191 0 0 0 OA 支那語早わかり

著者
朝日新聞社 編
出版者
朝日新聞社
巻号頁・発行日
1937

言及状況

Twitter (191 users, 209 posts, 156 favorites)

第四声の説明が「アー、びっくりした」の「アー」と説明されているのも興味深いですね(現代の定番は「カラスがカー」の「カー」かな?)。私はこの「アー」は第一声なんだけど……昔の人と感嘆の仕方も違ってるのかしら。 https://t.co/fC89OjWWVY
「第三インターナショナルは世界人類の敵である」は宣撫に使う例文か…「日本軍は正義の使徒だ」から始まってて笑える 近代デジは終了するから国会図書館デジタルコレクションへリンク https://t.co/W51ZbUlgkO https://t.co/E0Vc8VUvJi
他にも母音eの発音とか、有気音と無気音の区別とか、巻舌音とか、ウムラウトとか、現代の中国語教室と全く同じポイントで発音を教えつつ、でも「この本では区別しない」とぶん投げてて、ああ、色々苦労してやんなっちゃったんだろうなあと。 https://t.co/fC89OjWWVY
これは面白いなあ。発音で「ン」の区別(-nと-ng)を説明したあと、でも「煩を避くるため、どちらの『ン』も区別せず」とか、四声を丁寧に説明したあと、でも「甚だしく拘泥するる必要もない。多少四声が違っても通じる」とか、やけっぱちでw https://t.co/fC89OjWWVY
70 70 https://t.co/kFSEe8bvPM
66 66 https://t.co/oqV927RWGK
50 50 https://t.co/G8H07ruTpg
32 32 https://t.co/r6SQVCdtyw
ググると朝日新聞社の「支那語早わかり」が近代デジタルライブラリーで読める( https://t.co/CAWEnWJB3d )のだが、例文で「第三インターナショナルは世界人類の敵である」ってのがあるぞおいwwww https://t.co/Aq5qTMdnjB

収集済み URL リスト

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110274 (188)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110274/76 (2)

http://altmetrics.ceek.jp/article/dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110274 (1)