言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 6 posts, 4 favorites)

柳生を経て笠置へ続く滝坂の道に弥勒如来を刻ませた璋円僧都が、笠置寺を再興した貞慶上人の弟子だったというのは、確かに興味深いです。あと「奈良の石仏」の図版に、当尾にあるミロクの辻弥勒磨崖仏の拓影があったんですが、お顔がちゃんとあって… https://t.co/3emZTZCgRd
春日御流記に、南都焼討後の大仏殿再興にあたり、石材の多くが地獄谷の山中から切り出されたので、興福寺の璋円僧都が、霊地として路傍大小の石に諸仏を刻んで衆人に結縁せしめたとあるそうです(西村貞「奈良の石仏」昭和18… https://t.co/3awJTkm5Eo
西村貞「奈良の石仏」に、若草山の地蔵石仏が元どこにあったか書かれているとのことでしたので、国会図書館デジタルコレクションで探してみました。一説によると、興福寺貫主の大西良慶師が幼時大患を患い地蔵菩薩に救われたので、大金を投じて現在… https://t.co/9kBViNWX8L

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト