19 0 0 0 米国の警察

著者
上野治男著
出版者
良書普及会
巻号頁・発行日
1981

言及状況

Twitter (10 users, 13 posts, 12 favorites)

@BGenHummel もちろん現在的にはそうですが、伝統的にはそういう慣行があったようで…上野氏は「シェリフには『もし、自治体警察がその任務を遂行しえない状態にあるとシェリフが判断した』ときには、その任務を代って行う権限が与えられている」(p.155)と紹介されてました https://t.co/D9ptdigQl3
@dragoner_JP 直接の資料ではないのですが、下記文献にて「60年頃までは日本と大差ない犯罪発生率だったが、この頃から急激に増加しはじめ、60年から75年までの15年間で3.3倍に達した」という話があり、また60年代後半から自動拳銃が導入されて火力強化が図られてるので、この辺でしょうか https://t.co/D9ptdigQl3
@type76_ 例えばあちらの警官は副業がある方が多いそうで、上野先生はジャクソン流民主主義の影響として解説されてましたが、これも文民警察が社会の一部と捉えられている傍証かなと https://t.co/D9ptdigQl3
@hardboiledski45 いえいえ、当該記事の当該部分は下記2冊の参考文献の要約に過ぎませんので、もしご不明な点があればこちらをあたっていただければ氷解するかもしれません https://t.co/D9ptdigQl3 https://t.co/DH31xLmZY3

Wikipedia (9 pages, 10 posts, 2 contributors)

編集者: Panda 51
2017-06-11 13:48:51 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト