出版者
日経BP社
雑誌
D&M日経メカニカル
巻号頁・発行日
no.585, pp.46-48, 2003-06

「日産の再建は現実のものとなった。3年前,当社は凋ちょう落らくに歯止めがかかっていなかった。それが今では,グローバル競争にカムバックを果たしただけでなく,ペースメーカーの役割も果たしている」──。 2003年4月23日,2002年度(2003年3月期)の連結決算発表の席上,日産自動車社長兼CEOのCarlos Ghosn氏は,威風堂々と同社の復活と成長ぶりを説明した。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? Part2--現場のソリューション 過去のしがらみをCFTが断ち顧客志向の商品企画へと邁進 (解説 日産が自ら語る復活の舞台裏),2003 https://t.co/URkZxSB1XP  「日産の再建は現実のものとなった。3…
こんな論文どうですか? Part2--現場のソリューション 過去のしがらみをCFTが断ち顧客志向の商品企画へと邁進 (解説 日産が自ら語る復活の舞台裏),2003 https://t.co/qy30pZ2OJA
1 1 https://t.co/g1RUl3Qcpr
こんな論文どうですか? Part2--現場のソリューション 過去のしがらみをCFTが断ち顧客志向の商品企画へと邁進 (解説 日産が自ら語る復活の舞台裏),2003 https://t.co/qy30pZ2OJA

収集済み URL リスト