著者
内藤 浩光 林 浩司 西﨑 博則
出版者
横浜植物防疫所
雑誌
植物防疫所調査研究報告 (ISSN:03870707)
巻号頁・発行日
no.52, pp.1-6, 2016-03

臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保護の観点からその使用を最小限にとどめる努力が国際的に進められている。日本の検疫病害虫の一つであるグラナリアコクゾウムシに対しては、臭化メチルの代替剤としてリン化水素が有効であるが、本調査においては、酸素濃度を高くした条件下でリン化水素くん蒸によるグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性がどう影響を受けるかについて試験を実施した。さまざまな酸素濃度とくん蒸日数において、リン化水素2.0mg/l、15℃でくん蒸した結果、同じくん蒸期間でみると、より高い酸素濃度で殺虫効果がより高くなった。100%の殺虫効果が酸素濃度30及び40%、9日間で達成された。ロジット解析による酸素濃度40%でのLT50、LT95及びLT99は、それぞれ0.93、3.38及び4.75日であり、LT50及びLT95は通常大気条件下で行われた過去の調査結果の値の半分以下であった。酸素濃度40%以上でのリン化水素くん蒸が、グラナリアコクゾウムシ蛹に対して95%以上の殺虫効果を得るために効果的であると考えられた。リン化水素0.3、0.5及び1.0mg/l、酸素濃度30及び40%、9日間、15℃でのくん蒸の結果、100%の殺虫効果は得られなかった。同じ薬量で比較すると酸素濃度40%で殺虫効果は高く、酸素濃度40%、薬量0.5及び1.0mg/lでは、99.7%以上の殺虫効果が得られた。以上の結果から、グラナリアコクゾウムシ蛹は、酸素濃度30%以上、9日間、15℃で、くん蒸中リン化水素濃度2.0mg/lを維持することにより100%殺虫されることが明らかとなった。また、酸素濃度を40%よりも高くすることにより、グラナリアコクゾウムシ蛹を100%殺虫するリン化水素の投薬量及び処理期間を、低下、短縮することが可能であることが示唆された。

言及状況

Twitter (3 users, 12 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…
こんな論文どうですか? 高酸素濃度下でのリン化水素くん蒸に対するグラナリアコクゾウムシ蛹の感受性(内藤 浩光ほか),2016 https://t.co/ZRZQjj0WuD 臭化メチルは、長年植物検疫の効果的なくん蒸剤として使われてきたが、オゾン層保…

収集済み URL リスト