著者
野田 貴彦 野村 健太郎 小室 直之 鄭 韜 楊 深 宮田 一乘
出版者
芸術科学会
雑誌
芸術科学会論文誌
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.81-89, 2009

本論文では,カクテルのアナロジを用いることにより風景画像を作成するシステムを提案する.このシステムではカクテルの材料を風景の要素とし,それらをシェーカで混ぜる事で風景を作成する事が出来る.作成される風景画像はシェーカを振ることでリアルタイムに変化し,体験者は風景画像を作成している感覚を持つことが出来る.また,風景の要素の組み合わせで,出来上がる風景画像は異なってくる.これにより,体験者はオリジナルの風景画像を作成する事ができる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

IVRC2009 "風景バーテンダー":カクテルのアナロジを用いた風景生成の先見の明よ https://t.co/nLQ5epElAQ #CiNii #IVRC 僅か100万円で開発した「Amazon Go」型店舗 その意外な仕組… https://t.co/Nmb1YZrBDs

収集済み URL リスト