著者
大川 淳 亀頭 正樹 赤松 大樹 吉龍 資雄
出版者
The Japanese Society of Gastroenterological Surgery
雑誌
日本消化器外科学会雑誌 (ISSN:03869768)
巻号頁・発行日
vol.26, no.4, pp.1085-1089, 1993
被引用文献数
2

症例は71歳の女性.嘔吐を主訴に入院.入院時検査にて白血球19,300/mm3, 血清総ビリルビン値は15.2mg/dlと上昇し, 胆管炎および閉塞性黄疸を認めた.血清CA19-9値は89,305U/mlと著増を示し, 膵胆道系の悪性疾患が疑われた.腹部超音波と腹部computed tomography (CT), およびpercutaneous transhepatic cholangiography (PTC) 上総胆管結石を認めたが, 悪性所見は認めなかった.胆汁中のCA19-9は13,800,000U/mlであった.Percutaneous transhepatic cholangiodrainage (PTCD) にて減黄後, 血清CA19-9値は145U/mlまで減少し, 総胆管結石の診断にて手術を施行した.胆嚢壁は著明に肥厚し, 胆嚢内に混合石90個と総胆管内に混合石20個を認めた.病理組織学上, 胆嚢壁の強度の炎症所見と, 免疫組織学的に胆嚢上皮にCA19-9を証明した.術後CA19-9値の再上昇は認めない.
著者
大川 淳 亀頭 正樹 赤松 大樹 吉龍 資雄
出版者
一般社団法人日本消化器外科学会
雑誌
日本消化器外科学会雑誌 (ISSN:03869768)
巻号頁・発行日
vol.26, no.4, pp.1085-1089, 1993-04-01
被引用文献数
6

症例は71歳の女性, 嘔吐を主訴に入院. 入院時検査にて白血球 19,300/mm^3, 血清総ビリルビン値は 15.2mg/dl と上昇し, 胆管炎および閉塞性黄疸を認めた. 血清 CA19-9 値は 89,305U/ml と著増し, 脾胆道系の悪性疾患が疑われた. 腹部超音波と腹部 compouted tomography (CT), および percutaneous transhepatic cholangiography (PTC) 上総胆管結石を認めたが, 悪性所見は認めなかった. 胆汁内の CA19-9 は 13,800,000U/ml であった. Percutaneous transhepatic cholangiodrainage (PTCD) にて減黄後, 血清 CA19-9 値は 145U/ml まで減少し, 総胆管結石の診断にて手術を施行した. 胆嚢壁は著明に肥厚し, 胆嚢内に混合責90個と総胆管内に混合石20個を認めた. 病理組織学上, 胆嚢壁の強度の炎症所見と, 免疫組織学的に胆嚢上皮に CA19-9 を証明した. 術後 CA19-9 値の再上昇は認めない.