著者
鈴木 惇
出版者
人工知能学会
雑誌
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)
巻号頁・発行日
2018-04-12

本研究は、主に Web 上で投稿されている、台本形式小説 (SS: ショートストーリーもしくはサイドストーリーの略とされる) を自動生成することを目的とする。本研究は既存のニューラル対話モデルを各話者の特徴を考慮して拡張する。提案モデルである three-step unified LSTM interlocution producer (TULIP) は発話符号化LSTM, 文脈更新 LSTM 発話復号化 LSTM の三つのLSTMの結合によりなっている。本研究では提案モデルに Web 上 の台本形式小説を学習させ、直接既存の小説を加工することなく一から小説を生成した。本研究では、質的、量的の双方の観点から出力した小説を評価し、提案するLSTMベースの手法が自然な日本語列を生成することを確認した。さらに、既存の定量評価手法の問題点についても指摘した。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

すごい論文を見た, PDFもものすごい... まさか論文の中で「藍子ちゃんのお腹を触っていたら夜になっていた」って文字見る日が来るとは思わなかった...

Twitter (20 users, 20 posts, 20 favorites)

深層学習周りで言うとこれが面白かったので読んでほしい https://t.co/hEspYG5Rwx
すごい論文を見た, PDFもものすごい... まさか論文の中で「藍子ちゃんのお腹を触っていたら夜になっていた」って文字見る日が来るとは思わなかった... / “JSAI2018/TULIP: Generation of Scree… https://t.co/VZ1bICAqU7
TULIP: Web小説を学習に用いた三段階LSTMによる台本形式小説 (SS) 生成 https://t.co/Na44bjWIVo チューリップとかいうなかば無理矢理な語呂合わせであれっと思ったら、これはwww https://t.co/JjzHps0vOw
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)/TULIP: Web小説を学習に用いた三段階LSTMによる台本形式小説 (SS) 生成 - https://t.co/OZanJWNuf2 (アイマスの)SSの自動生成に関する研究だけど天海春香会話学会会員としては気になりますね

収集済み URL リスト