著者
迎山 和司
出版者
人工知能学会
雑誌
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)
巻号頁・発行日
2018-04-12

本研究では,人工知能によって4コマ漫画を分析し,得られた特徴情報からルールを設定して2コマ漫画を生成した.4コマ漫画は4つのコマで構成され,一つのコマは登場人物・背景・セリフ・オノマトペ・漫符の要素で構成される.興味深い点はコマの形は同じなのにコマをバラバラに分解されても読者は元に戻すことができることだ. これは、コマ同士に関連する何かがあることを意味する.そこで,このような接続ルールを見つけ,選択されたパネルを組み合わせて新しい物語を自律的に生成した実験を行った.分析と試行の結果,セリフと登場人物のルールを発見し,2コマまでは破綻のない物語を生成できた.したがって,基礎的ではあるが,あらゆる漫画を抽象化して共通要素から新しい物語を作るという本手法の有効性は示せたと考える.今後は4コマ漫画にのみならずストーリー漫画でも要素を抽出して同様の手法で試したい.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (4 users, 4 posts, 6 favorites)

Fontender:コミック創作のためのフォント融合による文字デザイン手法 https://t.co/azbCHMeoDI 既存の漫画に基づいた2コマ漫画の自律生成 https://t.co/MLgkXN8xtW キャラクター顔特… https://t.co/bh8rsaruNs
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)/既存の漫画に基づいた2コマ漫画の自律生成 https://t.co/f622dUKhlS
鹿児島で催される人工知能学会全国大会の「コミック工学」セッションで以下の発表してきます。もし参加される方がいたら現地でお会いできれば嬉しいです。よろしくお願いします。 https://t.co/X1TadvP2Ah

収集済み URL リスト