4 1 0 0 OA 平家物語

著者
山田孝雄 校訂
出版者
岩波書店
巻号頁・発行日
vol.下巻, 1946

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

元暦2年(1185)3月24日、8歳の安徳天皇は、祖母の二位殿(清盛の妻時子)に抱かれ、長門国壇ノ浦に入水。「尼ぜ、我をばいづちへ具してゆかんとするぞ」(巻第11「先帝身投」)。『平家物語』全編を通して、幼い天皇が発する唯一の言葉が、入水間際のこの言葉。#平家物語 https://t.co/PTPgHHrzyU https://t.co/xm1VvYoLHC
レファ協事例より「平敦盛が使っていたと言われる笛は「小枝」というらしいが、読みは何か。」 https://t.co/DMqYwoEiRM 岩波文庫版は「こえだ」 NDLデジコレ:平家物語 下巻(岩波文庫) https://t.co/qPXa71GkLD

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト