raphson法および修正Newton-Raphson法に基づく解法手順を示した。また, 上記解法手順を用いて, Wealdclayの理想的な三軸圧縮試験のシミュレーションを行い, 剪断速度の違いによる剪断性の変化を予測し, 圧密を考慮した解析の有効性を示した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 有限要素法による材料非線形性を考慮したBiot圧密方程式の解法(向後 雄二),1985 https://t.co/XRivl564fM 本論文では, 材料非線形性を考慮したBiot圧密方程式を有限要素法を用いて解く場合の解法…

収集済み URL リスト