著者
小野 盛司 吉野 守
雑誌
2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)
巻号頁・発行日
2019-04-08

将来AI/ロボットが大半の雇用を奪ってしまうと言われている。そのときはベーシックインカムという方法が提案されているが、巨額の財源が必要になる問題と労働意欲の喪失が欠点とされている。その両者を解決するために解放主義社会を提案する。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

ロボット・ウィズ・アス: 労働はロボットに、人間は貴族に。 https://t.co/xsnatC0ncZ https://t.co/nuC07yFqXD
@w7VcyndQTH8dDUW これ読むといいよ! だがなるにはシンギュラリティから10年後以降になると思う… https://t.co/caxEAz3rzx
[4Rin1-07] AIの発達で資本主義が崩壊し、解放主義社会へと移行する jsaiキテるな https://t.co/0u38xtI6NY

収集済み URL リスト