著者
Mingzhe Jin Masakatsu Murakami
出版者
The Behaviormetric Society of Japan
雑誌
Behaviormetrika (ISSN:03857417)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.63-76, 1993 (Released:2006-05-26)
参考文献数
9
被引用文献数
2 7 9

Identifying the elements that make up an author's characteristic writing style is one of the keys to determining the authorship or authenticity of a literary composition. The present study, which constitutes a preliminary attempt to uncover such a key, focuses on the placement of commas in sentences, a matter that has hitherto been neglected, analysing the characters that commas follow in works by four authors. It is concluded that the placement of commas differs from writer to writer and may therefore be considered one of the features that makes up an individual literary style, thus providing valuable information for verifying authenticity and speculating on questions of authorship.
著者
財津 亘 金 明哲 Wataru Zaitsu Mingzhe Jin ザイツ ワタル キン メイテツ
出版者
同志社大学ハリス理化学研究所
雑誌
同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University (ISSN:21895937)
巻号頁・発行日
vol.59, no.3, pp.181-188, 2018-10-31

本研究は,文章表現において性別を偽装した場合にともなう文体的特徴の変化について実験による検証を行った.実験では,実験参加者48名(男性24名,女性24名,20代から40代で等しく人数を割り当てることで性別年代を統制)が,ブログから抽出した原文を異性の文章に書き換えるといった課題を行った.分析の結果によると,男性実験参加者が女性に偽って文章を書き換えることで,「漢字」や「助詞(連体化)」,一人称代名詞「僕」「俺」の使用率が減少し,「ひらがな」や「動詞(非自立)」,一人称代名詞「私」の使用率が増加した.他方,女性実験参加者が男性を偽る場合は,「漢字」の使用率が増加する,または一人称代名詞「私」の使用率が減少するなど,男性実験参加者とは反対の変化がみられた.この他,「品詞(名詞,感動詞など)」や「カタカナ」,「読点」,「小書き文字」,「終助詞」,「読点前の文字」の使用率における変化はみられなかった.