著者
中嶋 文雄 米地 文夫
出版者
岩手大学教育学部
雑誌
岩手大学教育学部研究年報 (ISSN:03677370)
巻号頁・発行日
vol.71, pp.53-55, 2011

明治27年(1894年)に刊行された志賀重昂の著書「日本風景論」[1]における中心的命題の一つは、富士山が世界一の名山というべき美しさを有することの科学的裏付けとしてその形状が対数曲線であるということである。そして文脈からしてこの事が志賀自身の発見によるかのごとく書かれている。しかし1989年と1990年の日本地理学会において、本論文の著者の一人である米地文夫により、この命題は当時の日本の帝国大学工科大学の教授を務めていたイギリス人の地質学者であるJohn Milne の論文[2a]からの剽窃であることが指摘された[3a][, 3b]。問題となったのは[1]の89ページの次の文節である。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

確か富士山を日本の美の象徴に位置づけてしまったひとでは。 https://t.co/njXXLciKKn https://t.co/SSSv9nzq41

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: 山田晴通
2019-07-16 15:54:28 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト