著者
日本音声言語医学会言語委員会 運動障害性 (麻痺性) 構音障害小委員会
出版者
日本音声言語医学会
雑誌
音声言語医学 (ISSN:00302813)
巻号頁・発行日
vol.40, no.2, pp.164-181, 1999-04-20 (Released:2010-06-22)
参考文献数
16
被引用文献数
2

1987年に発足した運動障害性 (麻痺性) 構音障害小委員会の10年間の活動経過について報告した.本委員会では, 1980年に本学会言語障害検査法検討委員会・運動障害性構音障害小委員会によって発表された「運動障害性 (麻痺性) 構音障害dysarthriaの検査法―第1次案」 (以下, 第一次案) を基に「dysarthriaの有無とタイプの鑑別ができ, さらに臨床的に使いやすい短縮版検査を作成すること」を目的に活動を行った.この活動の経過を以下の順にまとめ報告した. (1) 臨床上よくみられるdysarthriaの4つのタイプの患者と健常者に対し第一次案を実施し比較検討した結果, (2) この結果に基づき, 第一次案から検査項目を取捨選択して作成した短縮版 (試案) の内容, (3) 短縮版 (試案) を用いた判別分析の結果, (4) 短縮版 (試案) に検討を加え作成した短縮版の内容.