著者
東 真千子 田島 松二
出版者
別府大学会
雑誌
別府大学紀要 (ISSN:02864983)
巻号頁・発行日
no.52, pp.11-19, 2011-02

「A にB を供給する、提供する」等の意味内容を表わす'provide A with B'型構文とその類型の実態について、アメリカの週刊誌Time コーパスの10年分(1990−1999)を第一次資料として観察した。provide A with B 型、provide B for A 型、provide B to A 型、provide A B 型の4つの形式のうち、使用頻度は、provide A with B 型、provide B for A 型が最も高く、その後にprovide B to A 型がつづく。ただし3型とも頻度はそれ程変わらない。非正用法と目されることもある二重目的語型のprovide A B 型は使用頻度が極めて低いことがわかった。またAの位置に人がくるか「人以外」がくるかで見てみると、provide A B 型はA の位置に「人」がくる場合に限って使われ、その他の型では、A の位置に「人」がくる割合が最も高いのはprovide A with B 型、ついでprovide B for A 型で、一番低いのはprovide B to A 型であった。しかし、A の位置にくる語句が長くなるほど、provide B for A 型やprovide B to A 型をとる傾向があることもわかった。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

provide という動詞を使うときにしばしば前置詞を迷うけど、こんな論文があった。大学受験の際には provide A with B を覚えたけど、provide B for [to] A の方が直感的にはわかりやすい。

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

provide という動詞を使うときにしばしば前置詞を迷うけど、こんな論文があった。大学受験の際には provide A with B を覚えたけど、provide B for [to] A の方が直感的にはわかりやすい。 / “CiNii 論文 -  現代アメリカ英語における'provide A with B'型構文とその類型に…” https://t.co/9RngAf4iZi

収集済み URL リスト