著者
藤田 邦彦
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.58, no.3, pp.745-753, 2017-03-15

自分自身の個人情報や所属する組織の秘密情報など,自身の管理する情報を不適切に開示する事例が増えつつある.不適切な開示を防止する対策の実施は,当該情報を管理する主体の行動に依存する部分が大きい.本研究では,開示する主体は,開示によって得られる利得と損失をそれぞれの量と確率を勘案して比較し,開示するか否かを意思決定すると仮定しモデル化を行う.このモデル化により,自身の管理する情報の不適切な開示の防止の対策実施に資する貢献が期待できる.本研究ではモデル化に際し,行動経済学において人がどのようにリスクをともなう決定を行うかを説明する理論であるプロスペクト理論を援用する.そして,本研究で提案するモデルを,電子商取引サイトの決済手段の選択の例と,組織の秘密情報を持ち出すか否かの意思決定の例に適用し,適用の結果と,他のアンケート調査の結果の整合性を検討することにより,提案モデルの有効性を評価する.The cases of inappropriate disclosure of information being managed by oneself such as personal information of one's own and secret information of organizations are increasing. Preventing inappropriate information disclosure depends on the behavior of the subject who manage the information. In this paper, I assume that the subject who discloses the information compares quantity and probability with respect to gains and losses by disclosing the information and makes a decision. This modeling can be expected to contribute preventing inappropriate information disclosure. In this paper, I apply the prospect theory, which models how people make decisions with monetary risk. I apply the proposed model to two case examples. One is to decide means of settlement in electric commerce cite, and the other is to to decide whether or not taking the secret information outside of the office. I evaluate the effectiveness of the proposed model by considering the consistency between the result of applying the model to two cases and the result of questionnaire surveys being conducted by other organizations.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

今年のノーベル経済学賞はRichard Thalerが受賞しました.受賞理由は行動経済学に関する貢献です.この行動経済学の理論を,情報セキュリティリスク環境下における人間の意思決定に応用した論文が,こちら↓になります(宣伝).https://t.co/yzLaRB9Au3

収集済み URL リスト