著者
菅田 勝也 佐藤 鈴子 永田 朝子
出版者
公益社団法人 日本看護科学学会
雑誌
日本看護科学会誌 (ISSN:02875330)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.75-81, 1997

夜間介護を行うための睡眠中断が介護者の睡眠に及ぼす影響を調べる目的で, 45歳の女性を被験者として, 試行2夜に続き, 病院の個室で夜間介護をした3夜と介護をしなかった自宅での1夜の連続4夜, および2週間後に自宅で2夜, 計6夜の睡眠ポリグラフィを実施し, 以下の結果を得た.<BR>1) 非介護3夜の睡眠時間のレソジは356~367分と安定していたのに比べ,介護した3夜は日による差が大きく,271~391分であった.<BR>2) 介護のための睡眠中断は, 強制覚醒によるものではなかったが, 3夜とも睡眠周期のリズムに乱れが認められた.<BR>3) 介護第1夜と第2夜は睡眠率が低く, 各睡眠段階率が類似していたが, 介護第3夜は前の2夜よりもむしろ介護をしなかった夜の睡眠に近かった.<BR>4)入眠潜時は介護第1夜から非介護第1夜にかけて日毎に短縮し, 介護第3夜と非介護第1夜は, 被験者の通常の睡眠である非介護第2夜, 第3夜と比べても短かった.<BR>これらは, 夜間介護による疲労の蓄積の影響の大きさを示唆するものである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 夜間介護のための睡眠中断が介護者の睡眠に及ぼす影響:一脳波測定例(菅田 勝也ほか),1997 https://t.co/oaDzn72QmD
こんな論文どうですか? 夜間介護のための睡眠中断が介護者の睡眠に及ぼす影響:一脳波測定例(菅田 勝也ほか),1997 https://t.co/oaDzn72QmD
2 2 https://t.co/NF0Kpn4jN5
こんな論文どうですか? 夜間介護のための睡眠中断が介護者の睡眠に及ぼす影響:一脳波測定例(菅田 勝也ほか),1997 https://t.co/oaDzn72QmD

収集済み URL リスト