著者
牧野 莉央
出版者
日本地球惑星科学連合
雑誌
JpGU-AGU Joint Meeting 2017
巻号頁・発行日
2017-05-10

2016年4月14日21時26分に熊本県熊本地方でM(マグニチュード)6.5の地震が発生し、震度7が記録された。その後の余震活動に続いて16日1時25分には、より大きいM7.3のイベントが発生し、熊本県周辺の狭い範囲で地震が続いた。このような狭い地域に引き続いて起こる大きな地震に興味をもち、実験で類似する現象の再現を試みた。実験では高野豆腐などの試料を万力で加圧し、発生する破壊音を記録する。そしてその音を地震ととらえて波形を解析し、大きさと発生した時間を数値化した。その結果、スナック菓子のハッピーターンによる試行で「平成28年熊本地震」の地震活動に最も似た現象が見られた。このデータから求めたグーテンベルク=リヒターの式による解析結果について考察を加えて報告する。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@take2301 地球科学の巨大学会に高校生の研究発表セッションがあるんだけど、「ハッピーターンは割れ方が実際の地震に似ている事が分かった。そこで、ハッピーターンを利用して、地震の発生についてどの程度の実験が可能か調べた」って高… https://t.co/uSerDkCitv
@happyturnkameda @SUEmishima @GSOPnanjo 愚息が食べたがりますきっと。 https://t.co/rZCdUrFHFI
《スナック菓子「ハッピーターン」から再現する地震活動》という高校生ポスター発表があったのか…「スナック菓子のハッピーターンを万力で圧搾することで発生する音を地震と見なし、グーテンベルク=リヒターの式に当てはめて比較する」https://t.co/jhu7bCGWBt

収集済み URL リスト